ティティワンサ駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ティティワンサ駅
駅舎
駅舎
Titiwangsa
所在地 マレーシアの旗クアラルンプールティティワンサ英語版 トゥン・ラザク通り
所属事業者 ラピドKL
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線(アンパン線&スリ・プタリン線)
2面1線(KLモノレール)
開業年月日 1996年12月6日
乗入路線 2 路線
所属路線 3 アンパン線
4 スリ・プタリン線
駅番号 AG3・SP3
キロ程 ?km(スントゥル・ティモール起点)
AG2・SP2 スントゥル (?km)
(?km) PWTC AG4・SP4
所属路線 8 KLモノレール
駅番号 MR11
キロ程 8.6km(KLセントラル起点)
テンプレートを表示

ティティワンサ駅マレー語:Stesen Titiwangsa)はマレーシアクアラルンプールティティワンサ英語版にある、ラピドKL。  

乗り入れ路線[ソースを編集]

アンパン線、スリ・プタリン線、KLモノレールの3路線が乗り入れる乗換駅である。当駅を含むスントゥル・ティモール駅英語版 - チャン・ソウ・リン駅の区間は、アンパン線とスリ・プタリン線が線路を共有している。また、スンガイ・ブロー-スルダン-プトラジャヤ線英語版が工事中であり、2022年7月に開通・当駅に接続予定[1][2]

ラピドKLは全駅に駅番号を導入している。当駅の駅番号はアンパン線は「AG3」、スリ・プタリン線は「SP3」、KLモノレールは「MR11」。

歴史[ソースを編集]

  • 1996年12月16日 - アンパン線開業。
  • 1998年7月11日 - スリ・プタリン線専用区間(チャン・ソウ・リン - ブキッ・ジャリル英語版間)開通により、スリ・プタリン線の乗り入れ開始。アンパン線との共用駅となる。
  • 2003年8月31日 - KLモノレール開業。
  • 2015年3月30日 - KLモノレールの駅で車両が停車した時に黒煙が発生し、利用客を全員避難させ、KLモノレール全線で運転見合わせとなった。ケガ人は無し[3]

駅構造[ソースを編集]

アンパン線&スリ・プタリン線ホーム

アンパン線、スリ・プタリン線の駅舎はゴンパック川沿いに、KLモノレールの駅舎はトゥン・ラザク通り上にそれぞれ構える高架駅である。互いは連絡線用のペデストリアンデッキにて接続される。

アンパン線、スリ・プタリン線のホームは相対式2面2線を有する。

KLモノレールのホームは相対式2面1線を有しており、ハーフハイトタイプのホームドアを設置している。

のりば[ソースを編集]

アンパン線&スリ・プタリン線高架ホーム (L2F)
1 3 アンパン線、4 スリ・プタリン線 スントゥル・ティモール方面
2 3 アンパン線 マルリ・アンパン方面
4 スリ・プタリン線 バンダル・タシッ・スラタン・プトラ・ヘイツ方面
KLモノレール高架ホーム (L2F)
1・2 8 KLモノレール ブキッ・ビンタンKLセントラル方面

駅周辺[ソースを編集]

駅周辺は、郊外近距離バス乗り場があり、朝夕はバスとモノレール、LRTの乗換え客で混雑する。また、ゲンティン・ハイランド行きタクシー乗り場が駅の目の前にある。

隣の駅[ソースを編集]

ラピドKL
3 アンパン線、4 スリ・プタリン線
スントゥル駅 (AG2・SP2) - ティティワンサ駅 (AG3・SP3) - PWTC駅 (AG4・SP4)
8 KLモノレール
チョウ・キット駅 (MR10) - ティティワンサ駅 (MR11)

注釈[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ MYMRT | MRT Corp - Official webpage for the Klang Valley My Rapid Transit.” (英語). www.mymrt.com.my. 2017年6月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月29日閲覧。
  2. ^ MYMRT | MRT Corp - Official webpage for the Klang Valley My Rapid Transit.” (英語). www.mymrt.com.my. 2017年5月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月29日閲覧。
  3. ^ 吉隆坡單軌列車失火 濃煙直冒無人傷” (中国語). 2015年3月30日閲覧。

関連項目[ソースを編集]