ティム・フォーサイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
獲得メダル
オーストラリアの旗 オーストラリア
陸上競技
オリンピック
1992 バルセロナ 男子 走高跳
世界陸上選手権
1997 アテネ 男子 走高跳

ティム・フォーサイス(Tim Forsyth、1973年8月17日 - )は、オーストラリアの陸上競技選手。1992年バルセロナオリンピックの銅メダリストである。ビクトリア州ミルボーノース出身。

経歴[編集]

フォーサイスは、身長1m99の走高跳の選手で、1988年に自身初めて2mの大台を突破。1990年には世界ジュニア選手権に出場。2m37の世界ジュニア記録を出したユーゴスラビアのドラガン・トピッチに次いで銀メダルを獲得した。

初めてのオリンピックとなった1992年バルセロナオリンピックでは、フォーサイスを含め、5人の選手が2m34を跳び、横一線に並んだ。5人とも2m37を失敗し、試技数の関係でキューバハビエル・ソトマヨルが金メダル。スウェーデンパトリック・ショーベリが銀メダル。そして、フォーサイスは、ポーランドアルツール・パルティカアメリカホリス・コンウェイとともに銅メダルを獲得した。同年秋には、世界ジュニア選手権に出場。優勝したイギリススティーブ・スミスが2m37の世界ジュニアタイ記録を出し優勝。フォーサイスは前回大会に続き銀メダルとなった。

フォーサイスは、1994年、カナダビクトリアで開催されたコモンウェルスゲームズに出場。イギリスのスミスと息の詰まる熱戦を繰り広げた。両者とも2m34を3回失敗した後、ジャンプオフ4回という激戦の末、スミスは2m32をクリアすることができず、フォーサイスは大きな国際大会で初めての優勝を果たした。

1996年アトランタオリンピックでは、2m32しか跳べず7位と惨敗。翌1997年のアテネで開催された世界選手権では、パルティカと同じ2m35で、優勝したソトマヨルに次ぐ跳躍を見せるが、試技数の関係で3位となる。1998年のコモンウェルスゲームズでは、2m28で銅メダルを獲得。この大会が大きな国際舞台での最後のメダルとなった。

フォーサイスはトータルで9回のオーストラリア記録を樹立。1997年に出した自己ベスト2m36は現在でもオーストラリア記録である。

自己ベスト[編集]

  • 走高跳 - 2m36 (1997年)

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1990 世界ジュニア陸上選手権 プロヴディフ(ブルガリア) 走高跳 2位 2m29
1991 世界陸上選手権 東京(日本) 走高跳 15位(h) 2m24
1992 オリンピック バルセロナ(スペイン) 走高跳 3位 2m34
1992 世界ジュニア陸上選手権 ソウル(韓国) 走高跳 2位 2m31
1993 世界陸上選手権 シュトゥットガルト(ドイツ) 走高跳 9位 2m28
1994 コモンウェルスゲームズ ビクトリア(カナダ) 走高跳 1位 2m32
1994 IAAFワールドカップ ロンドン(イギリス) 走高跳 2位 2m28
1995 世界陸上選手権 ヨーテボリ(スウェーデン) 走高跳 8位 2m25
1996 オリンピック アトランタ(アメリカ合衆国) 走高跳 7位 2m32
1997 世界陸上選手権 アテネ(ギリシャ) 走高跳 3位 2m35
1998 コモンウェルスゲームズ クアラルンプール(マレーシア) 走高跳 3位 2m28
1999 世界陸上選手権 セビリヤ(スペイン) 走高跳 14位(h) 2m26
2000 オリンピック シドニー(オーストラリア) 走高跳 14位(h) 2m24
  • hは予選