ティザード堆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ティザード堆

ティザード堆[1](ティザードたい、英語:Tizard Bank、中国語: 鄭和群礁簡体字: 郑和群礁))は、南シナ海南沙諸島北部にある環礁である。主として暗礁等から成り、高潮時にも水面上にあるのは南沙諸島最大の島であるイツアバ島(太平島)のみである。

英国の発行する海図には、1860年代にこの環礁を調査した英国の海洋学者トマス・ヘンリー・ティザード英語版に因んで"Tizard Bank"と表記している。中国名の鄭和群礁は、南海を航海した代の武将鄭和に因むものである。またアメリカ国家地球空間情報局が発行する海図には、鄭和群礁をピンイン表記した"ZHENGHE QUNJIAO"と丸括弧書きで"Southhampton Reefs"と併記している[2]

ティザード堆の島礁については、中華人民共和国台湾中華民国)、ベトナムフィリピン主権を主張している。

エルダド礁ガベン礁では中国による埋め立てが確認されている[3][4][5][6][7]

主要な島礁[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]