テリー・クック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
テリー・クック Football pictogram.svg
Cooke2.jpg
名前
本名 Terence John Cooke
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1976-08-05) 1976年8月5日(42歳)
出身地 イングランドの旗 マーストン・グリーン
身長 170cm
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
ユース
-1995 マンチェスター・ユナイテッド
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1995-1999 マンチェスター・ユナイテッド 4 (0)
1996 サンダーランド (loan) 6 (0)
1996 バーミンガム・シティ (loan) 3 (0)
1998-1999 レクサム (loan) 10 (0)
1999 マンチェスター・シティ (loan) 17 (5)
1999-2002 マンチェスター・シティ 20 (2)
2000 ウィガン (loan) 10 (1)
2000 シェフィールド・ウェンズデイ (loan) 13 (1)
2000-2001 シェフィールド・ウェンズデイ 4 (0)
2002 グリムズビー・タウン (loan) 3 (1)
2002-2003 グリムズビー・タウン 25 (0)
2003-2004 シェフィールド・ウェンズデイ 23 (2)
2005-2009 コロラド・ラピッズ 106 (4)
2009-2010 ノースクイーンズランド・フューリー 10 (1)
2010-2011 ガバラ 12 (1)
通算 266 (18)
1. 国内リーグ戦に限る。2011年6月13日現在。
2. 2011年6月13日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

テリー・クック(Terence John "Terry" Cooke, 1976年8月5日 - )は、イングランド出身の元サッカー選手。U-21イングランド代表として4試合に出場した攻撃的ミッドフィールダー。イングランドのほか、アメリカオーストラリアアゼルバイジャンでプレーした経験を持つ。

経歴[編集]

マンチェスター・ユナイテッド[編集]

1976年8月5日、テリー・クックはバーミンガム近郊のマーストン・グリーンに生まれ、バーミンガム・シティのサポーターとして育った。ユース期をマンチェスター・ユナイテッドの下部組織で過ごし、1994-95シーズンのFAユースカップには背番号10をつけて出場している。この時のチームキャプテンは後にイングランド代表となるフィリップ・ネヴィルで、ユナイテッドは決勝でスティーヴン・カー擁するトッテナムをPK戦の末に破り優勝した。同年代でユース期を過ごした選手には、フィルの兄であるガリー・ネヴィルポール・スコールズライアン・ギグスニッキー・バット、そしてデビッド・ベッカムがいる。

翌1995-96シーズン、クックはフィル・ネヴィルと共にトップチームでの出場機会を掴む。彼はデビュー戦となった1995年9月のプレミアリーグボルトン・ワンダラーズ戦で、ライアン・ギグスの得点をアシストするクロスを送っている[1]。同年10月のリーグカップヨーク・シティ戦ではトップチームでの初得点を記録した。1996年にはU-21イングランド代表にも招集された。

マンチェスター・シティ[編集]

しかしクックのユナイテッドでのキャリアは、僅かリーグ戦4試合の出場に終わる。彼が主戦場としていた中盤の右サイドには、常にデビッド・ベッカムの存在があり、1996年にはサンダーランドバーミンガム・シティへレンタル移籍で放出された。1997年には膝の故障でシーズンを棒に振り、復帰後の1998年にはディヴィジョン2(3部相当)に所属していたレクサムへレンタルで放出された。1999年には同じくディヴィジョン2の地元のライバル、マンチェスター・シティへ再びレンタルで放出され、同年3月に100万ポンドの移籍金で買い取られた[2]。彼はシティのディヴィジョン1(2部相当)昇格に貢献するが、翌1999-2000シーズンにクラブがプレミアリーグ昇格を決めた頃にはチーム内での立ち位置を失っていた。

2000年からはレンタル移籍でウィガンシェフィールド・ウェンズデイグリムズビー・タウンといった下部リーグのクラブを渡り歩いた。2002-03シーズンはそのままディヴィジョン1のグリムズビー・タウンへ籍を移すが、クラブは最下位でディヴィジョン2降格が決まった。翌2003-04シーズンはディヴィジョン2のシェフィールド・ウェンズデイと契約するも、1シーズン限りで退団した。

コロラド・ラピッズ[編集]

2005年から4年半の間は、アメリカMLSコロラド・ラピッズに在籍した。2008年4月のロサンゼルス・ギャラクシーとのリーグ開幕戦ではデビッド・ベッカムとの再会を果たした。彼はこの試合1得点2アシストの活躍で4対0の大勝に大きく貢献、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれている[3]。コロラドでは主力としてリーグ戦106試合に出場、2006年シーズンにはリーグ最多となる12アシストを記録[4]したが、2009年にアバディーンから移籍してきた元スコットランド代表ジェイミー・スミスの加入によってその座を追われ、シーズン途中に退団した。

クックはその後、シアトル・サウンダーズノッティンガム・フォレストのトライアルを受けるが、いずれも契約には至らなかった[5]

オーストラリア、アゼルバイジャン[編集]

2009-10シーズン途中、クックは故障したイングランド人ミッドフィールダー、ジェイムス・ロビンソンの代役として、オーストラリアAリーグノースクイーンズランド・フューリーと契約した。フューリーでは主に途中出場で10試合に出場、2010年2月13日の第27節ゴールドコースト・ユナイテッド戦で初得点を記録するが、これが彼のオーストラリアでの最後の出場となった。同年7月25日、フューリーはクックを放出した。

2010-11シーズンは、元イングランド代表のトニー・アダムス率いるアゼルバイジャンガバラでプレー。12試合に出場して1得点を挙げたが、同シーズン限りで退団した。

個人成績[編集]

クラブ シーズン リーグ リーグ カップ リーグ杯 国際大会 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
マンチェスター・ユナイテッド 1995–96 プレミア 4 0 0 0 3 1 1 0 8 1
サンダーランド 6 0 0 0 0 0 - 6 0
バーミンガム・シティ 1996-97 1部 3 0 0 0 0 0 - 3 0
マンチェスター・ユナイテッド 1997–98 プレミア 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
レクサム 1998-99 2部 10 0 0 0 0 0 - 10 0
マンチェスター・シティ 21 7 0 0 0 0 - 21 7
1999-00 1部 16 0 0 0 3 1 - 19 1
ウィガン 2部 10 1 0 0 0 0 - 10 1
シェフィールド・ウェンズデイ 2000-01 1部 17 1 0 0 0 0 - 17 1
マンチェスター・シティ 2001-02 0 0 0 0 0 0 - 0 0
グリムズビー・タウン 3 1 0 0 0 0 - 3 1
2002-03 25 0 2 1 1 0 - 28 1
シェフィールド・ウェンズデイ 2003-04 2部 23 2 1 0 1 0 - 25 2
コロラド・ラピッズ 2005 MLS 20 2 0 0 - - 20 2
2006 23 0 0 0 - - 23 0
2007 29 0 0 0 - - 29 0
2008 24 1 0 0 - - 24 1
2009 10 1 0 0 - - 10 1
ノースクイーンズランド・フューリー 2009-10 Aリーグ 10 1 0 0 - - 10 1
ガバラ 2010-11 プレミア 12 1 0 0 - - 12 1

脚注[編集]

  1. ^ Adam Aspinall (2011年5月29日). “Terry Cooke: Solihull's forgotten Manchester United star”. Sunday Mercury. 2011年6月12日閲覧。
  2. ^ Terry Cooke, Football Stats”. Soccer Base. 2011年6月12日閲覧。
  3. ^ Match report Colorado Rapids - Los Angeles Galaxy, 29.03.2008”. transfermarkt.co.uk. 2011年6月12日閲覧。
  4. ^ 2006 Rapids Season in Review”. Colorado Rapids. 2011年6月12日閲覧。
  5. ^ Aidan Ormond (2009年11月13日). “Fergie Casts Eye Over MLS Player”. Australian FourFourTwo. 2011年6月12日閲覧。