テューペロ地域空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
テューペロ地域空港
Tupelo Regional Airport
IATA: TUP - ICAO: KTUP
概要
国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
所在地 ミシシッピ州テューペロ
種類 公共用
所有者 Tupelo Airport Authority
標高 105 m (346 ft)
座標 北緯34度16分05秒 西経88度46分12秒 / 北緯34.26806度 西経88.77000度 / 34.26806; -88.77000座標: 北緯34度16分05秒 西経88度46分12秒 / 北緯34.26806度 西経88.77000度 / 34.26806; -88.77000
公式サイト www.FlyTupelo.com
地図
ミシシッピ州の空港位置図
ミシシッピ州の空港位置図
TUP
ミシシッピ州の空港位置図
ミシシッピ州の空港位置図
TUP
ミシシッピ州の空港位置図
滑走路
方向 長さ (m) 表面
18/36 1,982 アスファルト
統計(2011年)
発着回数 50,916回
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

テューペロ地域空港(テューペロ・リージョナル空港、: Tupelo Regional Airport)は、アメリカ合衆国ミシシッピ州リー郡テューペロの中央ビジネス地区から3マイル(6キロ)西に位置する公共利用の空港である。[1] テューペロ空港局が所有している。[1]

連邦航空局(FAA)の記録によると、空港は2008年に15,985旅客の搭乗(旅客輸送量)、[2] 2009年は 13,319 旅客輸送量、2010年は 12,749 旅客輸送量を記録した。[3]

また、2011年から2015年までの、主な商用サービス 空港(1年当たり10,000人を超える旅客輸送量)として分類される、アメリカ国家空港整備計画 NPIAS( National Plan of Integrated Airport Systems )に含まれる。 [4]

同じアメリカのモハーヴェ空港と同様、飛行機の墓場として廃棄予定の航空機が多数保管されている。2014年4月16日には、日本の航空会社が国内での旅客運航を行った最後のボーイング747(JA8961)(2014年3月31日、沖縄発羽田行のNH126便[5])がNH9432便としてアンカレッジ経由で同空港へ回送された。

設備と飛行機[編集]

テューペロ地域空港は、1061エーカー(429ヘクタール)の面積をカバーし、平均海抜346フィート(105メートル)の標高である。 6,502×150フィート(1,982×46メートル)、アスファルト塗装、磁方位 18/36 の滑走路1本を有する。[1]

2011年12月31日までの12ヶ月間で、50,916 機、一日あたり平均139機の運航が行われた。56%がゼネラル・アビエーション、38%が軍事航空、6%がエアタクシーであった。 また、68機の機体が本空港をベースにしていた。35%が単発機、22%が双発機、9%がジェット機、3%がヘリコプター、そして31%が軍用機であった。[1]

航空会社および就航地[編集]

次の航空会社が定期航空輸送を提供している:

航空会社就航地
シルバー・エアウェイズ アトランタ, ワシントン郡 (ミシシッピ州)[6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e FAA Airport Master Record for TUP (Form 5010 PDF). Federal Aviation Administration. Effective April 5, 2012.
  2. ^ Enplanements for CY 2008 (PDF, 1.0 MB)”. CY 2008 Passenger Boarding and All-Cargo Data. Federal Aviation Administration (2009年12月18日). 2013年2月11日閲覧。
  3. ^ Enplanements for CY 2010 (PDF, 189 KB)”. CY 2010 Passenger Boarding and All-Cargo Data. Federal Aviation Administration (2011年10月4日). 2013年2月11日閲覧。
  4. ^ 2011–2015 NPIAS Report, Appendix A (PDF, 2.03 MB)”. National Plan of Integrated Airport Systems. Federal Aviation Administration (2010年10月4日). 2013年2月11日閲覧。
  5. ^ ANA発行の紙の時刻表(2014.3.30~5.31運航分)の上では、「773」による運用となっており、この日のみの運用である。紙の時刻表に則った定期便運用は、同年3月29日の那覇-羽田線のNH136便が最後となった。
  6. ^ Silver Airways begins online ticket sales”. djournal.com. Daily Journal. 2013年2月11日閲覧。

FAA Terminal Procedures for TUP - 2020年8月13日現在有効