テイエムサンデー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
テイエムサンデー
品種 サラブレッド
性別
毛色 青鹿毛
生誕 1996年5月15日
死没 2010年4月10日(14歳没)
サンデーサイレンス
サーストンフラッグ
母の父 No Attention
生国 日本北海道浦河町
生産 宮内牧場
馬主 竹園正繼
調教師 福島勝栗東
競走成績
生涯成績 38戦8勝
獲得賞金 2億3402万6000円
テンプレートを表示

テイエムサンデー1996年 - 2010年)とは日本競走馬種牡馬である。中央競馬短距離差し馬として活躍した。

戦績[編集]

馬齢2000年まで旧表記を用いる。

デビューは1999年2月27日、芝1200メートルの4歳新馬戦で7着に敗れる。3月14日の4歳新馬戦でも15着に敗れるが、連闘で出走した3月21日の4歳新馬戦、ダート1200メートルで初勝利を挙げる。昇級戦で13着と大敗し、休養に入る。ここまでは田島裕和が騎乗。

休み明けの10月30日に新人騎手の宇田登志夫騎乗で4歳500万下のダート1200メートルに出走。後方から直線伸びて2着に入る。この脚質転換後、1戦挟んで12月5日の4歳500万下ダート1400メートルで2勝目を挙げる。

2000年に入ってから讃岐特別(4歳900万下)3着、5月6日の高瀬川特別(4歳900万下)で3勝目を挙げる。7か月休養したあとの4歳900万下は4着。

2001年は1月6日の4歳900万下4着のあと、1月27日の大和特別(4歳900万下)で4勝目を挙げる。1600万下に昇級するが、昇級後は8、5、12、3、4、8、10着と苦戦し、5か月の休養に入る。

復帰戦となった2001年11月25日のアンドロメダステークス(1200メートル)が転機となる。休養明けで、それまで芝コースの競走に実績がなく、かつ格上挑戦となった。単勝オッズでは147.1倍の最低人気だったが、直線一気の追い込みで2着に入り大穴を開けると、続く重賞CBC賞でも3着に入る。以降も芝コースの競走にのみ出走した。

2002年に入ると1600万下の条件戦に出走。2、2、4着を経て5月12日に洛陽ステークスを勝利するが、その後は8、10、4、12着に終わる。

2003年、1月12日の新春ステークスを秋山真一郎騎乗で勝利し、7歳でオープン入りを果たすと続くシルクロードステークスを制し、重賞勝利を成し遂げた。G1初挑戦となった高松宮記念では追い込むも届かずビリーヴの4着に敗れる。その後UHB杯を勝利するが、12月21日のCBC賞7着を最後に現役を引退した。

おもな勝ち鞍[編集]

種牡馬成績[編集]

重賞勝利はシルクロードステークスの1勝のみであったが、サンデーサイレンスの直子という血統が買われて、日高軽種馬農協門別種馬場で種牡馬入りした[1]。個人所有のため[1]配合する牝馬に恵まれず産駒数も少なかったが、そのなかからディアヤマト兵庫ジュニアグランプリを制する活躍を見せた。

2010年4月、頸椎の損傷がもとで衰弱し、予後不良と診断され、安楽死処分された[1]

おもな産駒[編集]

血統表[編集]

テイエムサンデー血統サンデーサイレンス系ヘイルトゥリーズン系) / Northern Dancer5×4 9.38% (血統表の出典)

*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
父の父
Halo
1969 黒鹿毛
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
父の母
Wishing Well
1975 鹿毛
Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss

サーストンフラッグ
1990 黒鹿毛
*No Attention
No Attention
1978 鹿毛
Green Dancer Nijinsky
Green Valley
No No Nanette Sovereign Path
Nuclea
母の母
コーナーフラッグ
1985 鹿毛
*ノーザンテースト Northern Dancer
Lady Victoria
シャダイフラッグ ヒッティングアウェー
ヤマニエン F-No.10-a


脚注[編集]

  1. ^ a b c 種牡馬テイエムサンデーが急死” (日本語). トピックス. ケイバブック (2010年4月15日). 2011年7月28日閲覧。