ツキノイチバン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ツキノイチバン
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1989年3月8日
死没 1994年10月27日(旧6歳没)
ミルジョージ
エンゼルスキー
母の父 マルゼンスキー
生国 日本の旗 日本北海道門別町)
生産 中館牧場
馬主 月村泰男
調教師 福永二三雄(大井)
競走成績
生涯成績 12戦11勝[1]
獲得賞金 9830万円
勝ち鞍

金盃(1994年)

アフター5スター賞(1994年)
テンプレートを表示

ツキノイチバンとは、サラブレッドの日本の競走馬である。追い出すことすらままならない脚部不安と戦いながら重賞2勝を含む無敗の11連勝を挙げるも、1994年グランドチャンピオン2000の競走中に故障を発生。そのまま安楽死の処分が取られた。馬名の「ツキノ」は馬主の冠名。

※以下、馬齢はすべて2000年以前に使用された旧表記(数え年)にて記述する。

戦績[編集]

デビュー前[編集]

1989年3月9日門別の中館牧場で生を受ける。父はロジータを始め地方競馬で多くの活躍馬を輩出したミルジョージ。母のエンゼルスキーが上山ダービーであるこまくさ賞を勝ったほかは近親に目立った活躍馬はいないが、母父マルゼンスキーは本馬と同じく脚部不安に悩まされながらも大差勝ちを続けて「超特急」「スーパーカー」と称された。当歳時に福永洋一の実兄で、調教師としてイナリワンなどを管理した福永二三雄によりその素質を見出される。ところが育成中に左前脚関節から骨液が抜けてしまう故障に見舞われ、以後ツキノイチバンの競走馬生活はこの故障との戦いとなった。

4~5歳[編集]

4歳7月の条件戦でデビューし、まったく追わないまま2着を9馬身千切る楽勝で飾る。この年は4戦して4戦とも快勝したが、11月に走ったのちは脚部不安から休養に入った。5歳の7月に競走へ復帰すると、その緒戦は2.2秒差の大差勝ち。B級に昇格したロマンチックナイト賞でも、直線だけで後続を2.3秒突き放す走りを見せている。いったん休んで年末開催のクリスマス特別で再度登場すると、カラ馬に絡まれる不利をものともせずに差し切り連勝を続けた。

6歳[編集]

ここまで9戦は自厩舎の新人だった小安和也騎手が騎乗していたが、年が明けて準重賞のベイサイドカップより佐々木竹見騎手へと乗り変わった。そこも6馬身差で快勝し、次走は金盃へと歩を進める。ツキノイチバンはこの競走の前に初めて一杯の追い切りを行ったが、8ハロンを75秒で駆けるという時計を叩き出した。レースの方でも、幻の南関東三冠馬であるブルーファミリーを追わないまま差し切り、待望の重賞初勝利を挙げた。ところが、またしても脚部不安により春の重賞戦線に姿を現すことはできず、8月アフター5スター賞でようやく出走した。ここでも古豪ハシルショウグンらを相手に、軽く追っただけで楽勝した。

その後は東京大賞典を目標に据え、前哨戦としてグランドチャンピオン2000へ出走した。中団から順調に競馬を進め、3コーナーではすでに3番手に付けていたが、4コーナー出口で故障を発生。そのまま外に出して競走を中止すると、予後不良の診断がくだされ安楽死の処分となった。

血統表[編集]

ツキノイチバン血統((ミルリーフ系) / Ribot:4×4=12.50% (血統表の出典)

ミルジョージ
Mill George
1975 鹿毛
父の父
Mill Reef
1968 鹿毛
Never Bend 1960 Nasrullah 1940
Lalun 1952
Milan Mill 1962 Princequillo 1940
Virginia Water 1953
父の母
Miss Charisma
1967 鹿毛
Ragusa 1960 Ribot 1952
Fantan 1952
マタテイナ
Matatina 1960
Grey Sovereign 1948
Zanzara 1951

エンゼルスキー
1983 鹿毛
マルゼンスキー
1974  鹿毛
Nijinsky 1967 Northern Dancer 1961
Flaming Page 1959
シル
Shill 1970
Buckpasser 1963
Quill 1956
母の母
ミスカイリユウ
1968 鹿毛
マロツト
Marot 1959
Ribot 1952
Macchietta 1946
リユウノボル 1961 ソロナウエー Solonaway 1946
ミスツルミ 1956
  • 半妹エンゼルプリンセス(父ロイヤルスキー)は上山競馬の重賞・いで湯賞の勝ち馬。その仔ブルーホークはサンタアニタトロフィーの勝ち馬だが、疝痛により急逝している。

脚注[編集]

  1. ^ 内競走中止1戦

参考文献[編集]