テイラー・トランメル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • テイラー・トラメル
テイラー・トランメル
Taylor Trammell
サンディエゴ・パドレス (マイナー)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ジョージア州コブ郡
生年月日 (1997-09-13) 1997年9月13日(21歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2016年 MLBドラフト1巡目戦力均衡ラウンドA
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

テイラー・ウォルター=リー・トランメルTaylor Walter-Lee Trammell, 英語発音: [ˈteɪlɚ ˈwɔltɚ li ˈtræməl][1]; 1997年9月13日 - )は、 アメリカ合衆国ジョージア州コブ郡出身のプロ野球選手外野手)。左投左打。MLBサンディエゴ・パドレス傘下所属。

経歴[編集]

プロ入りとレッズ傘下時代[編集]

2016年MLBドラフト1巡目戦力均衡ラウンドA(全体35位)でシンシナティ・レッズから指名され[2][3]、プロ入り[4]。契約後、傘下のパイオニアリーグのルーキー級ビリングス・マスタングス英語版でプロデビュー。61試合に出場して打率.303、2本塁打、34打点、24盗塁を記録した。

2017年はA級デイトン・ドラゴンズでプレーし、129試合に出場して打率.281、13本塁打、77打点、41盗塁を記録した。

2018年はA+級デイトナ・トーテュガスでプレーし[5]、110試合に出場して打率.277、8本塁打、41打点、25盗塁を記録した。また、この年はオールスター・フューチャーズゲームのアメリカ合衆国選抜に選出された[6]。オフにはアリゾナ・フォールリーグに参加し、スコッツデール・スコーピオンズに所属した。

2019年は開幕からAA級チャタヌーガ・ルックアウツでプレー。7月にはオールスター・フューチャーズゲームナショナルリーグ選抜に選出された[7]

パドレス傘下時代[編集]

2019年7月30日にレッズ、サンディエゴ・パドレスクリーブランド・インディアンス間の三角トレードの一角として、パドレスへ移籍した[8]

詳細情報[編集]

表彰[編集]

MiLB

記録[編集]

MiLB

脚注[編集]

  1. ^ 英語のIPA発音記号変換(アメリカ英語)”. tophonetics.com. 2019年7月30日閲覧。
  2. ^ ESPN predicts Yankees' 1st pick in MLB draft”. 2016年11月19日閲覧。
  3. ^ MLB.com 2016 Prospect Watch”. 2016年11月19日閲覧。
  4. ^ Reds pick Taylor Trammell No. 35 in Draft”. 2016年11月19日閲覧。
  5. ^ Taylor Trammell Stats, Highlights, Bio - MiLB.com Stats - The Official Site of Minor League Baseball”. MiLB.com. 2018年10月20日閲覧。
  6. ^ Reds' Taylor Trammell hits go-ahead home run, triples, wins All-Star Futures Game MVP”. Cincinnati.com. 2018年12月14日閲覧。
  7. ^ 2019 MLB All-Star Futures Game rosters” (英語). ESPN (2018年7月6日). 2019年8月9日閲覧。
  8. ^ バウアーがレッズ、プイーグはインディアンスへ 大型三角トレード、パドレスは有望株を獲得”. ベースボールチャンネル. 2019年8月9日閲覧。