ツォーマス・プランマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ツォーマス・プランマン
Tuomas Planman
生誕 (1980-03-17) 1980年3月17日(37歳)
出身地  フィンランド 南スオミ州
ウーシマー県 エスポー
ジャンル メロディックデスメタル
職業 キーボーディスト
シンセシスト
プログラマ
作曲家
作詞家
ギタリスト
ボーカリスト
実業家
担当楽器 キーボード
シンセサイザー
ミュージックシーケンサー
ギター
活動期間 2000年 -
共同作業者 ノーサー
Gramary

ツォーマス・プランマン (Tuomas Planman1980年3月17日 - )は、フィンランドヘヴィメタルミュージシャン実業家ノーサーキーボーディストシンセシスト。またフィンランドの企業、Mendorの共同設立者の一人で元CTO

略歴・人物[編集]

7歳の時にピアノを始める。3年生から9年生(小学校3年生から中学校3年生に相当)の間は音楽学校にも通っていた。この頃に、ロックブルースに触れる[1]。更に15歳の時にはギターの演奏も始めた。

2000年メロディックデスメタルバンドノーサーキーボーディストシンセシストとして加入。4thアルバム『Till Death Unites Us』からは、プログラミングも担当するようになった。また、2ndアルバム『Mirror of Madness』、3rdアルバム『Death Unlimited』では、ペトリ・リンドロスクリスティアン・ランタと共に作曲を行うことが多かった。同じくこの頃は作詞にも参加していた。その後4thアルバム以降は、作曲・作詞に参加することは少なくなった。

ノーサー以外のバンドで活動することはほとんどないが、ヘルシンキ出身のメロディックブラックメタルバンド、グラマリー(Gramary)にギタリストボーカリストとして参加していた時期がある。彼は3人兄弟だが、Gramaryには彼の兄弟全員が所属していたことがある。

また、ツォーマスはノーサーのメンバーであるクリスティアンと、実弟のユッカ・プランマンと共にメンドールという糖尿病技術会社を共同で設立し、CTOに就いていたが[2]2012年6月時点で退任している[3]。なお、メンドールは2017年1月に2,390万ユーロもの負債を抱えてエスポー地裁に破産を申請、倒産している[4]

ディスコグラフィー[編集]

ノーサー[編集]

  • 2002年 Released (Single)
  • 2002年 Dreams of Endless War
  • 2003年 Unleash Hell (Single)
  • 2003年 Mirror of Madness
  • 2004年 Spreading Death (Single)
  • 2004年 Death Unlimited
  • 2004年 Spreading Death (DVD Single)
  • 2005年 Solution 7 (EP)
  • 2006年 Scream (Single)
  • 2006年 Till Death Unites Us
  • 2007年 No Way Back (EP)
  • 2008年 N
  • 2010年 Break Myself Away (Digital Single)
  • 2011年 Circle Regenerated


脚注[編集]

  1. ^ THE OFFICIAL NORTHER HOMEDEATH”. Norther. 2011年11月10日閲覧。
  2. ^ Company”. 2012年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月25日閲覧。
  3. ^ Mendor as a Diabetes Technology Company”. 2012年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月25日閲覧。
  4. ^ Ari Rajala (2017年1月11日). “Siilasmaan rahoittama terveys-startup ajautui konkurssiin” (フィンランド語). Kauppalehti. 2017年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月25日閲覧。