ティモテー・コロジエチャク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ティモテー・コロジエチャク Football pictogram.svg
Timothée Kolodziejczak.jpg
名前
愛称 コロ
ラテン文字 Timothée Kolodziejczak
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 (1991-10-01) 1991年10月1日(26歳)
出身地 アラス
身長 185cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム フランスの旗 ASサンテティエンヌ
ポジション DF(CB/LB)
背番号 5
利き足 左足
ユース
1999 フランスの旗 USSMル=アン=ゴエル
1999-2000 フランスの旗 アヴィヨン
2000-2009 フランスの旗 ランス
2008-2009 フランスの旗 オリンピック・リヨン(loan)
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009-2012 フランスの旗 オリンピック・リヨン 12 (0)
2012-2014 フランスの旗 ニース 71 (2)
2014-2017 スペインの旗 セビージャ 52 (1)
2017 ドイツの旗 ボルシアMG 2 (0)
2017- メキシコの旗 ティグレス 4 (0)
2018- フランスの旗 サンテティエンヌ (loan)
代表歴2
2007  フランス U-16 1 (0)
2007-2008  フランス U-17 15 (1)
2008-2009  フランス U-18 6 (0)
2009-2010  フランス U-19 11 (0)
2010-2012  フランス U-20 15 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年8月1日現在。
2. 2014年9月27日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ティモテー・コロジエチャクTimothée Kolodziejczak1991年10月1日 - )は、フランスのサッカー選手。ASサンテティエンヌ所属。ポジションはディフェンダー

ユースの各年代でフランス代表として活躍した選手で、U-19代表ではUEFA U-19欧州選手権2010を制覇している。名前の発音が難しいため、一般的にはコロ(Kolo)と呼ばれる事も多い[1]

出生[編集]

1991年10月1日にフランスのアラスポーランド人の父親とマルティニーク人の母親の間に生まれた[2][3][4]

クラブ歴[編集]

ユース[編集]

7歳の時に地元のUSサン=モーリス・ル=アン・ゴエルでサッカーを始めた。1999年7月にはCSアヴィヨンに移籍し1年を過ごした。2000年6月にはRCランスの下部組織に入団[1]。ユース年代の代表でもチームメイトとなったガエル・カクタと共に過ごした。普段はリエヴァン近郊にあるサントル・ドゥ・プレフォルマスィオーン・ドゥ・フットボールでカクタらと過ごし、週末はランスで過ごす生活であった。彼のトレーナーの一人はかつてのポーランド代表選手、ヨアヒム・マルクスであった[3]

クラブの下部組織を卒業後、マンチェスター・ユナイテッドFCを始めとする他のヨーロッパのクラブからもスカウトされる中で、ランスは彼を繋ぎとめるために5年のプロ契約を提示した[5]。しかし彼はランスからのオファーを上手くやっていく自信の無さから断った[1]。交渉の末、2008年8月21日にリーグ・アンを7回制した強豪であるオリンピック・リヨンに買い取りオプションつきの1年のレンタル契約、300万ユーロで移籍[6]

リヨン[編集]

リヨンではトップチームで背番号12番を与えられた。しかし加入が遅かったためにプレシーズンでの合流を逃し、フランスアマチュア選手権に所属するリザーブチームへと送られた。2008年9月13日のASサンテティエンヌのリザーブチーム戦でリザーブチーム初出場。彼はスターティングメンバーとして出場しイエローカードも貰ったものの、フル出場し2-1の勝利に貢献した[7]。2か月後の11月23日には左サイドバックの控えとしてトップチームからリーグ戦で招集がかかった。このパリ・サンジェルマンFC戦でアントニー・レヴェイエールが11分に大怪我を負って交代となり彼はリーグ・アン初出場となった。試合では後半に彼はイエローカードを提示され、リヨンも1-0で敗北した[8]。翌シーズンには4年契約で完全移籍、移籍金は250万ユーロであった[9][10]

リーグ・アン2009-2010では出場機会は限られた。UEFAチャンピオンズリーグ初出場となったのはこのシーズンで2009年9月29日のデブレツェニVSC戦で左サイドバックのアリ・シソコとの交代での出場であった[11]。4日後のリーグ戦、古巣のランス戦でも途中出場し2-0の勝利となった[12]。11月21日のグルノーブル・フット38戦で初めてスターティングメンバーに名を連ね76分までプレイ、1-1の引分にこの試合は終った[13]

ニース[編集]

2012年夏に同じくリーグ・アンのOGCニースに4年契約で移籍。

セビージャ[編集]

2014年8月27日には3年契約でプリメーラ・ディビシオンセビージャFCに300万ユーロで移籍[14]。9月18日のUEFAヨーロッパリーグフェイエノールト戦で初出場[15]リーガ・エスパニョーラ初出場はその6日後、レアル・ソシエダとのホームゲームでこの試合は1-0の勝利となった[16]。10月2日のヨーロッパリーグ、HNKリエカ戦ではレッドカードを提示され一発退場、アンドレイ・クラマリッチにPKを決められ、結果2-2の同点となった[17]

初得点は10月29日コパ・デル・レイCEサバデル戦であった[18]UEFAヨーロッパリーグ 2014-15では合計9試合に出場、決勝戦にも出場した[19]

ボルシア・メンヒェングラートバッハ[編集]

2017年1月4日にブンデスリーガボルシア・メンヒェングラートバッハに移籍した[20]

UANLティグレス[編集]

2017年9月4日にリーガMXUANLティグレスに移籍した[21]

サンテティエンヌ[編集]

2018年8月1日にリーグ・アンASサンテティエンヌに1シーズンのレンタル移籍(買取オプション付き)が発表された[22]

代表歴[編集]

代表としてはU-16代表を皮切りに各年代で招集されてきた。初出場は2007年5月30日のドイツU-16代表戦で、フェリックス・クロースに得点を決められ1-0での敗北であった[23]。U-17代表ではスイスU-17代表戦で初出場して以降レギュラーとなった[24]UEFA U-17欧州選手権2008の予選では負けなしの強さを見せ、準決勝のトルコU-17代表相手にアンダー代表初得点を決めた。彼のこの69分に決めた得点によってPK戦となりこれを4-3で制して勝利した[25]。決勝戦ではスペインU-17代表相手に4-0とされ、完封された[26][27]

U-18代表ではウクライナU-18代表戦で初出場[28]。合計6試合に出場した。U-19代表ではフランシス・スメレツキ監督から招集され、オランダU-19代表戦で初出場したものの4-2で敗れた。その後も出場を重ねて2010年6月7日には2010 U-19欧州選手権の18人のメンバー入りを果たした。決勝戦までの5試合全てに出場し優勝に貢献した[29]。この優勝によって、2011 FIFA U-20ワールドカップに出場となり、それに伴って彼もU-20代表に昇格した。U-20代表での初出場は2010年10月7日のポルトガルU-20代表との親善試合であり、3-3の引分であった[30]。2010-11シーズンはU-20代表といて4試合に出場し、2011年6月10日はU-20ワールドカップの21人のメンバーに選ばれた。7月30日のコロンビアU-20代表戦で同杯初出場となったものの4-1で敗れた[31]

彼は父親がポーランド人であるため、ポーランド代表としても出場する権利を有している[32]。15歳の時にはすでにポーランドサッカー協会が同国のアンダー代表に彼を招集しようと接触している。しかし、ポーランド国籍は有しておらず公式試合には出場できないため、その後はフランス代表を選ぶかポーランド代表を選ぶか数年考える事とした[3]

タイトル[編集]

セビージャ

参考文献[編集]

  1. ^ a b c “Thimothée Kolodziejczak: "Une grande fierté"” (フランス語). Lyon Capitale. (2008年8月22日). オリジナル2008年8月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080828210630/http://www.lyoncapitale.fr/index.php?menu=05&article=6190 2010年7月25日閲覧。 
  2. ^ “Timothée Kolodziejczak: "Je viens à Nice pour m'épanouir" [Timothée Kolodziejczak: "I'm joining Nice in order to develop"]” (フランス語). Nice Matin. (2012年6月26日). オリジナル2012年7月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120713050923/http://www.nicematin.com/ogc-nice/timothee-kolodziejczak-je-viens-a-nice-pour-mepanouir.913318.html 
  3. ^ a b c “Koscielny nie jest jeszcze spalony” (ポーランド語). ポーランドサッカー協会. (2010年7月15日). オリジナル2010年7月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100717203534/http://futbolnet.pl/wiadomosci/joachim-marx-1-koscielny-nie-jest-jeszcze-spalony 2010年7月25日閲覧。 
  4. ^ “Kolodziejczak, un nom à retenir”. Radio Monte Carlo. (2010年7月28日). http://www.rmc.fr/editorial/120072/kolodziejczak-un-nom-a-retenir/ 2011年1月19日閲覧。 
  5. ^ “United linked to Lyon target”. Sky Sports. (2008年8月18日). http://www.skysports.com/story/0,19528,11667_4005313,00.html 2010年7月25日閲覧。 
  6. ^ “Lyon snap up Lens starlet Kolodzieczak”. 欧州サッカー連盟. (2008年8月21日). http://en.archive.uefa.com/competitions/ucl/news/kind=1/newsid=741014.html 2010年7月25日閲覧。 [リンク切れ]
  7. ^ “Lyon B v. Saint-Etienne B Match Report” (フランス語). Foot National. (2008年9月13日). http://www.foot-national.com/fiche-match-football-11418.html 2010年7月25日閲覧。 
  8. ^ “PSG v. Lyon Match Report” (フランス語). Ligue de Football Professionnel. (2008年11月23日). オリジナル2009年3月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090326225523/http://www.lfp.fr/ligue1/feuilleMatch.asp?saison=2008%2F2009&code_evt=D1&code_jr_tr=J15&num_ordre=8 2010年7月25日閲覧。 
  9. ^ http://www.actusnewswire.com/documents/ACTUS-0-3288-OL-DDR-0809-GB.pdf
  10. ^ “L'OL aime et ne compte pas” (フランス語). Sports.fr. (2009年7月19日). http://www.sports.fr/cmc/football/200929/l-ol-aime-et-ne-compte-pas_236288.html 2010年7月25日閲覧。 
  11. ^ “Debrecen floored by early Lyon blitz”. 欧州サッカー連盟. (2009年9月29日). http://www.uefa.com/uefachampionsleague/matches/season=2010/round=2000028/match=2000389/index.html 2010年7月25日閲覧。 
  12. ^ “Lens v. Lyon Match Report” (フランス語). Ligue de Football Professionnel. (2009年10月3日). オリジナル2010年1月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100104083501/http://www.lfp.fr/ligue1/feuilleMatch.asp?saison=2009%2F2010&code_evt=D1&num_ordre=3&code_jr_tr=J08 2010年7月25日閲覧。 
  13. ^ “Grenoble v. Lyon Match Report” (フランス語). Ligue de Football Professionnel. (2009年11月21日). オリジナル2010年4月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100407104530/http://www.lfp.fr/ligue1/feuilleMatch.asp?saison=2009%2F2010&code_evt=D1&code_jr_tr=J14&num_ordre=4 2010年7月25日閲覧。 
  14. ^ “El francés Kolodziejczak fichará tres campañas por el Sevilla [The Frenchman Kolodziejczak will sign for Sevilla for three seasons]” (スペイン語). マルカ. (2014年8月27日). http://www.marca.com/2014/08/27/futbol/equipos/sevilla/1409171564.html 2014年10月2日閲覧。 
  15. ^ “Quick-fire Sevilla catch Feyenoord cold”. 欧州サッカー連盟. (2014年9月18日). http://www.uefa.com/uefaeuropaleague/season=2015/matches/round=2000587/match=2014444/index.html 2014年10月2日閲覧。 
  16. ^ “Sevilla 1-0 Real Sociedad”. Goal.com. (2014年9月24日). http://www.goal.com/en/match/sevilla-vs-real-sociedad/1821419/lineups 2014年10月2日閲覧。 
  17. ^ “Rijeka 2-2 Sevilla: Mbia rescues a point for 10-man Rojiblancos”. Goal.com. (2014年10月2日). http://www.goal.com/en/match/rijeka-vs-sevilla/1924293/report 2014年10月2日閲覧。 
  18. ^ El Sevilla engrasa la máquina” [Sevilla tunes machine up] (スペイン語). Marca (2014年10月29日). 2014年10月29日閲覧。
  19. ^ Keegan, Mike (2015年5月27日). “Dnipro 2-3 Sevilla: Carlos Bacca scores twice as La Liga side survive scare to retain Europa League crown and earn Champions League spot with dramatic win in Warsaw”. Daily Mail. http://www.dailymail.co.uk/sport/football/article-3099823/Dnipro-2-3-Sevilla-Carlos-Bacca-scores-twice-La-Liga-survive-scare-retain-Europa-League-crown-earn-Champions-League-spot-dramatic-win-Warsaw.html 2015年5月27日閲覧。 
  20. ^ “Borussia verpflichtet Timothée Kolodziejczak” (ドイツ語). ボルシア・メンヒェングラートバッハ. (2017年1月4日). https://www.borussia.de/de/aktuelles-termine/news/borussia-news/news-detailansicht.html?tx_ttnews%5Btt_news%5D=20826&cHash=c88c37f4db8205331cbd8a6bac8c48b4 2017年11月30日閲覧。 
  21. ^ http://www.goal.com/es-mx/noticias/oficial-timothee-kolodziejczak-es-nuevo-jugador-de-tigres/11uhf526iyqhr1n4mc92tpf73b
  22. ^ Timothée Kolodziejczak rejoint l'ASSE ASSE : le site officiel 2018年8月3日
  23. ^ “Courte défaite (1-0)” (フランス語). フランスサッカー連盟. (2007年5月30日). http://fff.fr/selections/m16ans/matchs/387647.shtml 2010年7月18日閲覧。 
  24. ^ “Reprise réussie pour les Tricolores (4-0)” (フランス語). フランスサッカー連盟. (2007年10月2日). http://www.fff.fr/selections/m17ans/actualite/398158.shtml 2010年7月24日閲覧。 
  25. ^ “France oust hosts after shoot-out”. 欧州サッカー連盟. (2008年5月13日). http://en.archive.uefa.com/competitions/under17/history/season=2008/round=15031/match=302550/index.html 2010年7月25日閲覧。 [リンク切れ]
  26. ^ “Stupendous Spain win U17 crown”. 欧州サッカー連盟. (2008年5月16日). オリジナル2012年6月30日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20120630012630/http://en.archive.uefa.com/competitions/under17/fixturesresults/round=15032/match=302551/report=rp.html 2010年7月24日閲覧。 
  27. ^ “L'Espagne réalise le doublé” (フランス語). フランスサッカー連盟. (2008年5月16日). http://www.fff.fr/selections/m17ans/actualite/441710.shtml 2010年7月24日閲覧。 
  28. ^ “Défaite pour les Tricolores (1-3)” (フランス語). フランスサッカー連盟. (2008年9月30日). http://www.fff.fr/selections/m18ans/actualite/466233.shtml 2010年7月24日閲覧。 
  29. ^ “France fight back to claim U19 crown”. 欧州サッカー連盟. (2010年7月30日). http://www.uefa.com/under19/matches/season=2010/round=15350/match=2002411/report/index.html 2010年8月5日閲覧。 
  30. ^ “France 3–3 Portugal”. フランスサッカー連盟. (2010年10月7日). http://www.fff.fr/servfff/fiche_joueur_new/match.php?id_match=1320 2010年11月5日閲覧。 
  31. ^ Colombia 4–1 France”. 国際サッカー連盟 (2011年7月30日). 2011年8月2日閲覧。
  32. ^ “La mode polonaise atteint l’Olympique Lyonnais” (フランス語). Foot Mercato. (2009年8月14日). http://www.footmercato.net/la-mode-polonaise-atteint-l_article37860.html 2009年8月15日閲覧。