ティアレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ティアレット
تاهرت
—    —
ティアレットの位置(アルジェリア内)
ティアレット
ティアレット
ティアレットの位置
座標: 北緯35度22分 東経1度19分 / 北緯35.367度 東経1.317度 / 35.367; 1.317
アルジェリアの旗 アルジェリア
ティアレット県
地区 ティアレット地区
設立 {{{established_date}}}
面積
 - 計 111.45km2 (43mi2)
標高 978m (3,209ft)
人口 (2008年)
 - 計 178,915人
等時帯 中央ヨーロッパ時間 (UTC+1)
郵便番号 14000

ティアレット(ベルベル語:ⵜⴰⵀⴻⵔⵜ/アラビア語:تاهرت )はアルジェリア北西部のティアレット県の県都。 首都アルジェの南西に位置し、テル・アトラス山脈英語版の台地に位置し、地中海から約150km離れている。 アブドアフィッド・ブスフ・プー・シュキフ空港英語版が有る。 2008年の人口は約17.9万人。 面積は2万86km2である。 全住民がムスリムである。

問題点[編集]

1992年ニース・ソフィア・アンティポリス大学英語版の調査では、

  • 多くの地区で産業汚染が進む
  • 周辺部で不法占拠が進む

の問題が指摘された。

テロ[編集]

ティアレットの山岳地系はテロ活動を容易にした。 AQIM( イスラーム・マグリブ諸国のアル=カーイダ機構)の前身のGSPC(説教と戦闘の為のサラフィー主義者集団)は何度もティアレットを攻撃した。 GSPCはウサーマ・ビン・ラーディン(1957年2011年)やアブー・ムスアブ・アッ=ザルカーウィー(1966年2006年)と深い関係が有った。 GSPCは現在もイタリアで活動している。

歴史[編集]

ティアレットには古代から人が住んでおり、巨石文化が栄えた。

ローマ帝国は現在ティアレットが有る場所に「ティンガルティア」要塞を建設した。

古代末期には、ティアレット近郊のジェダルス英語版に石の家が造られた。

761年、ティアレットはベルベル人ルスタム朝の首都になった。 但しこの首都は現在のティアレットから約10km西に有った。 大イラン英語版イバード派のアブドゥル・ラフマン・ルスタムが建国者である。 ティアレットは自由な考えと民主主義を持ち、特にムゥタズィラ学派の学問の中心となった。

10世紀までは少なくともユダヤ人が住んでいた。 フェズアミールの医者になったユダ・イブン・クライシュ英語版が有名である。

ティアレットは標高3552mの峠を支配し、中央マグリブ支配の要所となった。

911年ファーティマ朝と組んだミクナサ人英語版がティアレットを獲得した。

933年ファーティマ朝がティアレットを獲得したが、すぐにトレムセン王国英語版に支配権が移った。 これ以降ティアレットの重要性は低下し、人口の殆どはワルグラムザブに移住した。 [1] 入れ替わりにイラクハワーリジュ派ムスリムが移住して来た。

16世紀オスマン帝国がティアレットを獲得した。

18世紀、ティアレットは奴隷貿易の要所となった。

1843年フランスアブド・アルカーディルを破りティアレットを獲得した。

1845年フランスが自治体を設置した。 多くのフランス人が入植し、町は栄えた。

1889年狭軌鉄道が開通しモスタガネムと結ばれた。 この鉄道は現在では機能していない。

1962年フランスからアルジェリアが独立した。

1991年からのアルジェリア内戦の中で、ティアレットで虐殺が起きた。

1997年シド・エル・アントリ虐殺英語版が起きた。 [2]

脚注[編集]

  1. ^ http://whc.unesco.org/whreview/article2.html URL accessed June 10, 2006
  2. ^ http://www.ai.org.za/electronic_monograph.asp?ID=23/ The Africa Institute monograph. accessed June 10, 2006

詳細資料[編集]

  • Bourouiba, Rachid (1982). Cités disparus: Tahert, Sedrata, Achir, Kalaâ des Béni-Hammad. Collection Art et Culture, 14. Algiers Ministère de l'information. (About notable cultural artifacts and architecture).
  • Belkhodja, A. (1998). Tiaret, memoire d'une ville. Tiaret, A. Belkhodja. (A personal memoir).
  • Blanchard, Raoul. (1992). Amenagement & Gestion Du Territoire, Ou, L'apport Des Images-Satellite, De La Geoinfographique Et Du Terrain : Applications Aux Paysages Vegetaux De L'Algerie Steppique & Substeppique (Wilaya De Tiaret) Et Aux Espaces Construits (Tiaret Et Alger) 1990-1992. Laboratoire d'analyse spatiale. Nice, France. (Plant ecology of the Wilaya De Tiaret region, evidenced using photos from space).
  • Cadenat, Pierre. (1938). Indication de quelques stations préhistoriques de la région de Tiaret Société de géographie et d'archéologie de la Province d'Oran. Extrait de son Bulletin, tome 59, fascicule 209, 1938. (12 pages booklet about the prehistoric monuments in the region).