ツンドラ軌道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ツンドラ軌道(Tundra Orbit)は、対地同期軌道の一つ。

長楕円軌道に分類され、軌道傾斜角は63.4度[1]。周回周期は恒星時に相当する23時間56分である[2]近地点は24,000km、遠地点は47,000km[3]。ヨーロッパにおける24時間運用を考慮した場合、モルニヤ軌道が4基を必要とするのに対し、3基でまかなえると計算された[3]

ツンドラ軌道と同種の軌道としては、12時間周期のモルニヤ軌道、16時間周期のTAP(Three APogee:三遠地点)軌道、24時間周期の修正ツンドラ軌道が知られている[4]

シリウスXMラジオが運用するシリウス通信衛星がツンドラ軌道に投入され、1基あたり16時間の運用で3基による運用体制を構築している[2]

出典[編集]

  1. ^ 岡本謙一. “通信衛星と放送衛星 Nuvola-inspired File Icons for MediaWiki-fileicon-doc.png (DOC)”. 2015年10月5日閲覧。
  2. ^ a b Ben Evans. “Sirius Rising: Proton-M Ready to Launch Digital Radio Satellite Into Orbit”. 2015年10月5日閲覧。
  3. ^ a b Jozef C. van der Ha, ed (2012-12-06). Mission Design & Implementation of Satellite Constellations. Springer Science & Business Media. p. 225. ISBN 9789401150880. 
  4. ^ 例:Polar Communications and Weather Mission - GOES-R (PDF)”. GOES-R. 2015年10月5日閲覧。