ツシマスベトカゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ツシマスベトカゲ
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : トカゲ亜目 Lacertilia
下目 : トカゲ下目 Scincomorpha
: トカゲ科 Scincidae
: スベトカゲ属Scincella
: ツシマスベトカゲ S.vandenburghi
学名
Scincella vandenburghi

(Schmidt1927)

英名
Tsushima smooth skink

ツシマスベトカゲ(対馬滑蜥蜴、対馬滑石竜子、学名Scincella vandenburghi)は、トカゲ科スベトカゲ属に分類されるトカゲ

分布[編集]

分布域

対馬[1][2]

かつては対馬の固有種とされていたが、現在では朝鮮半島にも分布していることが分かっている[1][2]

形態[編集]

全長80-100mm[1][2]、頭胴長は40~50mm[1][2]

その名の通りウロコは滑らかで、鈍い金属光沢をもつ[1][2]

四肢は短く[1][2]、尾は全長の半分よりもやや長くなる[1][2]。比較的胴や尾は細長い[1][2]

頭部は小さく[1]、吻部は先端が細い。左右の前額板は、中央で接する[1]

体色は暗褐色、斑紋が散らばり、側面には黒褐色の条線が入る[1][2]。また、鼻孔から尾の先端部まで不鮮明な線が波状に入る[2]

同属のサキシマスベトカゲとは

  • 第4指の指下板の数が異なる(本種は11-13枚に対してサキシマスベトカゲは14-16枚)[1][2]
  • 指が短い

ことで識別。

生態[編集]

対馬の平地から山地へ広く生息し、倒木や石の下、石垣の近くなどで見られる[1][2]。民家の庭先で日光浴する姿を見かけることもある。動きは俊敏[1][2]

食性は動物食で、昆虫クモなどの大型土壌生物を食べる[1]

卵生で、5-6月頃に[1]雌が穴を掘って1-9個の卵を産むが[1][2]、親がそれを保護するような習性は見られない。[1]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 平凡社 決定版 日本の両生爬虫類241頁
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 北隆館 原色爬虫類・両生類検索図鑑 102頁

関連項目[編集]