テックビューロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

テックビューロ株式会社は、かつて存在した日本仮想通貨業界大手のひとつ[1]

テックビューロ株式会社
Tech Bureau, Corp.
種類 株式会社
本社所在地 550-0004
大阪府大阪市西区靱本町1丁目5番18号ミフネ本町ビル10F
設立 2014年6月16日
業種 ソフトウェアベンダー、ITサービス提供
法人番号 1120001184556
事業内容 暗号通貨技術とブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアとサービスを開発提供するクリプト・フィンテック・ラボ(Crypto-Fintech Lab.)
代表者 朝山貴生
資本金 4億2058万2000円(2017年03月31日時点)[2]
純利益 ▲2億4971万8000円(2017年03月31日時点)[2]
総資産 11億6401万4000円(2017年03月31日時点)[2]
決算期 3月
主要株主 朝山 貴生 76.5%
日本テクノロジーベンチャーパートナーズCC投資事業組合 16.5%
朝山 道央 4.1%
(2016年4月27日時点)
外部リンク http://techbureau.jp
特記事項:登録仮想通貨交換業者
近畿財務局長 登録番号00002号
テンプレートを表示

概要[編集]

2017年9月29日に、改正資金決済法 第六十三条の二に規定される仮想通貨交換業者としての登録(近畿財務局長 登録番号00002号)を完了し、正式な仮想通貨交換業者としての営業を開始した。暗号通貨技術とブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアとサービスを開発し提供していた。ブロックチェーン技術導入の関連サービスや、受託開発、及びコンサルティングサービスを提供していた。2019年8月22日に仮想通貨交換業者を廃業することを発表した。仮想通貨交換業者が登録を返上し、廃業するのは初のケースとなる[3]

  • 仮想通貨取引所「Zaif」を運営していた[1]
  • プライベート・ブロックチェーン製品「mijin」を開発・販売・サポート提供していた。
  • トークンの発行販売を用いた資金調達「ICO(=Initial Coin Offering)」と、各種ブロックチェーン技術の導入を同時に実施できる総合型のブロックチェーン・ソリューション「COMSA」を提供していた。

沿革[編集]

提供していたサービス[編集]

  • Zaif 取引所

仮想通貨取引所

  • mijin

プライベート・ブロックチェーン製品

  • COMSA

トークンの発行販売を用いた資金調達「ICO(=Initial Coin Offering)」と、各種ブロックチェーン技術の導入を同時に実施できる総合型のブロックチェーン・ソリューション

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c 須藤龍也、山口博敬 (2018年9月22日). “ネットと常時接続、70億円分流出招く Zaif、管理態勢に疑問”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 9 
  2. ^ a b c テックビューロ株式会社 第3期決算公告
  3. ^ a b データを読む テックビューロ、仮想通貨交換業の登録業者では初の廃業へ東京商工リサーチ 2019年8月22日
  4. ^ “ビットコインがMasterCard店舗やATMで利用可能に--テックビューロ”. ZDNET Japan. (2017年4月14日15:49). https://japan.zdnet.com/article/35099811/ 2018年2月6日閲覧。 
  5. ^ a b 小島寛明 (2017年10月4日06:30). “ICOプラットフォームCOMSAで騒動、テックビューロとCAMPFIREが決裂”. Business InsiderJapan. https://www.businessinsider.jp/post-105510 2018年2月6日閲覧。 
  6. ^ “武宮誠の立場の明確化について” (プレスリリース), NEM.io foundation, (2017年4月25日), https://blog.nem.io/jp-makoto-takemiya-our-clarification/ 2017年4月25日閲覧。 
  7. ^ Akio Hoshi (2017年9月7日). “テックビューロがジャフコらから16億円調達、「VCとICOは共存する」”. TechCrunch. http://jp.techcrunch.com/2017/09/07/techhbureau-raises-1-6b-yen/ 2018年2月6日閲覧。 
  8. ^ Akio Hoshi (2017年10月3日). “ブロックチェーン技術mijinをジビエ食肉トレーサビリティに採用、試験運用を開始”. TechCrunch. http://jp.techcrunch.com/2017/10/03/blockchain-traces-gibier/ 2018年2月6日閲覧。 
  9. ^ “タイムバンクがテックビューロ社のCOMSAでのICOを合意、早ければ年内に実施を予定”. jiji.com 時事ドットコムニュース. (2017年11月6日10:01). https://www.jiji.com/jc/article?k=000000076.000012906&g=prt 2-18-02-06閲覧。 [リンク切れ]
  10. ^ 山川晶之 (2018年1月11日17:48). “仮想通貨取引所「Zaif」に不正アクセス--10人が不正出金される”. cnet Japan 編集部. https://japan.cnet.com/article/35113028/ 2018年2月5日閲覧。 
  11. ^ ソル (2017年12月17日14:01:30). “仮想通貨取引所『Zaif』に740万円くらい預けていたら残高が40万円に 社長が登場「そんな取引見当たらない」”. ゴゴ通信. 2018年2月6日閲覧。
  12. ^ ニコニコニュース (2018年1月10日17:34). “仮想通貨取引所『Zaif』の不正出金被害が続出 警察も連絡が取れない状態”. 株式会社ドワンゴ. 2018年2月6日閲覧。
  13. ^ “仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)運営のテックビューロ、セキュリティ対策室設置”. VenterTimes. (2018年2月2日). http://venturetimes.jp/cryptocurrency/c-exchange/zaif/32550.html 2018年2月5日閲覧。 
  14. ^ “金融庁、2社への立ち入りに着手=仮想通貨取引所、順次対象を拡大”. 時事ドットコム. (2018年2月9日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2018020900356&g=eco 2018年2月9日閲覧。 [リンク切れ]
  15. ^ Zaif、不正アクセスでビットコインなど約70億円相当流出
  16. ^ 株式会社フィスコ仮想通貨取引所への事業譲渡完了のお知らせ

広報資料・プレスリリースなど一次資料[編集]

  1. ^ 会社概要 | Zaif Exchange
  2. ^ ビットコイン取引所『Zaif Exchange』が初月度の取引額で1.3億円を達成ー利用の45.6%はモバイル端末から」『Zaif Exchange』。2018年6月24日閲覧。
  3. ^ “テックビューロ、ベルギー地方自治体の行政サービスにおけるブロックチェーン適用実験に「mijin®」を提供” (プレスリリース), PR TIMES, (2017年3月1日08:00), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000054.000012906.html 
  4. ^ 洪(ホン)(株式会社CAMPFIRE); 藤田(テックビューロ株式会社) (2017年3月27日), “テックビューロが仮想通貨取引所システムをCAMPFIREへOEM提供開始” (プレスリリース), テックビューロ株式会社, https://corp.zaif.jp/info/4103/ 2018年2月6日閲覧。 
  5. ^ “テックビューロのZaifとマネパカードが連携し、 ビットコインが世界中の店舗やATMで利用可能に” (プレスリリース), PR TIMES × The Bridge, (2017年4月14日), http://thebridge.jp/prtimes/218654 2018年2月7日閲覧。 
  6. ^ “メディアにおけるNEM、ドラゴンフライ及びテックビューロに関する虚偽情報の訂正について” (プレスリリース), テックビューロ株式会社, (2017年4月25日), http://techbureau.jp/353.html 2019年2月6日閲覧。 
  7. ^ “Makoto Takemiya - Our Clarification” (プレスリリース), NEM.io foundation, (2017年4月25日), https://blog.nem.io/makoto-takemiya-our-clarification/ 2018年2月6日閲覧。 
  8. ^ “テックビューロ代表の朝山貴生がNEM.io財団の理事に就任いたしました。” (プレスリリース), テックビューロ株式会社, (2017年6月5日), http://techbureau.jp/375.html 2018年2月6日閲覧。 
  9. ^ Council Members - nem foundation”. 2018年2月6日閲覧。
  10. ^ fujita (2017年8月1日), “『セイノー アクセラレーター 2017』が、74の応募社からmijin®ブロックチェーンを採択。実証実験へ。” (プレスリリース), テックビューロ株式会社, http://mijin.io/ja/917.html 2018年2月6日閲覧。 
  11. ^ “「セイノー アクセラレーター 2017」が、74の応募社からmijin®ブロックチェーンを採択。実証実験へ。 テックビューロは74社の総エントリーの中から最終選考を通過。” (プレスリリース), PR TIMES, https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000059.000012906.html 2018年2月6日閲覧。 
  12. ^ “テックビューロが、エネルギー分野でブロックチェーンの活用を検討する実証実験にmijin®を提供。” (プレスリリース), PR TIMES, (2017年8月2日13:00), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000060.000012906.html 2018年2月6日閲覧。 
  13. ^ “テックビューロが仮想通貨を使った資金調達用ICOソリューション『COMSA』を発表「COMSA」に続いて「プレミアムウォーターホールディングス」と「CAMPFIRE」もICOを実施予定。” (プレスリリース), (2017年8月3日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000061.000012906.html 2018年2月6日閲覧。 
  14. ^ “NTVP、フィスコ、ABBALabのファンドが日本初となる仮想通貨とICOトークンへの直接投資を開始XEMなどの新興仮想通貨やテックビューロ社のICO案件トークンにも直接投資” (プレスリリース), (2017年8月10日08:00), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000063.000012906.html 2018年2月6日閲覧。 
  15. ^ “ブロックチェーンを活用した不動産情報共有・利用実証実験を、LIFULL、CAICA、テックビューロの3社で開始mijin(R)ブロックチェーンを用いてPoCを実施” (プレスリリース), PR TIMES, (2017年8月24日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000064.000012906.html 2017年8月26日閲覧。 
  16. ^ “ICOソリューションと仮想通貨取引所を提供するテックビューロがジャフコとインフォテリアから総額約16億円の資金を調達 – 経営基盤とZaif取引所運営体制を拡大し、mijinブロックチェーンの世界展開を本格的に開始 –” (プレスリリース), テックビューロ株式会社, (2017年9月7日), https://comsa.io/ja/53812.html 2018年2月6日閲覧。 
  17. ^ fujita (2017年10月3日), “日本初!ジビエ食肉流通トレーサビリティにmijinブロックチェーンを本採用 – ブロックチェーン技術の非改ざん性を活用し、加工地から消費地まで情報の真正性を追跡可能に –” (プレスリリース), テックビューロ株式会社, http://mijin.io/ja/985.html 2018年2月6日閲覧。 
  18. ^ “テックビューロが新生銀行とオウケイウェイヴから8,750万円の資金を調達し、銀行から直接投資を受けた国内初の仮想通貨取引所運営・ICOソリューション企業に - ブロックチェーン関連企業としても、銀行からの直接投資は国内初” (プレスリリース), テックビューロ株式会社, (2017年11月2日), http://techbureau.jp/419.html 2018年2月5日閲覧。 
  19. ^ “テックビューロとLooop、クリプトマイニングジャパンが仮想通貨採掘事業に関する業務提携とICOの実施計画を発表3社のリソースとノウハウを融合し、世界に通用する高収益性のマイニング事業を実現” (プレスリリース), PR TIMES, (2017年11月2日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000074.000012906.html 2018年2月6日閲覧。 
  20. ^ “テックビューロがブロックチェーン製品『mijin』の新バージョン『2.0 Catapult』のクローズドβテストプログラムを開始 製品のオープンソース化に向けて、テスト利用者を募集開始” (プレスリリース), PR TIMES, (2017年11月6日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000077.000012906.html 2018年2月6日閲覧。 
  21. ^ “テックビューロが新インセンティブ制度を導入 - 上乗せで給与の30%に相当する仮想通貨やトークンを付与 - 従業員のリテラシー向上と、仮想通貨・トークンの普及を目指して” (プレスリリース), テックビューロ株式会社, (2017年12月27日), http://techbureau.jp/454.html 2018年2月5日閲覧。 
  22. ^ 仮想通貨取引所 『Zaif』 (2018年1月10日), “1月6日から7日未明にかけて発生したAPIキーの不正利用、および1月9日に報告された不正アクセスおよび不正出金に関するご報告” (プレスリリース), テックビューロ, https://corp.zaif.jp/info/8265/ 2018年2月5日閲覧。 
  23. ^ “COMSAプラットフォームの事業化に向けた態勢整備の強化について仮想通貨交換業者によるICOプラットフォームのビジネスモデルの確立を目指して態勢整備の強化” (プレスリリース), PR TIMES, (2018年2月3日) 
  24. ^ “世界初!mijinとHyperledger Fabricを連携。ジャパンネット銀行とテックビューロが、契約書締結過程でのブロックチェーン適用を検証開始。 ペーパーレスおよび業務効率化を目的とし、ブロックチェーン技術の有効性を検証” (プレスリリース), PR TIMES, (2018年2月6日08:00), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000082.000012906.html 2018年2月6日閲覧。