テゴマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
テゴマス
別名 Tegomass
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2006年11月23日[1] - 2020年6月19日
レーベル ジャニーズ・エンタテイメント
事務所 ジャニーズ事務所
メンバー 手越祐也
増田貴久

テゴマス英語: Tegomass)は、かつて存在した日本のヴォーカルユニットNEWSの派生ユニットである。所属芸能事務所ジャニーズ事務所。所属レコード会社ジャニーズ・エンタテイメントスウェーデンではTegomass名義で活動を行っていた。

メンバー[ソースを編集]

概要[ソースを編集]

NEWSのメンバーでもある、手越祐也増田貴久によるヴォーカルユニット。ユニット名はデビューを機に、2人の名字「手越(テゴシ)」「増田(マスダ)」から2文字ずつ取り、「テゴマス (Tegomass)」と名付けられた。

ジャニーズJr.時代から2人で歌う機会を得るようになる[2]。NEWSが結成されてからは、アルバム『touch』に収録されている「ずっと」、DVD『NEWSニッポン0304』に収録されている「ありがとう・今」などのオリジナル曲を発表しており、を重視したコンビとして活動していた[3]

2006年11月、もともとマステゴと呼ばれていたが[要出典]「Tegomass」としてシングル『Miso Soup』をスウェーデンで発売。ジャニーズ事務所としては初の試みである欧州先行デビューとなった[4]。これは、NEWSがスウェーデンの作曲家チームから『紅く燃ゆる太陽』『サヤエンドウ』『夢の数だけ愛が生まれる』などの楽曲の提供を受けていたことと、同じくスウェーデンの作曲家チームによる作品である修二と彰青春アミーゴ』がスウェーデン国内でも好反応を得たことがきっかけとなって、現地のレコード会社「スカンジナビアソングス」(レーベル「HAWK RECORDS」)がジャニーズ事務所側にスウェーデン進出を打診したためである[1][4]。歌唱力も考慮された[4]

2020年6月19日付で手越祐也がジャニーズ事務所との専属契約を解除およびNEWSから脱退したため、事実上の解散となった[5]

来歴[ソースを編集]

2006年11月15日、スウェーデンで「Tegomass」としてシングル「Miso Soup」でデビュー[6]。11月13日から17日まで現地でプロモーション活動を行い、マスメディア14社からの取材に応じた[4]。発売日当日にストックホルム市内で行ったイベントでは500人を動員し[4]、その様子は現地の大手新聞『ダーゲンス・ニュヘテル』でも取り上げられる[7]。現地では音楽業界の関係者を招いたパーティーも開き[8]、デビューシングルのタイトルにならって味噌汁を振る舞った[2]

2006年12月20日、日本で「テゴマス」としてシングル「ミソスープ」でデビュー。オリコンシングルチャートで1位を記録する[6]

2007年3月、『第38回春の高校バレー全国大会』スペシャルサポーターに就任する[9]同時期に行っていたNEWSのコンサートツアーの合間をぬいながら、同大会を取り扱うテレビ番組『若さでアタック!第38回春の高校バレー』(フジテレビ系)に出演。試合会場であるさいたまスーパーアリーナへ足を運び試合を観戦したほか、デジタルカメラで選手の様子を撮影し、「マルイチカラのキセキ」というコーナーで紹介した。また、初日の開会式の入場行進では出場校の名前を全て読み上げた[要出典]。5月16日、テレビアニメ『ラブ★コン』(TBS系)のテーマ曲が収録された「キッス〜帰り道のラブソング〜」を発売する。6月16日、台湾の音楽祭「金曲奨」に日本代表のプレゼンターとして出演し、「ミソスープ」など2曲を披露。翌17日、台北市内の野外ステージでライブを行った。

2008年6月18日、シングル「アイアイ傘」をリリース。

2009年7月8日、シングル「七夕祭り」をリリース。7月15日、ファーストアルバム『テゴマスのうた』リリース。7月22日からテゴマス初のライブツアー『テゴマス1stLIVE テゴマスのうた♪』が行われた。

2010年4月21日、ミニアルバム『テゴマスのあい』をリリース。5月1日からセカンドライブツアー『テゴマス 2ndライブ テゴマスのあい♥』が行われた。8月19日、神宮外苑花火大会に出演し[10]国立競技場のオープニングアクトを務める。日本国内では初の屋外ライブとなった[要出典]

2011年2月16日、シングル「青いベンチ」をリリース。同曲は男性デュオ、サスケの2004年に発売したヒット曲をカバーしたものである[9]。8月6日、神宮外苑花火大会に近藤真彦滝沢秀明らと出演。10月19日、アルバム『テゴマスのまほう』をリリース。10月22日からサードライブツアー『3rdライブ テゴマスのまほう★』が行なわれた。

2012年10月6日、『テレビ朝日ドリームフェスティバル2012』に出演。

2013年3月6日、シングル「サヨナラにさよなら」をリリース。5月22日、シングル「猫中毒」をリリース。

2014年1月22日、アルバム『テゴマスの青春』をリリース。2月15日からフォースライブツアー『テゴマス 4thライブ テゴマスの青春』が行われた。

手越の活動自粛、そして事務所退社・活動終了[ソースを編集]

2020年5月26日、手越の活動自粛が発表された。なお、テゴマスのレギュラー番組である『テゴマスのらじお』(MBSラジオ)は手越不出演のまま番組名を変えずに継続され[11]、27日の放送では急遽、NEWSのメンバーの小山慶一郎加藤シゲアキが出演した[12]

手越が、6月19日付でジャニーズ事務所との専属契約を合意解除したことにより[13]、同ユニットとしての活動は事実上終了となった[5]。番組名を変えず継続されていた『テゴマスのらじお』も、7月1日放送分より『ますますらじお』に番組名が変更された[14]

作品[ソースを編集]

タイアップジャニーズ タイアップ一覧を参照。

シングル[ソースを編集]

  1. ミソスープ(2006年)- 1位[6]
  2. キッス〜帰り道のラブソング〜(2007年5月16日)- 2位
  3. アイアイ傘(2008年6月18日)- 1位
  4. 七夕祭り(2009年7月8日)- 1位
  5. 青いベンチ(2011年2月16日)- 2位
  6. サヨナラにさよなら(2013年3月6日)- 2位
  7. 猫中毒(2013年5月22日)- 2位

アルバム[ソースを編集]

  1. テゴマスのうた(2009年7月15日)- 1位
  2. テゴマスのあい(2010年4月21日)- 2位 ※ミニアルバム
  3. テゴマスのまほう(2011年10月19日)- 1位
  4. テゴマスの青春(2014年1月22日)- 2位

映像作品[ソースを編集]

  1. テゴマス 1st LIVE TOUR 2009〜テゴマスのうた〜(2010年1月20日)
  2. テゴマス 2nd ライブ テゴマスのあい♥(2011年5月11日)
  3. テゴマス 3rd ライブ テゴマスのまほう★(2012年4月25日)
  4. テゴマス 4thライブ テゴマスの青春(2015年5月13日)

出演[ソースを編集]

テレビ番組[ソースを編集]

  • 若さでアタック! 第38回春の高校バレー(2007年3月19日 - 3月25日、フジテレビ

ラジオ番組[ソースを編集]

  • テゴマスのらじお(2011年10月26日 - 2020年6月24日、MBSラジオ) - 2020年6月19日に手越祐也がジャニーズ事務所を退所して番組を降り、増田単独での『ますますらじお』として、7月1日に再出発[15]

CM[ソースを編集]

イベント[ソースを編集]

コンサート[ソースを編集]

  1. テゴマスのうた♪(2009年7月22日 ‐ 8月20日、大阪城ホール国立代々木競技場仙台サンプラザホール・広島ALSOKホール・北海道厚生年金会館福岡サンパレス
  2. テゴマスのあい♥(2010年5月1日 ‐ 8月1日、大阪城ホール・さっぽろ芸術文化の館新潟県民会館秋田県民会館日本ガイシホール広島市文化交流会館仙台サンプラザホール岩手県民会館郡山市民文化センター国立代々木競技場第一体育館・アルファあなぶきホール長野市民会館鹿児島市民文化ホール佐賀市文化会館・国立代々木競技場第一体育館 [追加公演] )
  3. テゴマスのまほう★(2011年10月22日 - 12月28日)
  4. テゴマスの青春(2014年2月15日 - 4月24日、横浜アリーナ 他)[16]

連載[ソースを編集]

  • ますてご(2006年1月19日 - 3月31日、Johnny's Web)
  • テゴ+マス=☆(2007年5月2日 - 6月3日、Johnny's Web)
  • テゴマスのひび♪(2009年7月22日 - 、Johnny's Web)

脚注[ソースを編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d “「NEWS」手越、増田で新ユニット”. Sponichi Annex. (2006年11月23日). オリジナルの2019年7月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070220071220/https://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2005jya/KFullNormal20061123030.html 
  2. ^ a b 三沢千晶(Text)「ARTIST INTERVIEW」『oricon style 2006 No.49-1373』、オリコン・エンタテインメント、2006年。
  3. ^ 「Holy Night with Miso Soup!」『Duet』2007年1月号、ホーム社、2006年。
  4. ^ a b c d e “NEWS手越&増田、スウェーデンでお先にデビュー…ジャニーズ初、欧州先行発売”. スポーツ報知. (2006年11月23日). オリジナルの2007年1月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070101115804/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20061123-OHT1T00055.htm 2016年7月14日閲覧。 
  5. ^ a b 手越祐也、ジャニーズ事務所と契約終了 NEWSは3人で活動継続へ「グループ及び個人での活動に精進」”. ORICON NEWS. オリコン (2020年6月19日). 2020年6月19日閲覧。
  6. ^ a b c ジャニーズの新ユニット、テゴマスの「ミソスープ」が初登場1位!!”. ORICON STYLE (2006年12月26日). 2016年8月18日閲覧。
  7. ^ Proper popduo pa pr-partyDagens Nyheter、2006年11月17日。(参照: 2006年11月18日)
  8. ^ Tegomass15日スウェーデンデビュー、リリースパーティBeatguide Sweden、2006年11月20日。(参照: 2007年5月21日)
  9. ^ a b テゴマス、今日デビュー10周年 “ミソスープ”でデビューにファンも「衝撃」”. モデルプレス. ネットネイティブ (2016年11月15日). 2019年12月25日閲覧。
  10. ^ a b “近藤真彦、テゴマスらと熱唱”. デイリースポーツonline. (2010年8月20日). オリジナルの2010年9月14日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100914033131/http:/daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2010/08/20/0003339495.shtml 2019年12月25日閲覧。 
  11. ^ “手越祐也のレギュラー「テゴマスのらじお」は番組名そのままに増田貴久とアシスタントの2人で継続。”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年5月26日). オリジナルの2020年5月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200526055232/https://hochi.news/articles/20200526-OHT1T50083.html 2020年5月26日閲覧。 
  12. ^ NEWS小山慶一郎&加藤シゲアキ『テゴマスのらじお』緊急出演”. ORICON NEWS. オリコン (2020年5月27日). 2020年6月19日閲覧。
  13. ^ 所属タレント手越祐也に関するご報告”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2020年6月19日). 2020年6月19日閲覧。
  14. ^ “「テゴマスのらじお」 番組名「ますますらじお」に変更し再スタート”. Spnichi Annex. (2020年6月25日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/06/25/kiji/20200625s00041000216000c.html 2020年7月2日閲覧。 
  15. ^ “解散テゴマス…NEWS・増田貴久が「ますますらじお」で再出発「いろんなことがありまして1人減りました」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年7月1日). https://hochi.news/articles/20200701-OHT1T50385.html 2020年7月2日閲覧。 
  16. ^ “テゴマス 1万5000人の前でマイクなし熱唱”. Sponichi Annex. (2014年3月29日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/03/29/kiji/K20140329007868950.html 2016年8月18日閲覧。