ツバキアンナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ツバキアンナ
生誕 (1970-02-27) 1970年2月27日(49歳)[1]
日本の旗 日本 静岡県[2]
別名 椿アンナ
職業 漫画家浮世絵師

ツバキ アンナ1970年2月27日 - )は、日本漫画家浮世絵師である。東京都を拠点に活動している[3]

経歴[編集]

1984年に雑誌『別冊マーガレット』で少女漫画家としてデビュー。1993年、早稲田大学法学部卒業後はOLとして働きながら、漫画家を続ける。1998年、フジテレビの音楽番組『FACTORY』をきっかけに一枚画の仕事に専念。その後、浮世絵師に転身[4]劇団☆新感線のポスターやオニツカタイガーの広告などを手がけた[4]。2009年、ナンバーガールのライヴDVD『Live at Factory』のジャケットのイラストを手がける[5]。2014年、ホノルル美術館開催の『Modern Love: 20th-Century Japanese Erotic Art』展に作品が出品される[6]。同年、樽酒専門店しずく屋の「デザイナーズ樽酒」第1弾のイラストを描き下ろした[7]

著書[編集]

  • 歌は世につれキミにつれ(1996年、集英社
  • サイケな夏を横浜で(1997年、集英社)
  • ウワサになりたい!(1998年、集英社)
  • とかく浮世はラブ&ロック(1998年、集英社)
  • ツバキアンナ絵巻 江戸当世若衆百景(2001年、アスペクト
  • Tsubaki Anna FACTORY(2007年、扶桑社
  • ツバキアンナ絵巻 江戸当世若衆百景 R(2008年、アスペクト)

脚注[編集]

  1. ^ Tsubaki ANNA FACTORY”. 扶桑社. 2014年11月3日閲覧。
  2. ^ 浮世絵樽「咲くやこの花、咲けやこの酒」”. 鏡開き館. 2014年11月3日閲覧。
  3. ^ Japan Rocks by Anna Tsubaki” (英語). Juxtapoz (2013年8月26日). 2014年11月3日閲覧。
  4. ^ a b 現代が生んだ女浮世絵師 - ツバキアンナ”. J-WAVE (2013年12月11日). 2014年11月3日閲覧。
  5. ^ NUMBER GIRLの「FACTORY」出演映像まとめてDVD化”. ナタリー (2009年1月8日). 2014年11月3日閲覧。
  6. ^ ‘Modern Love’ preview: Interview with artist Tsubaki Anna” (英語). Honolulu Museum of Art (2014年10月20日). 2014年11月3日閲覧。
  7. ^ オシャレな「デザイナーズ樽酒」でお祝い--人気現代浮世絵師ツバキアンナさんがデザイン”. えん食べ (2014年10月28日). 2014年11月3日閲覧。

参考文献[編集]

About Tsubaki ANNA”. ツバキアンナ公式サイト. 2019年7月4日閲覧。