テリー・ロジアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
テリー・ロジーア
Terry Rozier
Terry Rozier G6 2017 Playoffs.jpg
ボストン・セルティックスでのロジアー (2017年)
シャーロット・ホーネッツ  No.3
ポジション PG
背番号 3
身長 185 cm (6 ft 1 in)
体重 86kg (190 lb)
ウィングスパン 203cm  (6 ft 8 in)[1]
シューズ プーマ
基本情報
本名 Terry William Rozier III
ラテン文字 Terry Rozier
誕生日 (1994-03-17) 1994年3月17日(25歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オハイオ州の旗 オハイオ州ヤングスタウン
出身 ルイビル大学
ドラフト 2015年 18位 
選手経歴
2015-2019
2019-
ボストン・セルティックス
シャーロット・ホーネッツ

テリー・ロジアー (Terry William Rozier III , 1994年3月17日 - )は、アメリカ合衆国オハイオ州ヤングスタウン出身のバスケットボール選手。NBAシャーロット・ホーネッツに所属している。ポジションはポイントガード

来歴[編集]

ボストン・セルティックス[編集]

ルイビル大学時代にスター選手として活躍。1年生時の2013-14シーズンにAACのオールルーキーチームに選出。翌2014-15シーズンは平均17.1得点を記録するなど成長したロジアーは、2015年4月に2015年のNBAドラフトアーリーエントリーを表明[2]。全体16位でボストン・セルティックスから指名された[3]

ルーキーシーズンとなった2015-16シーズンは、プロのレベルに苦しみ、Dリーグ行きを命じられるなど、39試合の出場で平均1.8得点に止まったが、プレーオフ1回戦のアトランタ・ホークス戦でエイブリー・ブラッドリーが膝を負傷した辺りから出場機会が増え、平均4.8得点を記録した。

2016-17シーズンアイザイア・トーマスの控えとして、74試合で平均17.1分の出場で、5.5得点3.1リバウンド1.8アシスト0.6スティールなどを記録。

2018年1月31日に行われたニューヨーク・ニックス戦でキャリア初先発、キャリア初トリプルダブルを同時に達成した。セルティックスの103-73での勝利に貢献したロジアーは、負傷欠場のカイリー・アービングの代わりに先発出場し、17得点、11リバウンド、10アシストを記録した。キャリア初先発でトリプル・ダブルを記録するのは、2013年11月13日にトニー・ローテンが記録して以来、NBA史上2度目の事となった[4]。2日後の2月2日に行われたアトランタ・ホークス戦で2試合連続で先発した。この試合でロジアーはキャリアハイとなる31得点を記録、試合はセルティックスが119-110で勝利した[5]。2018年3月25日に行われたサクラメント・キングス戦でキャリア・ハイとなる33得点を記録、試合はセルティックスが104-93で勝利した[6]。2017-18シーズンのプレーオフ1回戦、対ミルウォーキー・バックスの第2戦で23得点を記録、試合は120-106で勝利した[7]。第7戦で26得点を記録、試合は112-96で勝利しセルティックスが4勝3敗で1回戦を勝利した[8]

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2015–16 BOS 39 0 8.0 .274 .222 .800 1.6 .9 .2 .0 .5 1.8
2016–17 74 0 17.1 .367 .318 .773 3.1 1.8 .6 .1 .6 5.5
2017–18 80 16 25.9 .395 .381 .772 4.7 2.9 1.0 .2 1.0 11.3
通算:3年 193 16 18.9 .377 .355 .773 3.5 2.1 .7 .2 .8 7.2

プレーオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2016 BOS 5 0 19.8 .391 .364 1.000 3.4 1.2 .2 .6 .4 4.8
2017 17 0 16.3 .402 .368 .800 2.6 1.9 .6 .2 .6 5.6
2018 19 19 36.6 .406 .347 .821 5.3 5.7 1.3 .3 1.2 16.5
出場:3回 41 19 26.1 .404 .352 .821 3.9 3.6 .9 .3 .8 10.6

脚注[編集]

  1. ^ Terry-Rozier”. draftexpress.com (2015年). 2017年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  2. ^ Harrell, Rozier leaving Louisville
  3. ^ Celtics Select Rozier, Hunter, Mickey and Thornton in 2015 Draft
  4. ^ Rozier's triple-double helps Celtics rout Knicks 103-73” (英語). ESPN.com. ESPN (2018年2月1日). 2018年2月4日閲覧。
  5. ^ Logan Mullen (2018年2月2日). “Celtics Wrap: Terry Rozier Drops Career-High 31 Points, C’s Beat Hawks 119-110” (英語). nesn.com. 2018年2月4日閲覧。
  6. ^ Rozier scores 33 as Celtics roll past Kings, 104-93” (英語). ESPN.com. ESPN (2018年3月25日). 2018年3月26日閲覧。
  7. ^ Brown scores 30, Celtics roll to 120-106 win over Bucks” (英語). ESPN.com (2018年4月17日). 2018年4月18日閲覧。
  8. ^ Celtics beat Bucks 112-96 in Game 7, advance to play 76ers” (英語). ESPN.com (2018年4月28日). 2018年4月30日閲覧。
[ヘルプ]