テラゾシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
テラゾシン
Terazosin.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
販売名 Hytrin
Drugs.com monograph
MedlinePlus a693046
法的規制
投与方法 経口
薬物動態データ
血漿タンパク結合 90-94%
半減期 12 hours
識別
CAS番号
63590-64-7 チェック
ATCコード G04CA03 (WHO)
PubChem CID: 5401
IUPHAR/BPS 7302
DrugBank DB01162 チェック
ChemSpider 5208 チェック
UNII 8L5014XET7 チェック
KEGG D08569  チェック
ChEBI CHEBI:9445 チェック
ChEMBL CHEMBL611 チェック
別名 [4-(4-amino-6,7-dimethoxy-quinazolin-2-yl)piperazin-1-yl]-tetrahydrofuran-2-yl-methanone
化学的データ
化学式 C19H25N5O4
分子量 387.433 g/mol

テラゾシン(Terazosin)は交感神経α1受容体遮断薬で、前立腺肥大症[1]の治療に使用する。また、血圧を下げる効果もあるため、高血圧[1]と前立腺肥大症を併発している場合に有効である。商品名ハイトラシン、バソメット。

テラゾシンは、アドレナリン膀胱血管平滑筋に作用するのをブロックする。

よく見られる副作用は、めまい、ねむけ、頭痛、便秘、食欲不振、だるさ、鼻づまり、目のかわきであるが、通常は2~3日服用を続けると解消される。

処方開始時は、少量の服用から開始して、初回投与効果を避けることが重要である。

効能・効果[編集]

  1. 本態性高血圧症,腎性高血圧症,褐色細胞腫による高血圧症[1]
  2. 前立腺肥大症に伴う排尿障害[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d ハイトラシン錠0.25mg/0.5mg/1mg/2mg 添付文書” (2015年11月). 2016年8月4日閲覧。