ツインゴッデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ツインゴッデス
TWIN GODDESSES
ジャンル 格闘ゲーム
対応機種 プレイステーション
開発元 ポリグラム
発売元 ポリグラム
人数 1人
発売日 1994年12月22日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
テンプレートを表示

ツインゴッデスは、1994年12月22日にポリグラムからプレイステーションで発売された格闘ゲーム[1]

概要・システム[編集]

プレイヤーキャラである姉妹ニーナとシリンが実写取り込みのグラフィックであるのに対し、敵キャラはラスボスのカーミラを除いて全てアニメーションとして描かれている[2][3]。通常技と溜め技を駆使して相手にダメージを与え、相手の「削り」を本作独自のシステムである「マジック・ガード」で耐えるのがこのゲームでの戦い方。また、キャラクターが使う技の一部はコマンド表には掲載されていない。技を当てると種類に応じた賞金が手に入り、こうして入手した賞金を使ってステージの間にあるショップでパワーアップアイテムを買うことができる。

なお、オープニングナレーション、エンディングナレーションは女優の飯島直子が担当している。

ストーリー[編集]

地球より遥か彼方、宇宙の果ての小さな星の小さな王国「ラブラディアン」に、平和を妬む暗黒の魔女「カーミラ」と手下の5匹の妖怪達が現れた。カーミラの強大なエネルギーによって、国王ラブ三世は倒されてしまい、ラブラディアンは闇の世界に変わってしまった。そんな中、全能の神ゼウスは魔女カーミラを滅ぼすために、父を失って嘆き悲しんでいた二人の王女、ニーナとシリンに愛と勇気のパワーを授ける。それがツインゴッデスの誕生である。実写撮り込みのヒロイン、双子の姉妹、ニーナとシリンのどちらでゲームを進めるかを決め、物語は始まる。[4]

キャラクター[編集]

主人公[編集]

ニーナ
演:広田有美、声:永島由子
プレーヤーキャラ。溜め技に特化しており「削り」も強い。
シリン
演:高橋ゆり[5]、声:住友優子
プレイヤーキャラ。コマンド技に特化しているが、実際の対戦では敵キャラの猛攻についていけないことが多いため、ニーナより性能は劣る。

カーミラ一味[編集]

ノーム・ゴーム
声:龍田直樹
土の妖怪。緑の肌をした老人。もっさりしたジャンプからの連続技、および地面を転がりながらの奇襲攻撃を得意とする。
エルフ・ジーニー
声:永島由子
風の妖怪。色黒の美少女。体力は少ない反面、素早いジャンプ攻撃、広範囲の魔法攻撃、イズナ落としを駆使し、高い攻撃力を発揮する。
レッド・ドーン
声:太田真一郎
火の妖怪。かなり体格が大きく、体力とリーチが高い。突進技主体で攻めてくるパワーキャラ。飛び道具も強力。
ファットマン
声:龍田直樹
水の妖怪。肥満体であり、のんびりした性格で大食い。ジャンプ技の奇襲攻撃と、ウォータービームでの削りが主体。
ゴールドラッシュ
声:置鮎龍太郎
妖怪たちのリーダーである、アラブ風の格好をした美男子。
カーミラ
演:吉田幸子[5]、声:緒方恵美
ラスボス。暗黒の彼方からやってきた魔女。5匹の妖怪を操り、ラブラディアンを滅ぼす。[6]飛び道具、ジャンプしての空中突進技などを使用する。倒すと美しい女神として復活する。

その他[編集]

店員
アイテムショップの店員であるゴブリン。

評価[編集]

本作は実写取り込みとアニメーションを併用した作品として、一部のゲーマーたちに強烈な印象を残した[3]。その一方で、1994年のクリスマス商戦の時期に店頭に並んでいたこの作品を実見していたライターは「まるで80年代のガールズブラックメタルバンドのアルバムが紛れ込んでしまったのではないかという異様な雰囲気を漂わせていた」とゲーム関連ムックに書き立てている。ジャケットに登場していた3人の女性[7]に関してはコーディネートされた理由が不明であり、ゲームファンの中には「メーカー社長の愛人ではないか」と勘ぐるものもいた。実写キャラのスリーサイズは取扱説明書に記載されている。『里見の謎』同様にエンディングの末尾には「TO BE CONTINUED...」というメッセージが表示されるが、どちらのゲームも続編はリリースされておらず、こうした一連の流れを「クソゲーの様式美」と評するライターもいる[1]

参考文献[編集]

  • 太田出版『超クソゲーVR』(多根清史、阿部弘樹、箭本進一著)118ページから119ページ

脚注[編集]

  1. ^ a b 株式会社QBQ編 『プレイステーションクソゲー番付』マイウェイ出版発行、2018年。ISBN 9784865118346 p8-9
  2. ^ Tane, Kiyoshi (2019年6月7日). “ブラウン管テレビじゃないと使えないコントローラーはどれ?|初代PlayStationクイズ” (日本語). Engadget JP. 2020年3月26日閲覧。
  3. ^ a b 冬の京都でパンツ一丁になり、300MBのブリーフ男の写真を切り抜く──実写格闘ゲーム『ブリーフカラテ』開発秘話”. 電ファミニコゲーマー (2018年8月2日). 2018年8月17日閲覧。
  4. ^ 週刊ファミコン通信増刊プレイステーション通信. 株式会社アスキー. (1994年12月9日 1994). pp. 96,97, 
  5. ^ a b エンディングのスタッフロールより。
  6. ^ 週刊ファミコン通信. 株式会社アスキー. (1994年12月16日 1994) [要ページ番号]
  7. ^ 素性が辛うじて判明しているのはニーナ役の広田有美のみで、残りの二人は全く不明。