テリー・ディッシンガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
テリー・ディッシンガー
Terry Dischinger
Terry Dischinger.png
引退
ポジション(現役時) スモールフォワード
身長(現役時) 201cm (6 ft 7 in)
体重(現役時) 86kg (190 lb)
基本情報
本名 Terry Gilbert Dischinger
ラテン文字 Terry Dischinger
誕生日 (1940-11-14) 1940年11月14日(77歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 インディアナ州テレホート
ドラフト 1962年 2巡目全体8位 
選手経歴
1958-1962
1962-1964
1964-1972
1972-1973
パデュー大学
ゼファーズ/ブレッツ
デトロイト・ピストンズ
ポートランド・トレイルブレイザーズ

テリー・ディッシンガーTerry Dischinger, 1940年11月14日 - )はアメリカ合衆国の元バスケットボール選手。インディアナ州テレポート出身。1960年ローマオリンピックではアメリカ代表として金メダルを獲得し、プロリーグNBAでは新人王に選ばれた経歴を持つ。

学生キャリア[編集]

テリー・ディッシンガーことテリー・ギルバート・ディッシンガーはガーフィールド高校時代はバスケット選手として1958年の州のMVP、オールスターズに選ばれ、また野球選手、アメリカンフットーボール選手としても才能を発揮し、州のオールチームにも選出された。野球ではベーブ・ルースリーグ・ワールドチャンピオンシップ優勝チームのメンバーでもあった。

パデュー大学ではカレッジバスケのスター選手として活躍。1960年から3年連続でビッグ・テン・カンファレンスの得点王に輝き、AP通信選出のオールアメリカ1stチームにも2年連続で選ばれた。1960年ローマオリンピックではアメリカ代表に選ばれ、先発メンバーとして活躍し、金メダルを獲得した。

NBAキャリア[編集]

ゼファーズ/ブレッツ

大学卒業後、1962年のNBAドラフトで全体8位指名を受けてシカゴ・ゼファーズに入団。ディッシンガーはルーキーイヤーから華々しい活躍をみせ、25.5得点8.0リバウンドを記録。ルーキーにしてオールスターにも出場し、新人王にも選ばれた。このシーズンの後にゼファーズはシカゴからボルティモアに本拠地を移し、ボルティモア・ブレッツとなった。新天地では成績を落としたものの、20.8得点8.3リバウンドと高水準の数字を維持した。

ピストンズ

ブレッツ(ゼファーズ)では2シーズンのみプレイし、1964-65シーズンにはデトロイト・ピストンズに移籍した。ブレッツは誕生して間もないチームだったために若手のディッシンガーにも多くの活躍の場を与えられたが、より選手層の厚いピストンズではディッシンガーの得点機会は減り、このシーズンの得点アベレージは初めて20得点を割り、18.2得点6.0リバウンドの成績だったが、それでもチームのリーディングスコアラーだった。

しかしこのシーズン終了後に、ディッシンガーは2年間の兵役に就くことになった。結果的にこの2年間が、ディッシンガーのスター選手としての地位を奪うことになった。

兵役を終え、1967-68シーズンにピストンズに戻るが、彼が不在の間にピストンズの陣容は様変わりし、デイブ・ビンというスコアラーが新エースの座に着いており、復帰後直の成績は13.1得点6.2リバウンドと彼にしては平凡な数字だった。翌シーズンには8.8得点と得点アベレージは一桁台にまで落ち込むも、その分シュート精度は上昇し、ディッシンガーはこのシーズンから当時のフォワードの選手としては異例と言えるフィールドゴール50%以上を4シーズン連続で記録した。

かつての輝きは取り戻せなかったものの、ディッシンガーはピストンズで計6シーズンを過ごし、1971-72シーズン中にはコーチ交代劇に伴い、2試合だけ選手兼コーチとなっている。

ディッシンガーはピストンズからポートランド・トレイルブレイザーズに移籍した1972-73シーズンを最後に、現役から引退した。NBA通算成績は9シーズン652試合の出場で、9012得点3646リバウンド、平均13.8得点5.6リバウンド、フィールドゴール成功率50.6%だった。

その他・主な業績[編集]

引退後のディッシンガーは歯科医となり、顎の整形外科と歯列矯正の権威として知られている。

  • テリー・ディッシンガー --- 略歴と生涯成績 --- NBA (英語),Basketball-Reference (英語)