テクノシティ浦和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
太陽生命浦和ビル
住友生命浦和テクノシティビル

テクノシティ浦和(てくのしてぃうらわ)は、埼玉県さいたま市浦和区に所在する3棟の低層オフィスビルからなる業務エリア。

概要[編集]

大京が開発主体となり、新潟鉄工所浦和工場[1] 跡地に1990年(平成2年)から1991年(平成3年)[2] にかけてオフィスビルライオンズテクノシティ浦和 A・B・C街区」が竣工。合わせて浦和市によってさいたま市立常盤北小学校が開校された。

金融機関の勘定系システムを収容するシステムセンター・後方事務用途のビルとして開発されたため、部外者立ち入りを制限できるよう敷地の外周は柵で囲われたり、ビルに窓が無い一面があるという特徴がある。計画当初は埼玉銀行太陽神戸銀行の電算センターが入居していたが、2002年までに主幹機能は郊外(あさひ銀行下野市さくら銀行大和市)の新拠点へ移転しており、跡地はシステムインテグレーターのオフィスやデータセンターとして使われている。

A街区の西側は中央区(旧与野市新中里と接している。周辺は住宅街であり、新中里側は低層住宅地となっているが、南北は分譲マンションや埼玉県営浦和高層住宅団地が建ち並んでいる。

北側市道と接する場所に設置されている街区標識は竣工当初の「ライオンズテクノシティ浦和」のまま残されている。なお、近接地の北浦和駅西口にビル所有の陽栄や太陽生命保険の親密先である旧太陽神戸銀行北浦和支店が存在したが、現三井住友銀行発足直前の2001年2月に浦和支店へ統合された。三井住友銀行のATMコーナーは与野駅西口に旧住友銀行時代から存在するものの、北浦和では支店撤退以降設置されていない。

施設[編集]

A街区
  • さくら浦和ビル - さくら銀行の電算業務の拠点として建設。6階建、現在は賃貸オフィス。所有者は旧太陽銀行の不動産会社である株式会社陽栄ホールディング。
    • AGS
    • AGSビジネスコンピューター
    • AGSプロサービス
    • ローデ・シュワルツ・ジャパン サービスセンター[3]
    • りそな決済サービス
    • さくらビルサービス
B街区

T&D保険グループのシステム・契約保全関連機能を集約させている。

  • 太陽生命保険浦和ビル
    • 太陽生命保険 お客様サービス部
    • T&D情報システム本社
    • T&Dカスタマーサービス本社
C街区

賃貸オフィスとして非IT系の企業・公共団体がテナント入居している。

周辺[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 新都市開発 28巻 6号 1990-04
  2. ^ 浦和市史 通史編
  3. ^ サービスセンターのご紹介