ティーラシン・デーンダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ティーラシン・デーンダー Football pictogram.svg
Teerasil Dangda 20191001.jpg
名前
愛称 ムイ
カタカナ ティーラシン・デーンダー
ラテン文字 Teerasil Dangda
タイ語 ธีรศิลป์ แดงดา
基本情報
国籍 タイ王国の旗 タイ
生年月日 (1988-06-06) 1988年6月6日(31歳)
出身地 バンコクの旗 バンコク
身長 181cm
体重 76kg
選手情報
在籍チーム タイ王国の旗 ムアントン・ユナイテッド
ポジション FW
背番号 未定
利き足 右足
ユース
2003-2005 アサンプション・U英語版
2005 ロイヤル・タイ・エアフォース
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005 ロイヤル・タイ・エアフォース 6 (3)
2006 ラパチャ 18 (9)
2007 ムアントン・ユナイテッド 15 (7)
2007-2008 マンチェスター・シティ 0 (0)
2008 →グラスホッパーズ II (loan) 7 (2)
2008 ラパチャ 8 (6)
2009- ムアントン・ユナイテッド 257 (116)
2014-2015 アルメリア (loan) 6 (1)
2018 サンフレッチェ広島 (loan) 32 (6)
代表歴2
2002-2004 タイ王国の旗 タイ U-17 11 (7)
2005-2006 タイ王国の旗 タイ U-19 7 (9)
2006-2010 タイ王国の旗 タイ U-23 13 (3)
2007- タイ王国の旗 タイ 99 (43)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月1日現在。
2. 2019年1月25日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ティーラシン・デーンダー[1]: Teerasil Dangdaタイ語: ธีรศิลป์ แดงดา1988年6月6日 - )は、タイバンコク出身のプロサッカー選手タイ代表。ポジションはフォワード

日本では『テラシル・ダングダ』『ティーラシル・ダンダ』『ティラシン・デンダー』と表記されることもある。

来歴[編集]

クラブ[編集]

1988年6月6日にバンコクで誕生したティーラシンは、ロイヤル・タイ・エアフォースFCに所属した元サッカー選手の父親の影響を受け、7歳から4歳年下の妹(後にタイ王国女子代表選手となるTaneekarn Dangda)と一緒にサッカーを始めた[2]。2005年、ロイヤル・タイ・エアフォースFCに入団した。ユースチームからファーストチームに昇格すると、レギュラーの座を獲得した[2]

2007年、タイ・ディヴィジョン1リーグムアントン・ユナイテッドFCに移籍した。同年、タイ王国代表に選出され、10月8日に行われた2010 FIFAワールドカップ・アジア予選(1次予選)のマカオ戦で代表初ゴールを記録した。

マンチェスター・シティFC[編集]

2007年11月、タイ王国代表のスリー・スカキアトプラウット・サーイウェオ英語版と共に、タクシン・チナワットに買収されたプレミアリーグマンチェスター・シティFCに移籍した[3]

しかし、労働許可証(ビザ)の問題により、スリー・スカと共にスイスのグラスホッパー・クラブ・チューリッヒ期限付き移籍した。キアトプラウットはベルギーのクラブ・ブルッヘに期限付き移籍した。2008年6月にマンチェスター・シティFC復帰後もビザの問題は解決されず、アブダビ・ユナイテッド・グループによってマンチェスター・シティFCが買収されると、3人は放出された[4]

ティーラシンはファーストチームで出場機会がなかったが、後にマンチェスター・シティFCでの時間を振り返って、「アマチュアレベルからプロレベルにステップアップするための貴重な経験ができた」と語った[2][5]

ムアントン・ユナイテッドFC[編集]

2009年、タイ・プレミアリーグのムアントン・ユナイテッドFCに復帰した。同年3月8日、タイ・ポートFC戦でプレミアリーグデビューを果たした。2009年にプレミアリーグ初優勝、2010年には2連覇を達成した。2012年は24ゴールを記録し、ムアントン・ユナイテッドFCを3回目の優勝に導くと共にプレミアリーグ得点王に輝いた。

2013年1月、プリメーラ・ディビシオンアトレティコ・マドリードの練習に参加したが、移籍は実現しなかった[6][7]

UDアルメリア[編集]

2014年2月5日、同年7月にプリメーラ・ディビシオンのUDアルメリアに期限付き移籍することが発表された。期限付き移籍期間は2014-2015シーズンの1年間で買い取りオプションが付いている[8]。同年8月23日、RCDエスパニョール戦でプリメーラ初出場を果たし、プリメーラで試合に出場した最初のタイ人サッカー選手となった。同年12月5日、コパ・デル・レイレアル・ベティス戦で移籍後初ゴールを記録した[9]

ムアントン復帰[編集]

2015年1月にムアントンに復帰した。当初に予定されていたレンタル期間より半年早くUDアルメリアを去ることとなった。

サンフレッチェ広島[編集]

2017年12月、サンフレッチェ広島に期限付き移籍することが発表された[10]。2月24日に行われた開幕戦の北海道コンサドーレ札幌戦で得点を挙げ、Jリーグ初のタイ人得点者となった[11]。開幕戦でゴールを決めるも思うように得点を重ねられず、徐々にスタメンから外れる機会が増えて、最終的にはリーグ戦32試合で先発出場は11試合にとどまった[12]。シーズン終了後、期限付き移籍期間満了により広島を退団。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
タイ リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
2005 R・T・エアフォース ディビジョン1 6 3 - - 6 3
2006 ラパチャ ディビジョン2 18 9 - - 18 9
2007 ムアントン・U 15 7 - - 15 7
スイス リーグ戦 スイス杯オープン杯 期間通算
2008 グラスホッパーズII 1.リーガ英語版 6 1 - - 6 1
タイ リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
2008 ラパチャ ディビジョン2 8 6 - - 8 6
2009 ムアントン・U 10 TPL 25 7 - 1 0 26 7
2010 26 7 - 3 2 29 9
2011 26 13 3 1 5 5 34 19
2012 29 24 2 0 1 1 32 25
2013 32 15 2 1 4 4 38 20
2014 18 9 3 1 1 2 22 12
スペイン リーグ戦 国王杯オープン杯 期間通算
2014-15 アルメリア 18 ラ・リーガ 6 0 - 4 1 10 1
タイ リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
2015 ムアントン・U 10 TPL/
T1
31 11 1 2 6 1 38 14
2016 29 11 4 1 3 4 36 15
2017 31 14 5 5 4 1 40 20
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2018 広島 31 J1 32 6 5 1 0 0 37 7
通算 タイ T1 247 117 20 11 28 20 295 148
タイ ディビジョン1 6 3 - - 6 3
タイ ディビジョン2 41 22 - - 41 22
スイス 1.リーガ 6 1 - - 6 1
スペイン ラ・リーガ 6 0 - 4 1 10 1
日本 J1 32 6 5 1 0 0 37 7
総通算 338 149 25 12 32 21 395 182
  • 太字はリーグ戦最多数値
出場記録
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2010 ムアントン・U 10 7 1
2011 8 4
2013 5 0
2014 2 0
2016 1 0
2017 7 5
2018 2 0
通算 ACL 32 10

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ムアントン・ユナイテッドFC

代表[編集]

U-23タイ代表
タイ代表
  • T&T Cup:1回 (2008年)

個人[編集]

私生活[編集]

妹のタニーカーン・デーンダーもサッカータイ王国女子代表選手である。

脚注[編集]

  1. ^ 日本語表記は、代表TIMELINE 2010FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選 タイ代表 0-3 日本代表”. 日本サッカー協会 (2008年6月14日). 2015年3月10日閲覧。より。
  2. ^ a b c Teerasil Dangda comes of age”. FIFA.com (2011年11月2日). 2015年3月10日閲覧。(英語)
  3. ^ Jihai to a Grasshopper? Manchester City add Swiss outfit to their global alliance”. Daily Mail (2007年11月16日). 2015年3月10日閲覧。(英語)
  4. ^ Regime change sees City terminate Thais”. ESPN FC (2008年10月16日). 2015年3月10日閲覧。(英語)
  5. ^ Thailand's Teerasil Dangda 'My time at Manchester City made me a better footballer'”. Goal.com (2011年11月4日). 2015年3月10日閲覧。(英語)
  6. ^ シメオネ:「アトレティを踏み台としたくはない”. Goal.com (2013年1月13日). 2013年10月15日閲覧。
  7. ^ Teerasil Dangda vivió en directo su primer partido en el Calderón”. Club Atlético de Madrid (2013年1月13日). 2015年3月10日閲覧。(スペイン語)
  8. ^ El Almería ficha al delantero Teerasil Dangda, la estrella del fútbol asiático”. UDアルメリア公式サイト (2014年2月5日). 2014年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月7日閲覧。
  9. ^ Betis vs Almería resumen, goles y resultado”. MARCA.com (2014年12月5日). 2015年3月10日閲覧。(スペイン語)
  10. ^ ティーラシン選手(ムアントン・ユナイテッドFC)期限付き移籍加入合意のお知らせ”. サンフレッチェ広島 (2017年12月19日). 2017年12月19日閲覧。
  11. ^ タイ人Jリーガー1号!広島ティーラシンが“歴史的”決勝弾スポニチ 2018年2月25日
  12. ^ チャナティップの成功の裏で… 神戸と広島のタイ人2選手に古巣復帰報道football-tribe 2018年11月24日
[ヘルプ]

関連項目[編集]