ティアラ21

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
tiara21
施設棟 熊谷駅東口(ティアラ口)エリア
施設棟 熊谷駅東口(ティアラ口)エリア
店舗概要
所在地 360-0037
埼玉県熊谷市筑波3丁目202番地
座標 北緯36度8分22秒 東経139度23分30.4秒 / 北緯36.13944度 東経139.391778度 / 36.13944; 139.391778座標: 北緯36度8分22秒 東経139度23分30.4秒 / 北緯36.13944度 東経139.391778度 / 36.13944; 139.391778
開業日 2004年11月20日
施設所有者 株式会社 ティアラ21
施設管理者 株式会社 ティアラ21
敷地面積 約10,570 m²
延床面積 約60,500 m²
商業施設面積 約53,600 m²
駐車台数 640台
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示
株式会社ティアラ21
tiara21
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 tiara21
本社所在地 日本の旗 日本
360-0037
埼玉県熊谷市筑波3-202
業種 小売業
法人番号 1030001085755
代表者 江森 武久
資本金 4億9000万円
純利益 1億1460万6000円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 35億8131万6000円(2019年03月31日時点)[1]
外部リンク 株式会社ティアラ21企業情報
テンプレートを表示

ティアラ21ティアラにじゅういち)は、埼玉県熊谷市にある複合商業施設およびそれを管理運営する株式会社ティアラ21の名称である。

ティアラとよく呼称される。

概要[編集]

2004年の彩の国まごころ国体(秋季大会)および彩の国まごころ大会の開催に合わせて、熊谷駅ビルアズ本館から商業施設ニットーモールの間のおよそ10,570m2の土地を熊谷市などが取得し、再開発して作られた。ただし、建設が遅れ、いずれも閉会した後の2004年11月20日に開業した。 運営会社として、株式会社ティアラ21を設立し、地元地権者(地元企業松本米穀精麦株式会社会長)であり、現在熊谷商工会議所名誉会頭でもある松本光弘を社長に迎え、地域に根付かせるべく努力する。

アズ・ニットーモールと同様に多数の店舗テナントを抱えるほか、市の関連施設(熊谷市男女共同参画推進センター・熊谷市パスポートセンター)、保育所(新里第二保育園)、スポーツクラブアスリエ 熊谷)、シネマコンプレックスシネティアラ21)などもある他、14階建の住宅棟を併設している複合施設である(住宅棟は分譲販売済みとなっている)。

また、熊谷駅およびアズ本館と3階で直結しており、ティアラ21で一番規模の大きい出入口のティアラ口は、熊谷駅の東口(ティアラ口)としての役割もあり(外側にJR東日本フォーマットの看板も掲げられている)、駅構内まで他の店内通路より幅の広い通路・階段によるアプローチが設けられている。ニットーモールとも2階で野外連絡通路で繋がっていて、アズ本館・ティアラ21・ニットーモール3館セットで熊谷駅直結の一大ショッピングセンターとして機能しており、共同でキャンペーンを行うこともある。

脚注[編集]