テレビ朝日アスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
株式会社テレビ朝日アスク
tv-asahi ask Co.Ltd.,
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
107-0062
東京都港区六本木7-18-23 EX六本木ビル 6F
設立 1999年7月2日
業種 サービス業
法人番号 3010401038288 ウィキデータを編集
事業内容 アナウンサー、リポーター、声優等の育成および教育事業ほか
代表者 松苗慎一郎
資本金 1億円
発行済株式総数 2,000株
売上高 2億9,826万1千円(2011年3月期)[1]
営業利益 2,958万9千円(2011年3月期)[1]
純利益 1,118万8千円(2011年3月期)[1]
純資産 1億4,615万0千円(2011年3月期)[1]
総資産 1億7,906万0千円(2011年3月期)[1]
従業員数 12名
決算期 毎年3月31日
主要株主 テレビ朝日(100%)
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

株式会社テレビ朝日アスク(テレビあさひアスク)は、アナウンサー、リポーター、声優等の育成および教育事業などを行う企業。

概要[編集]

1999年テレビ朝日完全子会社として設立。いわゆる「アナウンサー養成学校」の一つとして知られる。「アスク」とは「ナウンススクール」の略称である。

現在の代表取締役はテレビ朝日元アナウンサーの松苗慎一郎校長寺崎貴司

テレビ朝日の子会社であるが、卒業生の進路はANN(テレビ朝日系列)の内外を問わず、全国に広がる。また、アナウンサーに限らず、テレビプロデューサー放送作家気象予報士などの放送局の業務全般の人材育成も行っている。

また、「アスクマネージメント」の名前でフリーアナウンサー声優ナレーターの派遣・マネジメント業務を行っている。アスクマネージメントで派遣される人材は在校生・卒業生が中心だが、出身者でない人材もいる。

校長・講師[編集]

現在の校長・講師[編集]

ゼネラルマネージャー(校長)
アナウンス講師陣
OB・OG講師陣
声優講師陣

以前の校長・講師[編集]

  • 長英太郎 - 初代社長・校長
  • 飯野勝 - 初代常務
  • 諸橋史明 - 前社長、過去に『われて二人旅』の企画・プロデューサー、BS朝日『サンデーオンライン』プロデューサーを歴任
  • 石橋幸治 - 初代ゼネラルマネージャー(1999年 - 2002年)
  • 松苗慎一郎 - 2代ゼネラルマネージャー(2002年 - 2004年)、元アナウンサー→テレビ朝日スポーツ局スポーツ渉外専任部長、現:取締役
  • 川瀬眞由美 - 元校長(2006年 - 2008年)、任期中はアナウンサー兼務、現:テレビ朝日番組審査室
  • 松井康真 - 元校長(2008年 - 2010年)、任期中はアナウンサー兼務、現:テレビ朝日報道局社会部原発担当
  • 田原浩史 - 元ゼネラルマネージャー(2010年 - 2013年)、元アナウンサー→現:テレビ朝日総務局
  • 中山貴雄 - 元ゼネラルマネージャー(2013年 - 2015年)、元アナウンサー

アスク出身アナウンサー一覧[編集]

1999年の秋の設立以来、日本放送協会(NHK)・民放キー局をはじめ、全国に1004人のアナウンサーを輩出、また、放送局の一般職・総合職(主に報道記者)を含めると、1205人のアスク生が合格を果たしている[2]。以下、主な出身者をまとめる。局名の前に☆が付いているのは、現在の所属局。

日本放送協会[編集]

正局員[編集]

※渋谷 = 東京アナウンス室

契約局員[編集]

民放[編集]

ANN系列局[編集]

NNN・NNS系列局[編集]

JNN系列局[編集]

TXN系列局[編集]

FNN・FNS系列局[編集]

その他民放等[編集]

フリー・局アナ経験者[編集]


アスクマネージメント[編集]

フリーアナウンサー、司会者や声優等のマネージメントセクションである。

アナウンサー・司会者[編集]

ナレーター・声優・ボイスオーバー[編集]

テレビ朝日系列の報道番組・情報番組(グッドモーニングワイド!スクランブルなど)のナレーションを多く手がけている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e テレビ朝日アスク決算公告(平成23年3月31日現在) (PDF)
  2. ^ テレビ朝日アスクについて”. 2018年9月23日閲覧。
  3. ^ 2013年入社時はTBSテレビの総合職(テレビ朝日アスクの放送関係への内定情報を参照 アーカイブ 2016年4月4日 - ウェイバックマシン)として情報制作局のアシスタントディレクターとして所属していたが、2014年4月をもって、編成局アナウンス部に異動して、6月26日に当時放送されていた『大沢悠里のゆうゆうワイド』(TBSラジオ)の「都民ニュース」というコーナーでデビューを果たし、正式にアナウンサーに転向した。