ツングース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

ツングースまたはトゥングースロシア語ТунгусTungus英語:Tungusic peoples、中国語:通古斯;Tōnggŭsī)は、満州からロシア領のシベリア極東にかけての北東アジア地域に住み、ツングース諸語に属する言語を母語とする諸民族のこと。

目次

名称

「トゥングース(Tungus)」という名称はエヴェンキ人,エヴェン人の旧称であり、もともとはヤクート人がエヴェンキ人を「トングース(Toŋus)」と呼んでいたことに由来する。現在はエヴェンキ人,エヴェン人と、彼らの自称をもって民族名としているため、「ツングース」という用語は彼らの話す言語系統名であるツングース諸語、そしてそれを話す諸民族の総称として用いられる。[1]

ヤクート語の「トングース(Toŋus)」の起源・語意について、今までいくつかの説が立てられたが、未だ定説はない。以下には有名な説を挙げる。

東胡説
中国の史書が伝える東北アジアの民族「東胡(Dōnghú)」と、ヤクート語の「トングース(Toŋus)」が発音上似ていることから、ヨーロッパの学者を中心に支持された説。現在では支持されていない。
豚の飼養者説
J.クラプロートが提唱。ヤクート語の「トングース(Toŋus)」はテュルク語で「豚」を意味する言葉の借用語で、豚を飼育することに長けていた勿吉靺鞨を指していたとする説。

ツングースの起源

未だ定説は確立していないが、大きく分けて3つの仮説がある。

南方由来説
19世紀に提示されて以来、ツングース語のモンゴル語やテュルク語との近縁性から、多くの学者がシベリアの遊牧ツングースを黒竜江沿いに北上してきた人々とした。1920年代にロシア人学者[2]が、現地調査などから松花江・烏蘇里江流域一帯をツングース人が形成された土地とし、形成以前の起源を更に河北東北部へ求める説を発表。言語学や人類学の観点から数多くの学者に支持されるが、華北東北部を起源とする点に関しては考古学的な裏付けが乏しく仮説の域を出ないとされている。
西方由来説
セレンゲ河やバイカル湖畔の周辺から来たとする仮説を2人のソ連人学者が唱えたが、事実に合わない点が多く完全に否定された。
太古土着説
960年代にソ連人学者[3]から出された仮説、文化の独自性から数千年に渡り外部から隔絶していたとする。古い年代の考古物の中に南方地域と類似する物が見られる点と、急激な寒冷化が起きた時期に人口増加によると思われる出土物の増加が確認される点から、主流とはなっていない。

習俗

狩猟

狩猟は家畜の飼養,農業,馴鹿の飼養に適した地方をの除くすべての地方において、ツングースの主要な生業である。獲物は主に食用として、毛皮の供給源として利用する。主な動物は栗鼠,狐,熊,山猫,黒貂,野猪,鹿である。

馴鹿の飼養

ツングースの家畜は主に馴鹿である。馴鹿は彼らの言葉でオロン(oron),オロ(oro),オヨン(ojon),オロン・ブク(oron buku),ホラ(hora),ホラナ(horana),オレーニ(olen')などと呼ばれるが、彼らが何時頃から飼い始めたのかはわからない。

宗教

この節は執筆の途中です この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています

歴史上のツングース

歴史上に登場する民族・国家でツングース民族と推定されているのは、以下の民族・国家である[4][5][6]

濊系

ツングース系諸民族の分類

言語的分類

ツングース諸語はその方言によって北と南のサブグループに大別されるため、各民族も南北に大別される。南方グループには満州族シボ族ウィルタナナイなどが属し、北方グループにはエヴェンキ,エヴェン,ネギダールなどが属す。

  • 北方ツングース(Northern Tungus)
  • 南方ツングース(Southern Tungus)

習俗的分類

外バイカルの北方ツングースはその習俗によって2つのグループに分けられる。

  • 馴鹿ツングース(Reindeer Tungus)…バルグジン・タイガおよびネルチンスク・タイガの地方に住み、その一部はブリヤート人やロシア人の間に混ざって移行地帯に定住している。
  • 遊牧ツングース(Nomad Tungus)…ブリヤート人やロシア人と雑居して移行地帯および草原地帯に住んでいる。
  • 農耕ツングース…農業で生活し、定住化しているツングース。ロシア人化が進んでいる。
  • モンゴル人化したツングース(Mongolized Tungus)…言語的にモンゴル系言語を使用するようになったツングース。

地域的分類

  • バルグジン・ツングース
  • 上アンガラ川地方のツングース
  • バイカル湖付近に居住するツングース
  • ネルチンスク・ツングース
  • 外バイカルの遊牧ツングース…ツングース語を使用しつつけるグループ(エヴェンキ)と、ツングース語を使わなくなりブリヤートの借用語を使用しているグループ(ハムナガン)の2グループに分かれる。
  • 満州の北方ツングース
  • 満州の馴鹿ツングース
  • メルゲン(黒爾根)ツングース
  • 興安ツングース
  • クマルチェン・ツングース
  • ビラルチェン・ツングース

現在のツングース

現在民族集団を形成しているツングース系民族は以下が知られている。

これらの民族は満州族を除いて人口が少なく、中国化・ロシア化が進んでおり、固有の言語文化が危機にさらされている。の支配民族であった満州族は、17世紀以来漢民族との同化が進み、ツングース系の満州語を話す者はほとんどいない。(※「族」とつくのは 中国の少数民族分類による民族名。)

脚注

  1. ^ シロコゴロフ『北方ツングースの社會構成』
  2. ^ С.М.Широкогорова,Sergei Mikhailovich Shirokogorov
  3. ^ А.П. Οкладников, Алексей Павлович
  4. ^
    • 濱田耕策「夫余、高句麗、沃沮を構成したツングース系の諸族(Yahoo!百科事典)」「高句麗族はツングース系の扶余族の別種(木村誠 趙景達 吉田光男 馬淵貞利編『朝鮮人物事典』)」
    • 諏訪春雄「朝鮮で高句麗や百済を建国した夫余族はツングース系の遊牧民族(学習院大学教授 諏訪春雄通信)」
    • Searchina三国史記によれば、高句麗の始祖は朱蒙。ツングース系の一部族である扶余族(2008年2月24日serchina)」
    • 黄文雄遼東や北満の地は、かつて高句麗人、渤海人などの(中略)ツングース系諸民族が活躍した地である(黄文雄『韓国は日本人がつくった』)」「高句麗の主要民族は満州族の一種(中略)高句麗人と共に渤海建国の民族である靺鞨はツングース系で、現在の中国の少数民族の一つ、満州族の祖先である(黄文雄『満州国は日本の植民地ではなかった』)」
    • 鳥越憲三郎「高句麗は紀元前1世紀末、ツングース系の族によって建国(鳥越憲三郎『古代朝鮮と倭族』)」
    • 山川出版社『世界史用語集』「【高句麗】中国東北地方東部のツングース系貊族の夫余族の国」
      (夫余とは、
      • 村山正雄「古代中国の東北地方に割拠していたツングース系と思われる民族(Yahoo!百科事典)」
      • 佐々木史郎「夫余と靺鞨はツングース系の民族ではないかと考えられている(Yahoo!百科事典)」
      • 山川出版社『世界史用語集』「【夫余】同じツングース系の勿吉に滅ぶ。百済の王は夫余族と言う」
    • 護雅夫「高句麗は東北アジア、満州にいたツングース系民族であり、4世紀から6世紀の初めにかけての最盛期には朝鮮半島の大半と南満州とを勢力圏に収めた(Yahoo!百科事典)」
    • 井上満郎「【高句麗】貊民族の一部によって築かれた国家(京大日本史辞典編纂会編『日本史事典』)」
    • 宮脇淳子「高句麗人は、南満州で半農半牧の生活をしていた貊人の一種である(宮脇淳子『世界史のなかの満洲帝国』)」
      (貊とは、山川出版社『世界史用語集』「【貊族】紀元前7世紀~紀元前6世紀以降河北省長城地帯から中国東北地方にいたツングース系民族で、漢族・モンゴルに系に圧迫されて東方に移り、のちの夫余・高句麗を建国」)
    • 菊池俊彦「【靺鞨】6世紀後半から中国東北の松花江流域を中心に、北は黒竜江中・下流域、東はウスリー川流域、南は朝鮮半島北部に勢力を振るったツングース系諸族の一派(Yahoo!百科事典)」
    • 和田萃「【渤海】7世紀末から10世紀前半にかけて、中国東北地方にあったツングース系民族の国家。高句麗の同族である靺鞨から出た大祚栄により建国された(京大日本史辞典編纂会編『日本史事典』)」
    • 森安孝夫「【渤海】現在の中国東北地方、ロシア連邦の沿海州、北朝鮮の北部にまたがる広い範囲を領有して栄えた満州ツングース系の民族国家(Yahoo!百科事典)」
    • 藤本和貴夫「7~10世紀には極東地方から満州、朝鮮北部にツングース系の渤海国が建てられた(Yahoo!百科事典)」
    • 室谷克実「(中国の史書には)高句麗などのツングース系民族と韓族との間には、比較の記述がない。(民族が)違うことが大前提であり、わざわざ違うとは書いていない(室谷克実『日韓がタブーにする半島の歴史』)」
    • 広辞苑「【高句麗】紀元前後、ツングース族の扶余の朱蒙の建国という」「【靺鞨】ツングース族の一。粟末靺鞨の首長大祚栄は渤海国を起し、また黒水靺鞨は後に女真と称した」
    • 大辞泉「【高句麗】紀元前後にツングース系の扶余族の朱蒙が建国」「【渤海】698年、ツングース系靺鞨族の首長大祚栄が建国」「【靺鞨】中国、隋・唐の時代に、中国東北部から朝鮮半島北部に住んでいたツングース系諸族の中国側からの呼び名。七部に分かれ、その一部である粟末部は、渤海国を建国。黒水部はその支配下に入らず、のちに女真と称された」、
    • 大辞林「【靺鞨】中国、隋唐時代に東北地方から朝鮮半島北部に居住したツングース系諸族の総称。勿吉崩壊後、有力な七部に分立、粟末部を中心に渤海を建てたが、黒水部は対立してのちに女真族となった」
  5. ^ 『旧唐書』高麗伝 :「高麗者、出自扶餘之別種也」、『新唐書』高麗伝 :「高麗、本夫餘別種也」
  6. ^ 『魏書』百済伝「臣と高句麗は源は夫余より出る」(臣與高句麗源出夫餘)

参考文献

  • 高凱軍『通古斯族系的興起』(中華書局 2006年
  • S.M.シロコゴロフ(訳:川久保悌郎、田中克己)『北方ツングースの社會構成』(岩波書店、1941年)

関連項目

今日は何の日(10月23日

もっと見る

「ツングース」のQ&A