ティッカー・テープ・パレード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ティッカー・テープ・パレード: Ticker tape parade)は、都市部で行われるパレードの一形態。膨大な量の裁断された紙(もとは文字通りティッカー・テープ英語版を用いていたが、今日ではもっぱら紙吹雪を用いる)が、パレードの通り道に面したビルから投げ落とされ、吹雪のような祝福の効果を演出する。こうしたパレードが発祥し、しばしば行われているのはアメリカ合衆国、とくにニューヨーク市である。アメリカ合衆国以外では、1978年にアルゼンチンで行われたFIFAワールドカップでティッカー・テープが舞った[1][2][3]

歴史[編集]

この言葉はニューヨーク市において、1886年10月28日の自由の女神像除幕を祝う自発的な祝典の中で用いられるようになった[4]。以後、ティッカー・テープ・パレードはニューヨーク市と密接に関連している。ティッカー・テープ英語版とはもともと、株式市場の最新情報の伝達のため仲介業者で使用される遠隔操作装置(ティッカー・テープ・マシン)の出力に用いる紙テープを指す。ティッカー(ticker)という用語は、印刷時に機械が出す音から来たものである[5]

ニューヨーク市において、ティッカー・テープ・パレードは特別な行事に際して行われるよう確保されている。1886年に初めてこのようなパレードが行われた後、市の当局者はこうしたイベントの効果を認識し、凱旋式などに行うようにした。たとえば、セオドア・ルーズベルト大統領のアフリカ探検 (Smithsonian–Roosevelt African Expeditionからの帰還、イギリス海峡を水泳で横断したガートルード・エダール英語版の帰国、大西洋横断飛行を成し遂げたチャールズ・リンドバーグの帰国などである。最初にティッカー・テープ・パレードで讃えられた個人は、マニラ湾海戦の英雄ジョージ・デューイ提督(1899年)で、200万人がニューヨークにやって来た[6]第二次世界大戦後には、陸海軍の司令官(たとえば、ドワイト・アイゼンハワー将軍やチェスター・ニミッツ提督)の栄誉をたたえて、いくつかのティッカー・テープ・パレードが行われた。もっとも長く大規模であったティッカー・テープ・パレードとしては2つが挙げられる。1つは、第二次世界大戦と朝鮮戦争を戦ったダグラス・マッカーサーの帰国に対するもの(1951年)、もう1つはジョン・グレン宇宙飛行士の帰還に対するもの(1962年)である[7]

ブロードウェイフィナンシャル・ディストリクトを通る区間は、こうしたパレードの通り道となっており、「英雄たちの谷」キャニオン・オブ・ヒーローズ(Canyon of Heroes)と呼ばれている。「英雄たちの谷」沿いの歩道には黒い花崗岩でできた200以上の細長い敷石が埋め込まれており、過去に行われたティッカー・テープ・パレードの栄誉を挙げてる[8]。21世紀初頭の今日、このようなパレードが行われることは少なくなっており、スポーツチームの優勝や、宇宙飛行士の帰還、出征兵士の帰国を祝すのに限られている。

1960年代、市況情報の伝達にはテレビやコンピュータが使われるようになり、ティッカー・テープは廃れた[5]。今日のパレードでは、古紙やトイレットペーパーをシュレッダーにかけたものが使用されている[9]。また、市ではコンフェッティ(紙吹雪)を配布している[10][11]

脚注[編集]

  1. ^ “My World Cup: Osvaldo Ardiles (Argentina, 1978, 1982)”. Lancashire Telegraph. (2010年6月8日). http://www.lancashiretelegraph.co.uk/sport/football/worldcup2010/my_world_cup/8204746.My_World_Cup__Osvaldo_Ardiles__Argentina__1978__1982_/?ref=rss 
  2. ^ “World Cup history: Argentina 1978”. TalkTalk. オリジナルの2015年9月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150920211508/http://www.talktalk.co.uk/sport/world-cup-2010/argentina-1978.html 2015年6月1日閲覧。 
  3. ^ “The story of the 1978 World Cup”. BBC. (2010年5月18日). http://www.bbc.co.uk/blogs/jonathanstevenson/2010/05/the_story_of_the_1978_world_cu.html 
  4. ^ “The Sights and Sightseers”. The New York Times. (1886年10月29日). https://query.nytimes.com/gst/abstract.html?res=9900E0D61E30E533A2575AC2A9669D94679FD7CF 2010年2月15日閲覧。 
  5. ^ a b Griffiths, Sarah (August 22, 2013). "Edison's famous ticker tape machine gets a modern makeover: Web developer invents gadget that prints TWEETS". Daily Mail.
  6. ^ Laura Fitzpatrick "Brief History Ticker-Tape Parades." Time Magazine 6 November 2009
  7. ^ “TICKER-TAPE PARADES: WHICH WERE BIGGEST?”. New York Times. (1986年10月29日). https://www.nytimes.com/1986/10/29/nyregion/ticker-tape-parades-which-were-biggest.html 2015年7月10日閲覧。 
  8. ^ Santos, Fernanda (2008年6月11日). “Super Bowl-Winning Giants Get Canyon of Heroes Honor”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2008/06/11/nyregion/11bloomberg.html 2008年8月4日閲覧. "The plaque is one of the more than 200 granite strips in a route known as the Canyon of Heroes, marking those who have been honored by the city with ticker-tape parades." 
  9. ^ NYC Ticker-Tape Parade for U.S. Women’s Soccer Steps Off Friday
  10. ^ Belson, Ken (February 7, 2008). "They Don’t Throw Paper Like They Used To". The New York Times.
  11. ^ Matuszewski, Erik. "Giants, New York Set for First Ticker Tape Parade Since 2000". Bloomberg, 5 February 2008.

関連項目[編集]