ティック・クアン・ドック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ティック・クアン・ドック
1897年 - 1963年6月11日
ラム・ヴァン・トゥック
(Lâm Văn Túc、林文息)
尊称 ティック・クアン・ドック菩薩[1]
(Bồ Tát Thích Quảng Đức)
生地 Flag of French Indochina.svg フランス領インドシナ・ホイカーン(現在のカインホア省ヴァンニン県ヴァンカイン社)
没地 南ベトナムの旗 南ベトナムサイゴン
宗派 大乗仏教
寺院 トゥーダム(慈曇)寺
ティエンムー(天姥)寺[2][疑問点]

ティック・クアン・ドックベトナム語Thích Quảng Đức/ 釋廣德 Thich Quang Duc.ogg 発音[ヘルプ/ファイル]1897年 - 1963年6月11日)は、ベトナム僧侶である。

ティック・クアン・ドックが使ったオースチンA95フエ・ティエンムー寺蔵)

生涯[編集]

マルコム・ブラウンが撮影した彼の焼身自殺。同ジャーナリストによる同様の写真がグランプリ受賞

1963年6月11日、当時の南ベトナムゴ・ディン・ジエム政権が行っていた仏教徒に対する高圧的な政策に抗議するため、サイゴン(現・ホーチミン市)のカンボジア大使館前で自らガソリンをかぶって焼身自殺した。

彼は支援者たちが拝跪する中、燃え上がる炎の中でも蓮華坐を続け、絶命するまでその姿を崩さなかった。その衝撃的な姿がカメラを通じて世界中に放映され、ベトナム国内だけでなく国際世論に大きな影響を与えることとなった。

ジエムのにして大統領顧問秘密警察長官であったゴ・ディン・ヌーマダム・ヌーは、アメリカテレビインタビューで、この事件を「あんなのは単なる人間バーベキューよ」・「反米運動にアメリカ製ガソリンを使うなんて矛盾してるわ」・「今度同じことをするならガソリンとマッチを進呈する」[3]と発言し、それが全世界に報道されたため、南ベトナム国内や米国だけでなく世界中の大顰蹙だいひんしゅくを買い、国民のジエム政権への反発をいっそう高めた。同年11月には軍事クーデターが発生し、ジエムおよびヌーは決起部隊に殺害されたが、元凶であるマダム・ヌーは生き延びた。(事実上の国外追放。各国を転々とし、2011年イタリアローマ病院死去。2人の娘は1964年に22歳、2012年に52歳で共に自動車事故で亡くなっている。)

リチャード・ニクソンは著作で、この事件を共産主義者プロパガンダの一環に過ぎないと主張した。アメリカ人ジャーナリストマルコム・ブラウン撮影した報道写真は、1963年度の世界報道写真大賞を受賞した[4]

その他[編集]

アメリカのラップ・メタル/ロックバンドレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンデビュー・アルバム、およびシングルカットされた「キリング・イン・ザ・ネーム」のジャケットには、この焼身自殺事件の写真が使われている[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Jr., Robert E. Buswell; Jr., Donald S. Lopez (2013). The Princeton Dictionary of Buddhism. Princeton University Press. pp. 134, 906. ISBN 978-1-4008-4805-8. https://books.google.com/books?134id=DXN2AAAAQBAJ 
  2. ^ 伊藤千尋. 観光コースでないベトナム. 高文研. pp. 103 - 105. ISBN 4-87498167-4 
  3. ^ 『ベトナム戦争』中公新書2001年平成13年) P.173 ISBN 978-4-12-101596-9
  4. ^ 1963 Malcolm W. Browne WY”. www.worldpressphoto.org. 世界報道写真財団. 2020年10月7日閲覧。
  5. ^ Uncovering the Buddhist monk at the center of one of the most significant images of the modern age” (英語). 2020年10月7日閲覧。

関連項目[編集]