テイラー・トース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Pix.gif テイラー・トース
Taylor TOTH
Figure skating pictogram.svg
Felicia Zhang Taylor Toth 2010 Trophée Eric Bompard.JPG
2010年エリック・ボンパール杯 SPでのザンとトース
基本情報
代表国: アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日: (1988-07-22) 1988年7月22日(29歳)
出生地: アメリカ合衆国 ピッツバーグ
身長: 180cm
パートナー: キリ・バガ
元パートナー: フェリシア・ザン
カイリー・グリーソン
モリー・アーロン
ミンナ・リー
ローレン・ライアン
コーチ: ジェレミー・アレン
元コーチ: ダグ・ラドレ
ララ・ラドレ
ジェフ・ディグレゴリオ
ロナルド・ルディントン
バーバラ・ロールズ
パム・グレゴリー
振付師: ロヒーン・ワード
元振付師: ダグ・ラドレ
ララ・ラドレ
ティム・マーフィー
イリーナ・ロマノワ
所属クラブ: SC ピッツバーグ
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 128.01 2010 世界Jr.選手権
ショートプログラム: 48.50 2010 世界Jr.選手権
フリースケーティング: 86.55 2010 GPエリック杯

テイラー・トース(英語: Taylor Toth, 1988年7月22日 - )は、アメリカ合衆国出身の男性フィギュアスケート選手(ペア)。パートナーはキリ・バガフェリシア・ザンなど。

2010/2011 ISUグランプリシリーズ出場。

経歴[編集]

1988年アメリカ合衆国ピッツバーグ生まれ。8歳でスケートを始める。

カイリー・グリーソンとペアを組み、全米ジュニアフィギュアスケート選手権で何度か優勝する。後、2004年にモリー・アーロンとのペアを結成、全米フィギュアスケート選手権ノービスクラス4位となり2005/2006 ISUジュニアグランプリに参戦、出場2大会で4位、5位の成績をあげるがまもなくペアを解散する。

2006-07年シーズンにはミンナ・リーとのペアでも全米選手権に進出。またこの頃まで男子シングルでも競技を続ける。全米選手権での本選進出はないものの、大学選手権では2007年に全米チャンピオンとなるが、以降はペア競技に専念する。

2009年にフェリシア・ザンとのペアを結成し、4年ぶりにISUジュニアグランプリに出場。全米選手権ではジュニアクラスで優勝する。2010-11年シーズンにはISUグランプリシリーズ出場を果たす。シーズン終了後、フェリシア・ザンとのパートナーシップを解消した。

2012年3月23日、シングルスケーターのキリ・バガとのペア結成を発表した[1]

主な戦績[編集]

  • 2012-13年シーズンはキリ・バガとのペア
  • 2010-11年シーズンまではフェリシア・ザンとのペア
  • 2006-07年シーズンはミンナ・リーとのペア
  • 2005-06年シーズンまではモリー・アーロンとのペア
大会/年 2004-05 2005-06 2006-07 2009-10 2010-11 2012-13
全米選手権 4 N 7 N 1 J 8
GPスケートアメリカ 7
GPエリック杯 5
チャレンジカップ 6
ネーベルホルン杯 7
世界Jr.選手権 9
JGP B.シュベルター杯 11
JGPトルン杯 6
JGPモントリオール 5
JGPスケートスロバキア 4
  • J - ジュニアクラス、N - ノービスクラス

詳細[編集]

2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年2月21日-24日 2013年チャレンジカップハーグ 6
43.75
4
102.75
6
146.50
2013年1月20日-27日 全米フィギュアスケート選手権オマハ 8
48.13
8
99.95
8
148.08


2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年11月26日-28日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 5
40.93
5
86.55
5
127.48
2010年11月12日-14日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカポートランド 6
48.13
7
78.57
7
126.70
2010年9月23日-24日 2010年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 6
42.33
7
77.02
7
119.35


2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年3月7日-14日 2010年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ハーグ 6
48.50
9
79.51
9
128.01
2010年1月14日-24日 全米フィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(スポケーン 1
57.16
1
96.64
1
153.80
2009年9月30日-10月4日 ISUジュニアグランプリ ブラオエン・シュベルター杯ドレスデン 10
45.43
11
73.07
11
118.50
2009年9月9日-13日 ISUジュニアグランプリ トルン杯トルン 7
41.39
4
82.24
6
123.63


2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年1月21日-28日 全米フィギュアスケート選手権 ノービスクラス(スポケーン 3
42.03
9
64.17
7
106.20


2005-2006 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2005年9月22日-25日 ISUジュニアグランプリ モントリオールモントリオール 3
41.36
5
73.75
5
115.11
2005年9月1日-4日 ISUジュニアグランプリ スケートスロバキアブラチスラヴァ 4
38.51
4
74.20
4
112.71


プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS EX
2013-2014[2] Be Italian 映画『NINE』より
作曲:モーリー・イェストン
振付:ロヒーン・ワード
2012-2013 My Sweet and Tender Beast
作曲:エフゲニー・ドガ
ミュージカル『ラ・マンチャの男』より
作曲:ミッチ・リー
2010-2011 月の光
作曲:クロード・ドビュッシー
ミス・サイゴンラプソディー
作曲:クロード=ミシェル・シェーンベルク
演奏:ボーンマス交響楽団
Orange Colored Sky
ボーカル:ナタリー・コール
2009-2010 チャンバーミュージック
演奏:ロンド・ヴェネチアーノ
ワンダーランド
作曲:マクシム・ムルヴィツァ
クイーンメドレー
ライク・ア・プレイヤー
曲:マドンナ

脚注[編集]

参考文献[編集]