ツナガルオモイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ツナガルオモイ
藍井エイルシングル
初出アルバム『D'AZUR
B面 Raspberry Moon
Gladius
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POPロック
時間
レーベル SME Records
作詞・作曲 藍井エイル
チャート最高順位
藍井エイル シングル 年表
IGNITE
(2014年)
ツナガルオモイ
(2014年]
GENESIS
(2015年)
ミュージックビデオ
『ツナガルオモイ」MV(Short ver.)』 - YouTube
D'AZUR 収録曲
GENESIS
(11)
ツナガルオモイ
(12)
青の世界
(13)
テンプレートを表示

ツナガルオモイ」は、藍井エイルの8枚目のシングル。2014年11月12日SME Recordsから発売された[5]

概要[編集]

前作「IGNITE」から約3ヶ月ぶりのリリースとなる2014年3枚目のシングル。販売形態は初回生産限定盤(SECL-1619)と通常盤(SECL-1621)の2種類で、初回生産限定盤にはブックレットのほかに、「ツナガルオモイ」のPVとそのメイキング映像、さらに2014年ロサンゼルスにて撮影されたオフショット映像を収録したDVDが付属する[5][6]

「ツナガルオモイ」はTBS系列の情報バラエティ番組ランク王国』の2014年10月・11月度のオープニングテーマに起用されたロックチューンで、シングル表題曲としては初めて藍井自身が作詞・作曲を手掛けている[6][7]。楽曲そのものは発売が決定する以前から考えられており、タイトルの通り「人と人とがつながる喜び」を歌った楽曲となっている[7]

また、カップリング曲の「Raspberry Moon」は「ジャジーな感じのロックでかつメロディは懐かしい歌謡曲テイストの曲」という藍井の考えを基にして黒須克彦が制作したジャズ・ロック。 「Gladius」は「その人にしかない特技や魅力という武器をもってして目標や夢に向かって突き進む」という思いが込められたヘヴィメタルとなっている[7]

シングル収録内容[編集]

CDシングル[8]
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「ツナガルオモイ」 Eir Eir Shun Mizuki、石塚英一朗
2. 「Raspberry Moon」 黒須克彦 黒須克彦 黒須克彦
3. 「Gladius」 Eir Tomo Atsushi
4. 「ツナガルオモイ(Instrumental)」      
合計時間:
DVD(初回生産限定盤のみ)[1]
# タイトル 作詞 作曲・編曲
1. 「ツナガルオモイ」(Music Video)    
2. 「Making of 「ツナガルオモイ」」    
3. 「Eir in LA the Movie」    

出典[編集]

  1. ^ a b 【CDシングル】ツナガルオモイ<初回生産限定盤>”. タワーレコード. 2015年11月7日閲覧。
  2. ^ ツナガルオモイ”. ORICON STYLE. オリコン. 2015年11月7日閲覧。
  3. ^ Billboard JAPAN HOT 100 2014/11/24 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2015年11月7日閲覧。
  4. ^ Billboard JAPAN Hot Singles Sales 2014/11/24 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2015年11月7日閲覧。
  5. ^ a b “藍井エイル、新曲「ツナガルオモイ」11月発表”. 音楽ナタリー. (2014年9月29日). http://natalie.mu/music/news/127235 2015年11月7日閲覧。 
  6. ^ a b “藍井エイル-"ツナガルオモイ"-”. 藍井エイル(Aoi Eir) Official Website. http://www.aoieir.com/special/tsunagaruomoi_release/ 2015年11月7日閲覧。 
  7. ^ a b c 藍井エイル「ツナガルオモイ」インタビュー”. 音楽ナタリー (2014年11月12日). 2015年11月7日閲覧。
  8. ^ 【CDシングル】ツナガルオモイ<通常盤>”. タワーレコード. 2015年11月7日閲覧。