テュネスとシェール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
テュネス
シェール

テュネスとシェールドイツ語: Tünnes und Schäl)はドイツケルン市人形劇の登場人物で、ケルンの人たちの話にしばしば出て来る。テュネスは太った農民風、シェールは細身の市民風で登場する。

もともと1803年にテュネスが人形劇で登場し、それに対抗する人形劇でシェールが登場した。ケルンの聖マルティン大教会(en:Great St. Martin Church, Cologne)前に二人の記念碑がある。 [1]

参照項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ケルンのみどころ:聖マルティン大教会