ティファニー・シメラネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ティファニー・シメラネ

ティファニー・シメラネTiffany Simelane1988年 - 2009年8月17日)は、スワジランドMhlambanyatsi出身の南アフリカで開催されたミス・ワールド2008スワジランド代表。

2009年8月17日、ゾウリムシの駆除用のリン化アルミニウムを含んだホスフィンガス用の錠剤を摂取して農薬中毒自殺した。彼女は急いでムババーネ病院へと送られたものの亡くなった。彼女の友人は彼女はミス・スワジランドとなったストレスのあまり家族とも疎遠となり、失意の中自殺したと語っている[1]

出典[編集]

  1. ^ “She died from broken heart, says Hendriques”. The Swazi Observer. (2009年11月2日). オリジナルの2011年7月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110716055154/http://www.observer.org.sz/index.php?news=6670 2009年8月19日閲覧。