テアーノー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

テアーノー古希: Θεανώ, Theānō)は、ギリシア神話の女性である。長母音を省略してテアノとも表記される。主に、

のほか数人が知られている。以下に説明する。

メタポントスの妻[編集]

このテアーノーは、イーカリアの王メタポントスの妻で、ポセイドーンメラニッペーの2子アイオロスとボイオートスの養母である。

テアーノーは子供ができなかったので、メタポントスに離婚すると脅され、羊飼いから双子(アイオロスとボイオートス)を得てメタポントスを納得させた。後にテアーノーはメタポントスの子を生んだが、メタポントスはアイオロスとボイオートスばかりかわいがったため、テアーノーは子供たちに2人を殺すよう命じた。ところがテアーノーの子供たちは逆に2人に殺されてしまい、子供たちの遺体が運ばれてきたときに自殺した[1]。なお、エウリーピデース悲劇『縛られたメラニッペー』では、アイオロスとボイオートスを殺そうとしたのはテアーノーの兄弟だった[2]

アンテーノールの妻[編集]

このテアーノーは、トラーキアの王キッセウスとテーレクレイアの娘で[3]トロイアの老臣アンテーノールの妻である。アルケロコスアカマース、ヘリカーオーン、ラーオドコスポリュボスアゲーノールイーピダマースコオーンラーオダマースデーモレオーン[4]エウリュマコス[5]グラウコスメドーン、テルシロコス[6]ヒッポロコス[7]、娘クリノーの母[8]。またアンテーノールの妾の子ペーダイオスを自分の子と等しく育てた[9]

テアーノーはイーリオスアテーナー神殿の女神官で、『イーリアス』の2日目にディオメーデースが活躍したときには、アテーナーにディオメーデースを退けてくれるように祈願した[10]。またアマゾーンの女王ペンテシレイアがトロイアのために戦ったとき、アンティマコスの娘ティーシポネーがトロイアの女たちを扇動してともにギリシア軍と戦わせようとしたが、テアーノーは女たちを説得して思いとどまらせた[11]

後世の伝承では、アンテーノールに脅されて、パラディオンをギリシア軍に引き渡すことに同意したとされる[12]

その他のテアーノー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ヒュギーヌス、186話。
  2. ^ エウリーピデース『縛られたメラニッペー』断片(fr.495)。
  3. ^ 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』、p.149a。
  4. ^ 『イーリアス』2巻、3巻、4巻、11巻、15巻、20巻。
  5. ^ スミュルナのクイントゥス、14巻。
  6. ^ ウェルギリウス『アエネーイス』6巻。
  7. ^ 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.204b。
  8. ^ パウサニアス、10巻27・4。
  9. ^ 『イーリアス』5巻。
  10. ^ 『イーリアス』6巻。
  11. ^ スミュルナのクイントゥス、1巻。
  12. ^ クレータのディクテュス、5巻8。
  13. ^ アポロドーロス、2巻1・5。
  14. ^ ウェルギリウス『アエネーイス』10巻。

参考文献[編集]

関連項目[編集]