ティーンズゴールデンタイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ティーンズゴールデンタイム』は、1989年10月16日から1990年3月29日までフジテレビ平日17:30 - 18:00(JST)に設置されたテレビアニメの放送枠の名称である。

概要[編集]

フジテレビの平日17時枠は長期に渡ってアニメやドラマの再放送枠だったが、1985年4月に開始した『夕やけニャンニャン』がヒット、2年半継続する人気番組となった。だがその後は『桃色学園都市宣言!!』を放送して、その後再放送枠と続いた後、1989年4月から『夕やけニャンニャン』の再来を目指した『田代まさしのパラダイスGoGo!!』(以下、パラGO)を開始するも人気は出なかった。そこで同年10月の改編で『パラGO』を30分番組に縮小し、開いた17:30 - 18:00枠には日替わりのアニメを放送する枠を設置する事にした。

なお『パラGO』は10月2日から同年10月13日までは一旦休止、その間は10月2日から10月9日までは『ギョーカイ君が行く!』、10月10日から10月13日までは『化身』を、それぞれ17:00 - 17:55枠で再放送した。 そのアニメは、金曜のみ土曜19:30から移動した『らんま1/2熱闘編』で、あとの4番組は全て新設のアニメだった。

各地区の放送状況[編集]

番組のスポンサーは基本的に各局ごとのローカルセールスであった。

木曜日『たいむとらぶるトンデケマン!』は関西テレビでは放送されず、KBS京都サンテレビジョンに振り替えて放送した。これは当時、関西テレビローカルで「○爆ワイド」が放送されていたが、金曜日のみ17時-18時の1時間枠での放送であったため、『らんま1/2熱闘編』は木曜日の同じ時間帯にフジなど他系列から見て7日遅れの時差放送としたためであった。

テレビ新広島は17時台を連続ドラマの帯再放送枠に充てていたため、『らんま1/2熱闘編』を後年16時台の帯再放送枠で放送したのみだった。

金曜アニメランド[編集]

だが、わずか半年で『がきデカ』は終了、その上同時期には『パラGO』も終了し、これに伴い、月〜木の16時枠と17時枠の交換で16時枠の1時間ドラマ再放送枠が移動したため、1990年4月からは『らんま1/2熱闘編』は放送枠不変のまま、金曜16:00に『たいむとらぶるトンデケマン!』、同16:30に『まじかるハット』、同17:00に『かりあげクン』がそれぞれ移動し、これらを統一して『金曜アニメランド』(金曜16:00 - 18:00)に変更された。また、一部の地域ではネットされず「ティーンズゴールデンタイム」で一部の作品を打ち切ったケースも多かった。

作品リスト[編集]

曜日 タイトル 製作会社 原作 声の出演 備考
月曜 がきデカ スタジオぎゃろっぷ 山上たつひこ 三ツ矢雄二龍田直樹古谷徹江森浩子勝生真沙子 新設
火曜 かりあげクン 東映動画 植田まさし 塩屋翼野田圭一八奈見乗児大竹宏 新設
水曜 まじかるハット スタジオぴえろ
読売広告社
方倉陽二 伊倉一恵鈴木富子、八奈見乗児、松井菜桜子内海賢二 新設
木曜 たいむとらぶるトンデケマン! FCI INC
フジエイト
葦プロダクション
岡正
(原案)
千葉繁、三ツ矢雄二、佐久間レイ笹岡繁蔵滝口順平 新設
金曜 らんま1/2熱闘編 キティ・フィルム
スタジオディーン
高橋留美子 山口勝平林原めぐみ緒方賢一日高のり子、佐久間レイ 土曜19:30から改題移動

参考資料[編集]

朝日新聞縮刷版

関連項目[編集]

フジテレビ 平日17時台後半枠
前番組 番組名 次番組
パラダイスGoGo!!
(17:00 - 18:00)
※30分縮小して継続
ティーンズゴールデンタイム
君の瞳に恋してる!(再)
(16:00 - 16:55)
番組宣伝
(17:55 - 18:00)
※16:55より移動
【以上 月〜木】
金曜アニメランド
(金16:00 - 18:00)