ツスマルシャウゼンの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ツスマルシャウゼンの戦い
戦争三十年戦争
年月日1648年5月17日
場所バイエルン選帝侯領ツスマルシャウゼン英語版
結果:フランス・スウェーデン連合軍の勝利
交戦勢力
スウェーデン スウェーデン・バルト帝国
フランス王国の旗 フランス王国
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
バイエルン選帝侯領 バイエルン選帝侯領
指導者・指揮官
スウェーデン カール・グスタフ・ウランゲル英語版
フランス王国の旗 テュレンヌ子爵
神聖ローマ帝国の旗 ライモンド・モンテクッコリ
神聖ローマ帝国の旗 ヨスト・マクシミリアン・フォン・ブロンクホルスト=グロンスフェルトドイツ語版
神聖ローマ帝国の旗 ペーター・メランダー・フォン・ホルツァッペル英語版 
戦力
スウェーデン歩兵11,000
スウェーデン騎兵7,000
フランス軍8,000[1]
歩兵4,000
騎兵6,000[1]
損害
2,000[1]
三十年戦争

ツスマルシャウゼンの戦い(ツスマルシャウゼンのたたかい、英語: Battle of Zusmarshausen)は三十年戦争中の1648年5月17日神聖ローマ帝国スウェーデンフランスの間の戦闘。バイエルン選帝侯領ツスマルシャウゼン英語版で戦われたこの戦闘において、スウェーデンとフランスの連合軍は勝利し、帝国軍は間一髪で全滅を免れた。

テュレンヌ子爵率いるフランス軍は大砲数門を鹵獲した後、スウェーデン軍と合流した。連合軍の人数は2万6千に上り、一方帝国軍は1万人しかいなかった[1]

この戦闘は三十年戦争の終盤の戦闘であり、ハプスブルク君主国神聖ローマ帝国の衰退、およびフランスの大国化を象徴した。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Ericson Wolke, Lars m.fl.: Trettioåriga kriget - Europa i brand 1618-1648, sid. 174-175, Historiska Media, Lund 2006, ISBN 91-85377-37-6.

座標: 北緯48度24分01秒 東経10度35分48秒 / 北緯48.4002度 東経10.5967度 / 48.4002; 10.5967