ティル・ゼア・ウォズ・ユー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ティル・ゼア・ウォズ・ユー」(Till There Was You)は、メレディス・ウィルソンによる楽曲である。1957年ブロードウェイ・ミュージカル『ミュージック・マン』の劇中で使用された。『ミュージック・マン』は1962年に映画化された。主にビートルズのカヴァーで知られる。

ビートルズによるカヴァー[編集]

ティル・ゼア・ウォズ・ユー
ビートルズ楽曲
収録アルバム ウィズ・ザ・ビートルズ
リリース 1963年11月22日
録音 1963年7月18日7月30日
ジャンル ポップ
ラテン
時間 2分18秒(monaural version)
2分13秒 (stereo version)
2分54秒 ("The Beatles Anthlogy 1" version)[注釈 1]
2分12秒 ("The Beatles Live At The BBC" version)
レーベル パーロフォン
作詞者 メレディス・ウィルソン
プロデュース ジョージ・マーティン

ウィズ・ザ・ビートルズ 収録曲
A面
  1. イット・ウォント・ビー・ロング
  2. オール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥ
  3. オール・マイ・ラヴィング
  4. ドント・バザー・ミー
  5. リトル・チャイルド
  6. ティル・ゼア・ウォズ・ユー
  7. プリーズ・ミスター・ポストマン
B面
  1. ロール・オーバー・ベートーヴェン
  2. ホールド・ミー・タイト
  3. ユーヴ・リアリー・ゴッタ・ホールド・オン・ミー
  4. 彼氏になりたい
  5. デヴィル・イン・ハー・ハート
  6. ナット・ア・セカンド・タイム
  7. マネー

本作は1963年11月22日に発売された2作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバムウィズ・ザ・ビートルズ』のA面6曲目に収録された。リード・ヴォーカルで、ポール・マッカートニー。ポールの甘い歌声を上手く生かしたバラードナンバーである。

レコーディング時は、ポールの年上の従兄弟であるベット・ロビンズから紹介されたペギー・リーによるカバー・バージョン(1961年)を参考にしてカバーされた[1]。なお、ポールは、この当時「ミュージック・マン」の劇中歌であることを知らなかったという[2]

この曲は彼らが古くからレパートリーに加えており、デビュー前にドイツハンブルク巡業時代からクラブで演奏していた[3]。また、1962年1月デッカ・レコードのオーディションでも演奏された曲の一つでもある[3]

1963年11月4日イギリス王室主催の「ロイヤル・ミュージック・パフォーマンス (The Royal Variety Performance)」において演奏された4曲[注釈 2]のひとつである。ポールがこの曲を紹介する際のMCで「次の曲は僕らの大好きなアメリカのグループ、ソフィー・タッカーの曲です」というギャグを飛ばし、爆笑を誘った曲としても有名である。ちなみに、ソフィー・タッカーとはボードヴィルの女王と呼ばれたジャズ界の大御所歌手で、女優・歌手のジュディ・ガーランドに歌を教えた人物としても知られる。個人の名前であり、もちろんグループ名ではないので、そこがジョークになっている。これは1963年にアメリカで放送されたクイズ番組にソフィーがゲスト出演した時の、解答者の勘違い[注釈 3]に基づいている。

また、最後の曲目紹介で、ジョンが述べた有名な台詞が、これである。"For our last number I'd like to ask your help: Will the people in the cheaper seats clap your hands? And the rest of you, if you'll just rattle your jewellery...(次の曲では皆さんも協力してください。安い席の人は拍手を、高い席の人は宝石をジャラジャラ鳴らしてください)"

アコースティック・ギターは、ジョージ・ハリスンが担当しているが、オリジナル版のコピー演奏。

演奏[編集]

収録盤[編集]

その他のカバー[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 演奏後のジョンの語りも含まれるため実際の演奏時間はさらに短い。演奏時間の出典は『ザ・ビートルズ・アンソロジー1』のインデックスである。
  2. ^ フロム・ミー・トゥ・ユー」「シー・ラヴズ・ユー」「ティル・ゼア・ウォズ・ユー」「ツイスト・アンド・シャウト
  3. ^ 解答者は目隠しをしているため、ゲストがバレないように声色を変えて対応しているのを、複数の人物と思った

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Ray Coleman (1998). McCartney: Yesterday . . . and Today. Boxtree Ltd. p. 25. ISBN 978-0788159350. 
  2. ^ Ray Coleman (1998). McCartney: Yesterday . . . and Today. Boxtree Ltd. p. 26. ISBN 978-0788159350. 
  3. ^ a b Bill Harry (2000). The Ultimate Beatles Encyclopedia. Mjf Books. p. 651. ISBN 978-1567314038. 
  4. ^ Ian MacDonald (2008). Revolution in the Head (Second ed.). Vintage. p. 80. ISBN 978-0099526797.
  5. ^ Hot 100 - Billboard, Billboard, (1959-08-17), オリジナルの2018-03-16時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20180316151625/https://www.billboard.com/music/anita-bryant 2019年1月5日閲覧。 
  6. ^ Nana Mouskouri - The Girl From Greece Sings (Vinyl, LP) at Discogs