ティーンスピリット (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ティーンスピリット
Teen Spirit
監督 マックス・ミンゲラ
脚本 マックス・ミンゲラ
製作 フレッド・バーガー
製作総指揮 マックス・ミンゲラ
ジェイミー・ベル
スティーヴ・バーマン
ダン・フィッシャー
デヴィッド・ギャレット
フィル・ハント
ジョン・ジャニック
ブライアン・カヴァナー=ジョーンズ
ミッキー・リデル
アンドリュー・C・ロビンソン
コンプトン・ロス
アンソニー・セイラー
ピート・シレイモン
ジャレッド・アンダーウッド
出演者 エル・ファニング
ズラッコ・ブリッチ
レベッカ・ホール
アグニェシュカ・グロホフスカ
音楽 マリウス・デ・ヴリーズ
撮影 オータム・シャイエン・デュラルド
編集 カム・マクローリン
製作会社 ブランド・テープ
オートマティック・エンターテインメント
インタースコープ・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗LDエンターテインメント,ブリーカー・ストリート
日本の旗KADOKAWA
公開 アメリカ合衆国の旗2019年4月12日(限定公開)
アメリカ合衆国の旗2019年4月19日(拡大公開)
日本の旗2020年1月10日
上映時間 92分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
興行収入 世界の旗$57,473[2]
テンプレートを表示

ティーンスピリット』(原題:Teen Spirit)は2018年に公開された合作のドラマ映画である。監督はマックス・ミンゲラ、主演はエル・ファニングが務めた。本作はミンゲラの映画監督デビュー作となった。

概略[編集]

ヴァイオレット・ヴァレンスキは田舎町に暮らす内気な少女であったが、いつの日にかスター歌手になることを夢見ていた。ヴァイオレットが歌に賭ける情熱は並大抵のものではなかったが、それは単に歌が好きだからというわけではなかった。ヴァイオレットはスターになることで閉鎖的な家庭環境から脱出することを願っていたのである。そんなある日、ヴァイオレットはテレビのオーディション番組に出演することを決意した。

キャスト[編集]

  • エル・ファニング - ヴァイオレット・ヴァレンスキ
  • ズラッコ・ブリッチ - ヴラド
  • レベッカ・ホール - ジュールズ
  • アグニェシュカ・グロホフスカ - マーラ
  • クララ・ルガード - ロキシー
  • ミリー・ブレイディ - アナステイジア
  • オリヴィア・グレイ - リサ
  • ルアリー・オコナー - ケイヤン・スピアーズ
  • アーチー・マデクウィー - ルーク
  • ジョーダン・スティーヴンス - ロロ
  • ウルスラ・ホリデー - ルイーズ

製作[編集]

2017年1月30日、俳優のマックス・ミンゲラが映画監督デビューを果たすと報じられた[3]。2月10日、エル・ファニングが本作に出演することになったとの報道があった[4]。7月11日、本作の主要撮影ロンドンで始まった[5]

公開・興行収入[編集]

2018年9月5日、本作の劇中映像が初めて公開された[6]。6日、ライオンズゲートが本作の全英配給権を購入したと報じられた[7]。7日、本作は第43回トロント国際映画祭でプレミア上映された[8]。8日、LDエンターテインメントが本作をアメリカで配給することになったとの報道があった[9]

2019年4月12日、本作は全米4館で限定公開され、公開初週末に4万3620ドル(1館当たり1万905ドル)を稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場42位となった[10]

評価[編集]

本作は批評家から好意的に評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには84件のレビューがあり、批評家支持率は69%、平均点は10点満点で6.17点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『ティーンスピリット』のストーリーには既視感を覚える。しかし、マックス・ミンゲラ監督は題材とエル・ファニングの好演を上手に結びつけており、それが良い効果をもたらしている。」となっている[11]。また、Metacriticには23件のレビューがあり、加重平均値は57/100となっている[12]

出典[編集]

  1. ^ ティーンスピリット”. 映画.com. 2019年4月21日閲覧。
  2. ^ Teen Spirit”. Box Office Mojo. 2019年4月21日閲覧。
  3. ^ Max Minghella Teams With ‘La La Land’ Producer For Directorial Debut ‘Teen Spirit’ – Berlin”. Deadline.com (2017年1月30日). 2019年4月21日閲覧。
  4. ^ Elle Fanning To Star In Max Minghella’s Directorial Debut ‘Teen Spirit’ — Berlin”. Deadline.com (2017年2月10日). 2019年4月21日閲覧。
  5. ^ BFI Launches Indie Films Commission; ‘Midsomer Murders’ Scores Key Renewals; Max Minghella’s ‘Teen Spirit’ Adds Cast – Global Briefs”. Deadline.com (2017年7月11日). 2019年4月21日閲覧。
  6. ^ ‘Teen Spirit’ First-Look Clip: Toronto Movie About Aspiring Pop Star With Elle Fanning Like You Have Never Seen Her”. Deadline.com (2018年9月5日). 2019年4月21日閲覧。
  7. ^ Toronto-bound Elle Fanning music film 'Teen Spirit' sells out internationally (exclusive)”. Screen Daily (2018年9月6日). 2019年4月21日閲覧。
  8. ^ Toronto unveils Contemporary World Cinema, more Galas and Special Presentations”. Screen Daily (2018年8月14日). 2019年4月21日閲覧。
  9. ^ Toronto: ‘Teen Spirit’ With Elle Fanning Sells to Mickey Liddell”. Variety (2019年9月8日). 2019年4月21日閲覧。
  10. ^ April 12-14, 2019”. Box Office Mojo. 2019年4月21日閲覧。
  11. ^ Teen Spirit”. Rotten Tomatoes. 2019年4月21日閲覧。
  12. ^ Teen Spirit (2019)”. Metacritic. 2019年4月21日閲覧。