テッド・クルズースキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • テッド・クルゼウスキー
テッド・クルズースキー
Ted Kluszewski
Ted Kluszewski 1954.png
レッドレッグスでの現役時代(1954年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 イリノイ州クック郡サミット英語版
生年月日 (1924-09-10) 1924年9月10日
没年月日 (1988-03-29) 1988年3月29日(63歳没)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手
プロ入り 1945年
初出場 1947年4月18日
最終出場 1961年10月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • シンシナティ・レッズ (1970 - 1978)

セオドア・バーナード・クルズースキーTheodore Bernard Kluszewski, 1924年9月10日 - 1988年3月29日)は、アメリカ合衆国イリノイ州クック郡サミット英語版出身の元プロ野球選手一塁手)、野球指導者。左投左打。愛称はビッグ・クルBig Klu)。

メディアによっては「クルゼウスキー」と表記されることもある。

経歴[編集]

現役時代[編集]

インディアナ大学時代はフットボールの選手だった。1945年第二次世界大戦によるアメリカ国内の旅行制限で温暖な地を使用できなかったシンシナティ・レッズが同大学でキャンプを張った際にグラウンドキーパーのアルバイトとして居合わせ、打撃練習に参加して素質を認められたのがきっかけで入団した。

1947年4月18日にメジャーデビューすると、翌1948年一塁手のレギュラーとなった。丸太のような太い腕を持つ外見の通りパワーが売りで、1953年から1955年にかけて3年連続で40本塁打以上を放った。特に1954年は、打率.326(ナショナルリーグ5位)、49本塁打、141打点の成績を残し、二冠王に輝いた。また、パワーだけでなく、打率3割も7回記録(1952年からは5年連続)の上に三振も1955年の40個が最多と確実性も兼ね揃えていた。さらに一塁の守備も卓越しており、1951年から5年連続でナショナルリーグの一塁手では最高の守備率を記録していた。

1957年に椎間板を痛め、翌1958年以降はピッツバーグ・パイレーツシカゴ・ホワイトソックスロサンゼルス・エンゼルスの3球団を渡り歩いた。

ホワイトソックスでは1959年ロサンゼルス・ドジャースとのワールドシリーズでの活躍が目立ち、第1戦に2本塁打、5打点、シリーズ通算で打率.391、3本塁打、10打点と打ちまくった[1]

エンゼルスには1960年オフのエクスパンションドラフトで指名されてからの移籍だった。1961年4月11日、記念すべきエンゼルス球団としての初陣となるボルチモア・オリオールズとの開幕戦では「4番・一塁手」として先発起用され、2本塁打を放った[2]。この年限りで引退した。

引退後[編集]

引退後はレストランと野球学校の経営に力を入れていたが、1969年にマイナー球団の打撃インストラクターとしてレッズに復帰した。1969年からはレッズのコーチとなり、1978年まで務めた。1979年からは再びレッズの傘下マイナー球団の打撃インストラクターに戻り、1986年まで務めた。1988年3月29日に63歳で死去。

1998年1月18日にレッズは、クルズースキーが着けていた背番号『18』をフランク・ロビンソンの『20』、ジョー・モーガンの『8』と共に永久欠番に指定した[3]

人物[編集]

ピークだった1950年代中盤、クルズースキーは自分でユニフォームの袖部分を切り、ノースリーブのユニフォームを着用して話題となっていた(190cm、110kgという体躯を誇ったクルズースキーにとってユニフォームの袖は窮屈でしかなく、袖のあるユニフォームだと強烈なバット・スウィングの際、あまりの力で袖がちぎれてしまうことがあって邪魔となってしまうため)[4][5]

1956年、レッズはチーム単位でノースリーブのユニフォームを採用した。これは看板選手であるクルズースキーの盛り上がった筋肉を見せるため[3]という説もある。

詳細情報[編集]

獲得タイトル[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 20(1947年 - 1948年途中)
  • 18(1948年途中 - 1957年、1970年 - 1978年)
  • 3(1958年 - 1959年途中)
  • 8(1959年途中 - 1960年)
  • 15(1961年)

脚注[編集]

  1. ^ 出野哲也 『改訂新版 メジャー・リーグ人名事典』 言視舎、2013年、170頁。ISBN 978-4-905369-67-7。
  2. ^ Los Angeles Angels at Baltimore Orioles Box Score, April 11, 1961” (英語). Baseball-Reference.com. 2018年11月25日閲覧。
  3. ^ a b 「球団別永久欠番物語 第8回 シンシナティ・レッズ」『月刊メジャー・リーグ』 2001年3月号 ベースボール・マガジン社 75頁
  4. ^ 「各球団ユニフォーム変遷史 第10回 シンシナティ・レッズ 今も続くCの中にREDSと入れた胸マーク」『月刊メジャー・リーグ』 2001年6月号 ベースボール・マガジン社 42頁
  5. ^ 綱島理友「シンシナティ・レッズ」『綱島理友のアメリカン・ベースボール徹底攻略ブック』 ベースボール・マガジン社、2015年、雑誌 978-4-583-10814-8 、81頁。

関連項目[編集]