テルモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
テルモ株式会社
TERUMO CORPORATION
Terumo.svg
Thermo.jpg
幡ヶ谷オフィス(本社)
種類 株式会社
機関設計 監査等委員会設置会社[1]
市場情報
本社所在地 151-0072
東京都渋谷区幡ヶ谷二丁目44番1号
設立 1921年大正10年)9月
(赤線検温器株式会社)
業種 精密機器
法人番号 3011001015116 ウィキデータを編集
事業内容 注射器注射針カテーテル人工心肺体温計・腹膜透析システム・血糖測定ステム・診断薬・臨床検査用品・血圧計などの医療機器、医薬品、栄養食品、プレフィルドシリンジ(医薬品充填済み注射器)等の製造・販売
代表者 三村孝仁代表取締役会長
佐藤慎次郎(代表取締役社長CEO)
資本金 387億16百万円
(2020年3月31日現在)
発行済株式総数 7億5952万1040株
(2020年3月31日現在)
売上高 連結:6288億9700万円
(2020年3月期)
営業利益 連結:1106億1100万円
(2020年3月期)
純利益 連結:852億1100万円
(2020年3月期)
純資産 連結:7548億8300万円
(2020年3月31日現在)
総資産 連結:1兆2413億5500万円
(2020年3月31日現在)
従業員数 連結:26,448名
単体:5,086名
(2020年3月末現在)
決算期 3月31日
会計監査人 有限責任あずさ監査法人[1]
主要株主 日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 15.96%
主要子会社 テルモヨーロッパNV
テルモアメリカスホールディング, Inc.など
関係する人物 阿久津哲造(元社長)
和地孝(元社長)
高橋晃(元社長)
外部リンク https://www.terumo.co.jp/
テンプレートを表示

テルモ株式会社(英: TERUMO CORPORATION)は、東京都渋谷区幡ヶ谷に本社を置く日本の大手医療機器メーカー。「医療を通じて社会に貢献する」という企業理念のもと、医療機器以外に医薬品や栄養食品も手掛ける1921年設立の100年企業。

一般には体温計が有名だが、テルモ全体の売上において体温計が占める割合は1%未満。[2][3] テルモは、良質な体温計の国産化に始まり、現在は、カテーテル治療、心臓外科手術、薬剤投与、糖尿病管理、腹膜透析、輸血や細胞治療などに関する幅広い製品・サービスを提供。160以上の国と地域で事業を展開している。[4]

日本初のディスポーザブル(単回使用)注射器・輸血バッグ、世界初の多孔質ホローファイバー(中空糸)型人工肺、世界一細いインスリン用注射針など、世界初・日本初のオンリーワン製品を数多く開発・販売。[5] また、市場シェアが高い製品も多く、世界ではカテーテル治療に使用する「ガイドワイヤ」[6][7]、心臓外科手術で使用する人工肺[8][9]献血で使用する成分採血システム[10]、日本では点滴関連のシリンジポンプ輸液ポンプ[11][12]・注射器・点滴チューブ・輸液製剤、測定機器の血糖測定器・体温計などが挙げられる。

2018年10月にTOPIX Large70に組み入れられるなど株式市場での評価も高く、グローバルの医療機器市場で海外競合に伍する日本メーカーとして、オリンパスと双璧をなす。[13]

なお通称は「テルモ」だが、「株式会社テルモ」という無関係の別企業が存在する。[14]

歴史[5][15][編集]

テルモの歴史は大きく4つに区分できる。体温計の専業時代、感染防止目的からディスポーザブル製品に業容を拡大した時代、医療の進化・低侵襲化に合わせて人工肺やカテーテル製品に領域を拡大した時代、海外企業の買収でグローバル化を加速させた時代である。

体温計の時代(1921~1962)[編集]

テルモは、第一次世界大戦の影響で輸入が途絶えた良質な体温計を国産化するために、北里柴三郎をはじめとする医師らが発起人となり、1921年に設立された。

第一次世界大戦が勃発した1914年頃、日本では輸入に大きく頼っていた体温計が不足。技術者の竹内英二は「竹内テルモ製作所」で体温計の製造販売をしていたが、同事業は資金的に行き詰まり、知人であり東京医師会(現: 東京都医師会)会長の笹川三男三(ささがわみおぞう)に援助を求めた。医師の間に良質の体温計を望む声が強いことを知る笹川は、竹内の事業を中心とした会社の設立を進めた。その後の1921年9月17日、大日本医師会(現: 日本医師会)会長の北里柴三郎が設立総会の議長を務め、笹川を初代社長として、テルモ株式会社(当時社名「赤線検温器株式会社」)が誕生。[16] 社名「テルモ」の由来は、ドイツ語で体温計を意味するThermometer (テルモメーター)から。

なお、上述のとおり、1921年以前も日本で体温計は製造されていたため、「体温計を初めて国産化した」は誤り。

ディスポーザブル製品への業容拡大(1963~1981)[編集]

設立から40年間、体温計専業だったテルモは、1963年に日本初のディスポーザブル注射器を発売し、業容を拡大した。1958年、感染症対策に効果的なディスポーザブル注射器の開発を開始。注射器本体だけではなく、熱に弱いプラスチックの滅菌が可能な新たな低温ガス滅菌法、ガスは通し菌は通さない包装材の開発なども行った。ディスポーザブル注射器は、当初は「もったいない」意識から普及が遅れるも、1970年頃から大病院でも導入され、普及が進んだ。

注射器以外にも、1964年に日本初のディスポーザブル注射針、1969年に日本初の血液保存液入り血液バッグ、1972年に日本初のソフトバッグ入り輸液剤、1977年にホローファイバー型人工腎臓(ダイアライザー)、1980年に日本初のソフトバッグ入り高カロリー輸液用基本液「ハイカリック」と、数多くのディスポーザブル製品を世に送り出した。

なお、1974年に現社名のテルモ株式会社に商号を変更している。

心臓治療領域への参入(1982~1998)[編集]

1982年に、世界初の多孔質ホローファイバー型人工肺「キャピオックスII」を発売。1985年には、血管造影用カテーテルシステムの1つである「ラジフォーカス ガイドワイヤ」を発売。それぞれの発売により、心臓外科手術と心臓カテーテル治療分野に参入することになった。

また、心臓治療領域ではないが、1983年の電子体温計、1988年の腹膜透析システム「キャプディール」、1989年の世界初の消化態栄養剤「エンテルード」、1989年のプラスチック製真空採血管「ベノジェクト」、1993年の血糖測定器「メディエース」、1995年の経皮的補助循環システム(PCPS: ECMOの一種)、1998年の医薬品同梱注射針「K-Pack II」など、現在の基盤となる製品もこの時代に多く発売された。

なお、祖業の製品であるガラス式体温計は水銀の環境影響が考慮され、1985年、その生産に幕を閉じた。

グローバル企業へ(1999~)[編集]

テルモは、1971年のテルモアメリカ社とテルモヨーロッパ社を皮切りに複数の海外子会社を設立していたが、1999年以降、以下の4つに代表されるクロスボーダー買収で、急速にグローバル化を加速。

  • 1999年 - 米国3M社から人工心肺事業を譲受し、テルモ・カーディオバスキュラー・システムズ社を設立
  • 2002年 - 人工血管の製造販売会社である英国バスクテック社がテルモグループへ
  • 2006年 - 脳血管内治療デバイスの製造販売会社である米国マイクロベンション社がテルモグループへ
  • 2011年 - 血液・細胞テクノロジー分野の世界的企業である米国カリディアンBCT社がテルモグループへ

これら以外にも10近い海外企業・事業の買収を重ねてきたこともあり、100社に及ぶテルモの連結子会社は9割以上が海外法人で、それぞれ独自の歴史と企業文化を持っている。[17] このような状況下で、2019年4月には企業理念体系を整理し、世界中の社員をつなぐ共通の価値観である「コアバリューズ」を新たに制定した。[18]

一方で既存事業でも、白血球除去フィルター付き血液バッグ「イムフレックス」、国産初の冠動脈ステント・薬剤溶出型ステント(DES)、プレフィルドシリンジ(薬剤充填済み注射器)、クローズド輸液システム「シュアプラグ」、高カロリー輸液用総合ビタミン・糖・アミノ酸・電解質液「フルカリック」、世界一細いインスリン用注射針「ナノパスニードル」、通信機能付バイタルサイン測定機器シリーズ「HRジョイント」、日本初のスプレー式癒着防止材「アドスプレー」、日本初のパッチ式インスリンポンプ「メディセーフウィズ」などを発売。

テルモは、買収だけではなく、既存事業の成長と、買収先と既存事業のコラボレーションによる付加価値創出で拡大を続けるグローバル企業になろうとしている。[19][20][21]

COVID-19影響と関連製品[編集]

2019年に発生した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のテルモへの業績影響と関連製品は以下のとおり。

業績影響[編集]

テルモは「コロナ銘柄」として業績拡大すると誤解されがち[22][23][24][25]だが、新型コロナウイルス感染症は、テルモ全体に対して売上・利益共にマイナス影響を与える。2020年8月6日公表「2021年3月期通期連結業績予想に関するお知らせ」[26]では、「全社として、売上収益と各段階の利益を押し下げる要因」と説明され、2021年2月4日公表の通期業績予想においても減収減益(売上-5%、純利益-12%)の見通しを示した。[27][28]

一部、後述の関連製品で需要増加はあるものの、新型コロナ対応を優先する医療機関の手術延期(カテーテル治療や外科手術の件数減少)と、患者の受診抑制が、減収減益の主な要因である。

関連製品[編集]

自社開発品では、経皮的心肺補助システム/体外式膜型人工肺(ECMO)「キャピオックスEBS エマセブ」、体温計、パルスオキシメータ、注射器、成分採血装置「トリマ」、血液成分分離装置「スペクトラオプティア」、病原体低減化装置「ミラソル」、導入品では、紫外線照射装置「ライトストライク」、手指消毒剤「ゴージョー/ピュレル」などが、コロナ禍で治療・予防に貢献してきた。[29][30][31][32][33][34]

沿革[編集]

  • 1921年大正10年)9月 - 北里柴三郎ら医学者が発起人となり、赤線検温器株式会社を設立。
  • 1922年(大正11年)2月 - 「仁丹体温計」を赤線検温器が製造、森下(仁丹)から発売された。
  • 1923年(大正12年) - オリンパスの体温計製造分野(渋谷区幡ヶ谷)を買収。
  • 1936年昭和11年)11月 - 仁丹体温計株式会社に社名変更。この時期から体温計シェアの一角となる。
  • 1963年(昭和38年)12月 - 株式会社仁丹テルモに社名変更し、森下仁丹の医療機器製造部門会社となる。
  • 1964年(昭和39年)1月 - 日本初のディスポーザブル(単回使用)タイプの注射器を発売開始。
  • 1969年(昭和44年)7月 - 日本初の血液バッグを発売。
  • 1973年(昭和48年)7月 - 日本初の輸液バッグを発売する。
  • 1974年(昭和49年)10月 - 森下グループから離脱し、現社名のテルモ株式会社に変更。
  • 1982年(昭和57年)6月 - 東京証券取引所市場第2部に株式上場。
  • 1983年(昭和58年)12月 - 予測式デジタル体温計を開発・発売。
  • 1984年(昭和59年)11月 - 水銀体温計の生産中止。
  • 1985年(昭和60年)5月 - 東京証券取引所市場第1部に指定換え。
  • 1998年平成10年) - アドレナリンなどの薬剤が予め充填された注射器「プレフィルドシリンジ」の販売開始。
  • 1999年(平成11年)7月 - 3M社から人工心肺事業を買収して、テルモ・カーディオバスキュラー・システムズCORPを設立。
  • 2001年(平成13年)9月 - 住友ベークライト株式会社から在宅酸素事業について事業譲受をし、テルモメディカルケア株式会社を設立。
  • 2002年(平成14年)高カロリー輸液剤「フルカリック」を販売開始。
  • 2005年(平成17年) - 世界一細いインスリン用注射針「ナノパス33」を販売開始。
  • 2007年(平成19年)8月 - 欧州にて、世界初の磁気浮上型左心補助人工心臓「DuraHeart」を販売開始。
  • 2011年(平成23年)3月 - 米医療機器メーカー、カリディアンBCT買収。輸血事業世界一となる。
  • 2014年(平成26年)8月 - 長年使われてきたコーポレートロゴを一新。
  • 2015年(平成27年)9月 - 世界初の心不全治療用の再生医療等製品として、ヒト(自己)骨格筋由来細胞シートの製造販売承認を取得(2016年発売)。
  • 2016年(平成28年)6月 - 脳動脈瘤治療デバイスの製造販売会社である米国シークエントメディカル, Inc.を買収。
  • 2017年(平成29年)1月 - 米国セント・ジュード・メディカル社とアボットラボラトリーズ社のカテーテル関連事業の一部を買収。
  • 2017年(平成29年)2月9日 - オリンパスとの資本提携を解消すると発表[35]
  • 2017年(平成29年)3月 - 大動脈瘤治療に用いるステントグラフトの製造販売会社である米国ボルトンメディカル, Inc.を買収。

子会社等[編集]

連結子会社101社、持分法適用関連会社5社。[4]

国内会社[36][編集]

  • テルモ・クリニカルサプライ株式会社(連結子会社)
  • テルモ山口株式会社(連結子会社)
  • テルモ山口D&D株式会社(連結子会社)
  • テルモBCT株式会社(連結子会社)
  • テルモハート株式会社(連結子会社)
  • テルモビジネスサポート株式会社(連結子会社)
  • テルモヒューマンクリエイト株式会社(連結子会社)
  • テルモ・ビーエヌエス株式会社(持分法適用関連会社)
  • オリンパス テルモ バイオマテリアル株式会社(持分法適用関連会社)

主な提供番組[編集]

過去放送[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b コーポレートガバナンス報告書 2021年2月2日閲覧
  2. ^ 3分でわかるテルモ|新卒採用情報|テルモ株式会社”. www.terumo.co.jp. 2021年5月3日閲覧。
  3. ^ 日経ビジネス 2020年4月6日号』日経BP社。「テルモの主力製品は今も体温計というイメージが強いかもしれない。だが、創業100年を控える今、売上高に占める体温計の割合は1%弱にすぎない」
  4. ^ a b 会社概要|企業情報|テルモ”. www.terumo.co.jp. 2021年5月3日閲覧。
  5. ^ a b 沿革|企業情報|テルモ”. www.terumo.co.jp. 2021年5月3日閲覧。
  6. ^ テルモ株式会社 心臓血管カンパニー カテーテルグループ | 受賞企業・事業レポート” (日本語). ポーター賞. 2021年5月4日閲覧。 “検査用ガイドワイヤーのグローバル市場シェアは75%”
  7. ^ Rekishi ni manabu rīdāshippu. Hitotsubashi Daigaku. Inobēshon Kenkyū Sentā., 一橋大学イノベーション研究センター.. Tōkyō: Tōyō Keizai Shinpōsha. (2011). ISBN 978-4-492-82048-3. OCLC 707201321. https://www.worldcat.org/oclc/707201321 
  8. ^ テルモ、世界最少充填量の人工肺「Capiox NX19」を米欧で発売|プレスリリース|テルモ”. www.terumo.co.jp. 2021年5月4日閲覧。 “数量シェア国内52%・1位、世界25%・2位。テルモ調べ”
  9. ^ 2019年版 メディカルバイオニクス(人工臓器)市場の中期予測と参入企業の徹底分析』株式会社矢野経済研究所、2020年3月31日。
  10. ^ 中長期成長戦略 血液システムカンパニー説明資料”. p. 4 (2016年12月12日). 2021年5月4日閲覧。 “成分採血は50%超の市場シェア”
  11. ^ #07 ICTとともに進化する医療現場と薬剤投与システムの現在|Stories テルモのテクノロジー|テクノロジー|テルモ”. www.terumo.co.jp. 2021年5月4日閲覧。 “日本ではトップシェアを占め”
  12. ^ 2019年版 医療用ポンプ市場の現状分析と中期予測』株式会社矢野経済研究所、2019年11月28日。
  13. ^ Kaisha shikiho gyokai chizu. 2021.』Toyo Keizai Shinposha, 東洋経済新報社、Toyokeizaishinposha、2020年9月、24-25頁。ISBN 978-4-492-97329-5。OCLC 1198527332
  14. ^ -印刷・広告・企画制作の 株式会社テルモ-”. www.thermo-p.co.jp. 2021年5月3日閲覧。
  15. ^ TERUMO 100th HISTORY” (日本語). テルモ100周年記念サイト. 2021年5月3日閲覧。
  16. ^ テルモは創立100周年を迎えます|プレスリリース|テルモ”. www.terumo.co.jp. 2021年5月3日閲覧。
  17. ^ テルモ、「コーポレート・ガバナンス・オブ・ザ・イヤー」に選定|プレスリリース|テルモ”. www.terumo.co.jp. 2021年5月3日閲覧。
  18. ^ テルモ、新企業理念体系を制定|プレスリリース|テルモ”. www.terumo.co.jp. 2021年5月3日閲覧。
  19. ^ CFOエグゼクティブフォーラム” (日本語). 東洋経済オンライン. 2021年5月5日閲覧。 “オーガニックの成長と買収によりグローバル化が進んでいます”
  20. ^ “サバイバルの延長線上に構築されてきたグローバル戦略”. フジサンケイビジネスアイ (株式会社日本工業新聞社). (2020年2月24日). https://spydergrp.com/columns/global/2920/ 2021年5月5日閲覧。 
  21. ^ “テルモがグローバルで勝ち続ける理由、全員で共有する「価値観」重視の戦略とは”. ダイヤモンド・オンライン (株式会社ダイヤモンド社). (2020年5月26日). https://diamond.jp/articles/-/237708 2021年5月5日閲覧。 
  22. ^ “コロナ暴落の株式市場で急騰する“エクモ銘柄”リスト”. Business Journal. (2020年4月14日). https://biz-journal.jp/2020/04/post_151822.html. "「ECMO(エクモ)」と呼ばれる人工心肺装置を製造するテルモ(東証1部)が注目銘柄の筆頭" 
  23. ^ “テルモ<上>人工心肺「ECMO」で脚光 コロナ関連銘柄の本命”. 日刊ゲンダイ. (2020年6月17日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/money/274676 
  24. ^ “新型コロナワクチン接種近づく、急動意する関連株を追う <株探トップ特集>”. 株探. (2021年1月5日). https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202101050878 
  25. ^ “「注射器」関連株に注目!コロナワクチン接種本格化”. トウシル(楽天証券投資情報メディア). (2021年4月12日). https://media.rakuten-sec.net/articles/-/31716 
  26. ^ 2021年3月期通期連結業績予想に関するお知らせ”. テルモ株式会社. 2021年5月5日閲覧。
  27. ^ 2021年3月期通期連結業績予想の修正に関するお知らせ”. テルモ株式会社. 2021年5月5日閲覧。
  28. ^ 2021年3月期 第3四半期決算短信〔IFRS〕(連結)”. テルモ株式会社. 2021年5月5日閲覧。
  29. ^ 2020年3月期決算概要”. テルモ株式会社. p. 12 (2020年5月18日). 2021年5月5日閲覧。
  30. ^ 新型コロナウイルスに対するテルモの取り組み”. テルモ株式会社. 2021年5月5日閲覧。
  31. ^ “「カンブリア宮殿」世界を襲った新型コロナウイルス 島津製作所とテルモのものづくりが、いかに命を救ったのか...企業の戦いに迫る”. テレビ東京. (2020年6月18日). https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/business/entry/2020/021973.html 
  32. ^ “テルモ、新型コロナ対策、人工肺など導入推進”. 化学工業日報. (2020年3月16日). https://www.chemicaldaily.co.jp/%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%80%81%E6%96%B0%E5%9E%8B%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E5%AF%BE%E7%AD%96%E3%80%81%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E8%82%BA%E3%81%AA%E3%81%A9%E5%B0%8E%E5%85%A5%E6%8E%A8%E9%80%B2/ 
  33. ^ “紫外線でウイルス除去、一瞬で体温検知 変わる日常”. 日本経済新聞. (2020年3月19日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56877530X10C20A3000000/ 
  34. ^ “テルモ販売の紫外線照射ロボ、新型コロナ除去の効果確認”. 日本経済新聞. (2020年5月3日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58770440T00C20A5TJC000/ 
  35. ^ “テルモとオリンパス、資本提携解消”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 7. (2017年2月10日) 
  36. ^ 有価証券報告書|IRライブラリ|株主・投資家の皆様|テルモ”. www.terumo.co.jp. 2021年5月3日閲覧。