ゲートウォーク地下街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゲートウォーク
GateWalk
店舗概要
所在地 愛知県名古屋市中村区名駅
開業日 1976年11月[1]
施設所有者 ジェイアールセントラルビル
施設管理者 ジェイアールセントラルビル
延床面積 7,228 m²[1]
商業施設面積 2,013 m²[1]
店舗数 28店[2](2011年12月現在)
最寄駅 名古屋駅
外部リンク ゲートウォーク

ゲートウォーク(Gate Walk)は名古屋駅周辺の地下街の1つ。名古屋駅桜通口側、JRセントラルタワーズ前にある駅前広場地下に設けられている。旧称「テルミナ地下街」。

概要[編集]

名古屋ターミナルビルの建設に併せて設けられた地下街であり、1976年昭和51年)11月に開業した[1]JR東海子会社の名古屋ターミナルビル株式会社が所有・運営を行っていたが、JR東海の子会社再編実施により2010年平成22年)4月以降はジェイアールセントラルビル株式会社が運営を行っている。

ゲートウォーク(旧名称:テルミナ地下街)は、東側を地下鉄東山線名古屋駅(名駅通の地下)に沿って設けられたメイチカと接している。西側は新幹線地下街エスカに繋がる地下街であるファッションワンと接する形となっているが、ゲートウォーク地下街とは地下部分では高島屋地下階を経由して12番出口を10段ほど降りた踊り場でしか接続しておらず、実質的に直接の往来はできない構造となっている。南側には名鉄名古屋駅近鉄名古屋駅名鉄バスセンターなどと連絡するフードターミナルがある[3]

テルミナ地下街はかつては名古屋ターミナルビルと一体的に運営されており、ターミナルビル7階にあったレストラン街は「テルミナ味の街」と呼ばれていたが、ターミナルビルの建て替えに伴い閉鎖されている。

名古屋ターミナルビルの建て替えによって誕生するJRゲートタワーに直接繋がる地下街としての認識度を高める狙いで、2015年7月17日より名称を「ゲートウォーク(Gate Walk)」と改称した。

類似名称の商業施設[編集]

「テルミナ地下街」時代は、東京のJR錦糸町の駅ビルも同じ「テルミナ」を称していたが、元国鉄保有地に立つ駅前商業施設同士であるものの、国鉄分割民営化後においては、営業上も資本上も無関係である。

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c d 地下街について(事業向け情報)”. 名古屋市 (2011年12月22日). 2011年12月30日閲覧。
  2. ^ フロアマップ”. テルミナ (2011年2月10日). 2011年12月30日閲覧。
  3. ^ 名駅の地下街”. 名駅ドットコム. 2011年12月30日閲覧。
[ヘルプ]