ツーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ツーソン
City of Tucson
TucsonDerivative.png
ツーソンの市旗
市旗
愛称 : The Old Pueblo
位置
ピマ郡におけるツーソンの位置の位置図
ピマ郡におけるツーソンの位置
座標 : 北緯32度12分52秒 西経110度55分5秒 / 北緯32.21444度 西経110.91806度 / 32.21444; -110.91806
歴史
建設 1775年8月18日
行政
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
  アリゾナ州
  ピマ郡
 市 ツーソン
市長 ジョナサン・ロスチャイルド
民主党
地理
面積  
  市域 611.8 km2 (236.2 mi2)
    陸上   611 km2 (235.9 mi2)
    水面   0.8 km2 (0.3 mi2)
標高 728 m (2,389 ft)
人口
人口 (2015年推計[1]現在)
  市域 531,641人
    人口密度   869.0人/km2(2,250.8人/mi2
  市街地 843,168人
  都市圏 1,010,025人
その他
等時帯 山岳部標準時 (UTC-7)
夏時間 山岳部夏時間 (UTC-6)
市外局番 520
公式ウェブサイト : www.tucsonaz.gov/

ツーソン英語: Tucson [ˈtuːsɑn, tuːˈsɑn]スペイン語: Tucson, Tucsón [ˈtukson, tukˈson]パパゴ語:Cuk Ṣon)は、アメリカ合衆国アリゾナ州南東部に位置する内陸の都市。トゥーソンとも呼ぶ。人口は53万1641人(2015年推計)で、増加傾向にある。

周囲を山に囲まれ、を産出する鉱業都市としても知られる。フェニックスと共にエレクトロニクス産業の中心地として発展しており、メキシコからの移民流入が続いている。また、周囲を山に囲まれ、観光・保養都市としても注目を浴びているほか、アリゾナ大学の所在地であることから、学術都市としても知られている。

歴史[編集]

フーバーダムの水により初めて人の住むことが可能になったフェニックスより、ツーソンの歴史は遥かに古い。

1539年から1542年にかけて、ヌエバ・エスパーニャから来たスペイン人がこの地を探検した。1692年にはキノ神父が訪れ、1700年聖ザビエル伝道教会を設立した。スペインは1775年8月18日要塞を建設し、ツーソンと名づけた。

合衆国は1848年米墨戦争でアリゾナの大部分を占領し、1853年12月30日の「ガズデン購入」でヒラ川(Gila)流域を領有した。1867年から1877年まではアリゾナ準州の州都であった。

1880年サザン・パシフィック鉄道の線路がツーソンに到達した。

地理[編集]

ツーソンは北緯32度12分52秒、西経110度55分5秒 (32.214476, -110.918192)[2]に位置している。

アメリカ合衆国統計局によると、この都市は総面積505.3 km2 (195.1 mi2) である。このうち504.2 km2 (194.7 mi2) が陸地で1.1 km2 (0.4 mi2) が水面である。総面積の0.22%が水面となっている。

観光[編集]

ツーソン遠景
ダウンタウン
デビスモンサン空軍基地

アメリカ大陸横断特急(アムトラック)・サンセット・リミテッド号のルートであるが、州間高速道路10号線を東に行ってもエルパソまで町らしい町は無い。だが、州間高速道路19号線 (Inter State ではなく Inter National Highway であり案内表示にメートル法が使われている)を南下すると、1時間弱でメキシコの町 Nogales に至る。 途中、西暦1700年の設立と伝えられる聖ザビエル伝道教会(宗派はカトリック、門徒は Native Americans)の傍を通る。 なお、「砂漠の白い鳩 The White Dove of the Desert」の別名を持つ1797年に完成した現在の 聖ザビエル伝道教会 の 3Km ほど北側にある設立時の教会は、世界遺産であるフィラデルフィア独立記念館より古い建物である。

市街地の南にツーソン国際空港Tucson International Airport)があるが、すぐそばの「デビスモンサン空軍基地Davis-Monthan Air Force Base)」は飛行機の墓場として知られる。

毎年1月から2月にかけて、世界最大規模の宝石鉱物見本市(通称ツーソンショー)が開かれる。期間中は街じゅう至るところが展示即売会場となり、世界中から宝石のバイヤーや鉱物、化石などの研究者やファンが多数訪れる。

近郊のトゥームストーンにはOK牧場の決闘で知られるOK牧場がある。

住民及び文化[編集]

人口動勢[編集]

2000年現在の国勢調査[3]で、この都市は人口486,699人、192,891世帯、及び112,455家族が暮らしている。人口密度は965.3/km2 (2,500.1/mi2) である。415.7/km2 (1,076.7/mi2) の平均的な密度に209,609軒の住宅が建っている。この都市の人種的な構成は白人70.15%、アフリカン・アメリカン4.33%、先住民2.27%、アジア2.46%、太平洋諸島系0.16%、その他の人種16.85%、及び混血3.79%である。ここの人口の35.72%はヒスパニックまたはラテン系である。

この都市内の住民は24.6%が18歳未満の未成年、18歳以上24歳以下が13.8%、25歳以上44歳以下が30.5%、45歳以上64歳以下が19.2%、及び65歳以上が11.9%にわたっている。中央値年齢は32歳である。女性100人ごとに対して男性は96.0人である。18歳以上の女性100人ごとに対して男性は93.3人である。

この都市の世帯ごとの平均的な収入は30,981米ドルであり、家族ごとの平均的な収入は37,344米ドルである。男性は28,548米ドルに対して女性は23,086米ドルの平均的な収入がある。この都市の一人当たりの収入 (per capita income) は16,322米ドルである。人口の18.4%及び家族の13.7% は貧困線以下である。全人口のうち18歳未満の23.6%及び65歳以上の11.0%は貧困線以下の生活を送っている。

メディア[編集]

ツーソンの主要な日刊新聞としてはアリゾナ・デイリースター紙(Arizona Daily Star)がある。1981年に、スターはクラーク・ホールズ (Clark Hallas) 及び ロバート・B・ロウ (Robert B. Lowe) がアリゾナ大学フットボール・コーチ「トニー・メイソン (Tony Mason)」による採用違反についての話題を扱った事でピューリッツァー賞を受賞した。この地域の他の著名な新聞としては、ツーソン・シチズン紙(Tucson Citizen)、夕刊紙ブロードシート、及びツーソン・ウィークリー(Tucson Weekly)、無料週刊タブロイド紙などがある。

ツーソンには主要な全国ネット系列のテレビ局がある。:KVOA 4 (NBC)、KGUN 9 (ABC)、KOLD 13 (CBS)、KMSB 11 (Fox)、KTTU 18 (My)、及び KWBA 58 (CW)。KUAT 6 はアリゾナ大学によって運営されているPBS系列局である。

著名な居住者(出身・元住人含む)[編集]

姉妹都市[編集]

ツーソンにはSister Cities International, Inc.に登録している10つの姉妹都市がある。:

脚注[編集]