テュービンゲン大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

テュービンゲン大学

テュービンゲン大学Eberhard-Karls-Universität Tübingen)は、ドイツテュービンゲンにある総合大学。

概要

1477年に創設されたテュービンゲン大学の前身テュービンゲン神学校は、17世紀から19世紀を通じてルター派正統神学の拠点であった。近郊にベーベンハウゼン修道院をもつ。街の至る所に大学施設がおかれているが、中心となる施設はかつて城のあった小高い高台にある。テュービンゲンで最も歴史のあるギムナジウムは、ケプラーを記念して、ヨハネス・ケプラー・ギムナジウムと名づけられている。大学広場に面した書店は、かつて無名時代のヘルマン・ヘッセが店員をしていたことで知られる。

代表的人物

  • ヨハネス・ケプラー
    16世紀後半から17世紀前半にかけての天文学者。テュービンゲン大学で数学を学んだ。天体運行に関するケプラーの法則で知られる。
  • フリードリヒ・シェリング
    18世紀後半から19世紀前半にかけての哲学者。ドイツ観念論の代表的な哲学者で、「人間的自由の本質」などで知られる。
  • ゲオルク・ヘーゲル
    18世紀後半から19世紀前半にかけての哲学者。シェリングと同時期に活躍した哲学者で、ドイツ観念論の大成者とされることが多い。「精神現象学」などの作品で知られる。
  • ヘルダーリン
    シェリング、ヘーゲルと同時期にテュービンゲン大学で学んだ詩人。
  • カール・バルト
    20世紀最大の神学者の一人で、テュービンゲン大学で学んでいる。「ローマ書」「教会教義学」などで知られる。
ウィキメディア・コモンズ

今日は何の日(7月21日

もっと見る

「テュービンゲン大学」のQ&A