ツマンスキー R-13

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

R-13ソビエト連邦(現ロシア連邦)のツマンスキー設計局が開発したターボジェットエンジンである。

概要[編集]

R-13は成功したツマンスキー R-11を基に開発された2軸ターボジェットで、新しい5段高圧圧縮機、高高度でのエンジン再始動を想定した燃焼室、新型アフターバーナーチタン製部品の採用といった改良が施されている。

MiG-21M/MF/SM/SMT/UMに搭載されるほかSu-15Mにも搭載される。

中国ではR-11同様WP-13/渦噴-13としてライセンス生産する予定であったが中ソ対立により、ロシア人技術者がソ連に引き揚げてしまい、残された部品や図面のみで独自に生産することになった。その後、ゼネラルデザイナーである江和甫の元で無事生産にこぎつけている。

仕様 (R-13-300)[編集]

一般的特性

  • 形式: アフターバーナー付きターボジェット
  • 全長: 4,605 mm (181.3 in)
  • 直径: 1,095 mm (43.1 in)
  • 乾燥重量: 1,205 kg (2,656 lb)

構成要素

  • 圧縮機: 2軸軸流圧縮機

性能

  • 推力:
    • 39.9 kN (8,970 lbf) ミリタリー推力
    • 63.7 kN (14,320 lbf) アフターバーナー
  • 全圧縮比英語版: 8.9:1
  • タービン入口温度: 1,005 °C (1,840 °F)
  • 燃料消費率:
    • 95 kg/(h·kN) (0.93 lb/(h·lbf)) アイドル時
    • 213 kg/(h·kN) (2.09 lb/(h·lbf)) アフターバーナー
  • 推力重量比: 52.8 N/kg (5.4:1)


関連[編集]

参考文献[編集]

  • Gunston, Bill. World Encyclopaedia of Aero Engines. Cambridge, England. Patrick Stephens Limited, 1989. ISBN 1-85260-163-9