テイルズ オブ クレストリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
テイルズ オブ クレストリア
ジャンル コンピュータRPG
対応機種 iOS / Android
開発元 バンダイナムコスタジオKLab
発売元 バンダイナムコエンターテインメント
プロデューサー 田川智美
音楽 中田ヤスタカ(コンセプトティザー)[1]
美術 藤島康介いのまたむつみ、小林美由紀、奥村大悟
発売日 2019年
テンプレートを表示

テイルズ オブ クレストリア』(TALES OF CRESTORIA、略称:TOC / テイクレ)は、バンダイナムコスタジオ及びKLabが開発し、バンダイナムコエンターテインメントからAndroid及びiOSで2019年配信予定のRPG。ジャンル名は「愛しき咎我人(なかま)と出会うRPG」。

概要[編集]

テイルズ オブ リンク』、『テイルズ オブ アスタリア』、『テイルズ オブ ザ レイズ』と同様にスマートフォンを対応機種とするが、それらがシリーズキャラクターとともに冒険する「追体験」がメインテーマとなっていたのに対し、本作は新規のオリジナルキャラクターによる物語が描かれる[2]。シリーズキャラクターは主人公たちを助ける「キーキャラクター」として登場する。

テーマは「罪」[2]。罪を背負い、その罪を断罪しようとする者達に追われながらも、自分の大切なものの為に生きる者達の物語を描く。

本作のアニメーションムービーは、コンセプトティザーを神風動画が手掛ける[1]

ストーリー[編集]

全ての人間に「ビジョンオーブ」所持が義務付けられた世界。

村を治める修道士を父に持つカナタは、父が運営する孤児院で育った少女ミゼラにほのかな恋心を抱いていた。

だが、運命の夜、ミゼラは悲劇に見舞われる。彼女を救う為にカナタは重大な罪を犯し、ミゼラもまた、彼を救う為に罪を犯す。結果、ビジョンオーブを通じて人々から制裁を受ける事を望まれた二人は、罪の刻印を刻まれた「咎我人(とがびと)」として執行者に追われる事になってしまう。

絶望的な状況の中、二人は世界から忌み嫌われ恐れられる存在「咎我鬼(とがおに)」であるヴィシャスと出会い、「罪に飲まれるか、罪を喰らうか」の選択を迫られる。

この問いかけに、二人は罪を背負って生きていく覚悟を決め、「ブラッドシン」を発現。安息の地を求めて、彼と共に旅をする事になる。

登場キャラクター[編集]

カナタ・ヒューガ (Kanata Hjuger)
- 天崎滉平
男性 / 15歳 / 身長162cm / 1月15日生まれ
本作の主人公。村を治める修道士の一人息子で、弱きものは守らんとする強い正義感の持ち主だが、素直過ぎる言動故に敬遠される事も。
ビジョンオーブの仕組みを信頼していたが、とある事情で自身が罪人になった事で世界の歪さに気付く。
刻印の位置は右の掌、ブラッドシンは「親殺しの剣(ブレイズオイディプス)」。
ミゼラ (Misera)
声 - 石川由依
女性 / 14歳 / 身長155cm / 9月6日生まれ
本作のヒロイン。カナタの父親の修道院で育った孤児で、常に自分を見失わない芯の強さと、カナタを救う為には手段を択ばない危うさを併せ持つ。
カナタと共にヴィシャスに救われ、共に旅立つが、カナタを悪い道に誘おうとする咎我鬼のヴィシャスには強い敵意を向ける。
刻印の位置は左の掌、ブラッドシンは「焼滅の炎(デッドエンドフレア)」。
ヴィシャス (Vicious)
声 - 内田雄馬
男性 / 年齢不詳(外見年齢22歳) / 身長184cm / 5月17日生まれ
「咎我鬼(とがおに)」と呼ばれ、世界から憎まれて恐れられている存在の青年。「自身の好きに生きる」がモットーで、飄々とした性格。
とある場所を探す旅の途中で、咎我人となったカナタとミゼラを救い、旅に同行。二人の助けとなる、特別な力を持っている。
刻印の位置は腹部、ブラッドシンは「終わりなき痛み(エバーペイン)」。
イージス・アルヴァ (Aegis Alver)
声 - 鈴木達央
男性 / 18歳 / 身長172cm / 11月23日生まれ
非の打ち所のない美形騎士で、ミダスメグール王国の若き騎士団長。正しい事を重んじる清廉潔白な性格だが、故に頭が固いところも。
ビジョンオーブに絶対の信頼を置き、罪人となったカナタ達を追い、彼らの前に立ちはだかる。
刻印の位置は左胸、ブラッドシンは「不貫の邪恋(フラジャイルハート)」。
ユナ・アゼッタ (Yuna Azetta)
声 - 佐倉綾音
女性 / 17歳 / 身長163cm / 6月20日生まれ
敏腕ジャーナリストの女性。明るい性格で、ノリですぐ嘘をついたりする。
関西弁のような独特な方言を用いた軽口が絶えずテキトーに見える面もあるが、信条である真実の追求の為なら危険な行為に及ぶ一面も。裏稼業の情報屋としてヴィシャスに協力している。
刻印の位置は舌、ブラッドシンは「絡みつく嘘(ラブ&ライ)」。
オウレン・グランバーグ (Orwin Granberg)
声 - 安元洋貴
男性 / 34歳 / 身長181cm / 4月21日生まれ
気さくな性格のくたびれた男性。常にやる気がなく、基本的にはダメ人間なので生活能力はない。
妻のニーナと10歳になる娘のアウラがいるが、自身は基本的に働いておらず、殆ど妻の働いた金で暮らしている。
刻印の位置は左目、ブラッドシンは「愛故に血で濡れた拳(ロストファミリー)」。

用語[編集]

ビジョンオーブ
舞台となる世界の人間全員に装着が義務付けられている小型の装置。中央の玉は眼球のような模様をしている。
装着者が見た映像を記録し、その映像をビジョンセントラルに転送する。
ビジョンセントラル
ビジョンオーブから送信された映像を映し出す巨大な装置。
街中(主に広場や教会等)に設置されており、この装置が受信した映像を基に、「罪」にあたる可能性のある行為が映されていた場合、人々は映像から得られた情報から有罪か無罪かの判断を行う。
制裁の祈り
「罪」の疑いがある行為について、「罪」にあたる、即ち有罪だと判断した者達がビジョンオーブを通してこれを行う事が出来る。これが一定量に達すると「罪」と認定される。
咎我人(とがびと)
罪の刻印を刻まれた罪人の事。
執行者
咎我人を断罪する者達。
有罪となり、「罪の刻印」が刻まれた咎我人を断罪する為に何処からともなく現れる。咎我人の把握は早く、刻印が刻まれた直後に現れる。
咎我鬼(とがおに)
世界から忌み嫌われ、憎まれる存在。
罪の刻印
制裁の祈りが一定数捧げられた事で、「罪」を認定された者の体の一部に刻まれる刻印。刻まれる位置は罪の内容によって異なる。
ブラッドシンの刻印
咎我人が罪を背負う覚悟を持ち、ヴィシャスによる選定を乗り越えた際に、罪の刻印が変化して刻まれる刻印。形状は人によって異なる。この刻印から出現する魔法陣からブラッドシンを取り出す事が出来る。
ブラッドシン
咎我人が受け入れた罪を自身の血肉に宿し、武器として具現化したもの。ブラッドシンの刻印が発する魔法陣から取り出して使用する。

脚注[編集]

  1. ^ a b バンダイナムコ、スマホ新作「テイルズ オブ クレストリア」事前登録開始”. GAME Watch (2018年9月12日). 2018年9月16日閲覧。
  2. ^ a b 週刊ファミ通』2018年9月27日号、KADOKAWA、2018年、58頁。