テレビ朝日金曜7時30分枠の連続ドラマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

テレビ朝日金曜7時30分枠の連続ドラマ(てれびあさひきんようしちじさんじっぷんわくのれんぞくどらま)は、過去6期に渡ってテレビ朝日系列の金曜19:30から20:00(JST)に放送されたテレビドラマの枠である。

なお中断中や後身のアニメに関しては、

歴史[編集]

この枠は開局してすぐにドラマを放送、初のヒット作は海外作品『ちびっこギャング』で、それまで好評だった裏の日本テレビ花王石鹸(現:花王)一社提供路線を一時低迷させるが、1965年4月開始の『踊って歌って大合戦』(日本テレビ系列)や、その後の『日清ちびっこのどじまん』(フジテレビ系列)の快進撃で低迷し、ドラマは度々中断、やがてアニメが主流となっていく。

その後1972年10月6日に、変身ブームに便乗した川内康範原作の特撮番組『愛の戦士レインボーマン』がヒット、その後も特撮番組を続けるが、変身ブームの衰退で低迷し一旦中断、そして1974年10月4日に、石森(石ノ森)章太郎原作の特撮コメディ『がんばれ!!ロボコン』が大ヒットとなり、2年半の長期に渡って放送された。だが同じ石森原作の次作『ロボット110番』は受けず、9か月で終了した。『がんばれ!レッドビッキーズ』からは石森原作のスポーツ路線へ変更し、人気を盛り返すものの、3作目の『それゆけ!レッドビッキーズ』は1981年10月の改編で、それまで月曜日から土曜日の18:50や日曜9時枠で放送していた『ドラえもん』が金曜19:00に移動するにあたり、それまで金曜19:00で放送されていたアニメ『ハロー!サンディベル』がこの枠に移動するため、日曜19:00に移動、同時に朝日放送に制作が交代、そしてこの枠のドラマは約5か月間中断した。

『サンディベル』終了後、『メタルヒーローシリーズ』の第1作『宇宙刑事ギャバン』を開始、久々の単体ヒーローとして人気番組となり、シリーズが継続されるが、4作目の『巨獣特捜ジャスピオン』は終了目前の1985年12月27日放送をもって月曜19:00に移動、ドラマは終了した。

作品リスト[編集]

▲マークは海外作品。

第1期[編集]

  • 源義経(南郷京之助主演版)(1959年2月6日 - 5月1日) - ここから「日本歴史シリーズ」。
  • 新書太閤記(石井一雄主演版)(1959年5月8日 - 7月31日)
  • 大楠公(1959年8月7日 - 11月6日)
  • 幕末物語(1959年11月13日 - 1960年4月29日) - ここまで「日本歴史シリーズ」。
  • 笛吹童子北大路欣也主演版)(1960年5月6日 - 12月30日)
  • 西部の兄妹(1961年1月6日 - 3月31日)▲
  • ウインチェル(1961年4月7日 - 6月9日)▲
  • スケルトン大笑劇場(1961年6月16日 - 1962年3月30日)▲
  • ごきげんチンパン君(1962年4月6日 - 1963年5月31日)▲
  • ちびっこギャング(1963年6月7日 - 1965年8月27日)▲ - 金曜19:00より移動。
  • 空手三四郎(1965年9月3日 - 1966年2月25日)
  • バットマスターソン(1966年3月4日 - 4月8日)▲

第2期[編集]

第3期[編集]

第4期[編集]

第5期[編集]

第6期(メタルヒーローシリーズ[編集]

参考資料[編集]

関連項目[編集]

NET 金曜19時台後半枠
前番組 番組名 次番組
(開局前)
テレビ朝日
金曜7時30分枠の連続ドラマ
(1959.2.6 - 1966.4.8)
パリーグ 金曜ナイター
(19:30 - 20:56)
テレビ朝日
金曜7時30分枠の連続ドラマ
(1966.9.30 - 12.30)
サイボーグ009
(第1作)
※ここまでアニメ
テレビ朝日
金曜7時30分枠の連続ドラマ
(1968.10.4 - 1969.3.28)
もーれつア太郎
(第1作)
※再びアニメ
テレビ朝日
金曜7時30分枠の連続ドラマ
(1972.10.6 - 1974.6.28)
NET→テレビ朝日系 金曜19時台後半枠
生きている大自然
※土曜18:00へ移動
テレビ朝日
金曜7時30分枠の連続ドラマ
(1974.10.4 - 1981.9.25)
※1か月半の中断あり。
ハロー!サンディベル
※金曜19:00より移動
テレビ朝日系 金曜19時台後半枠
ハロー!サンディベル
※アニメ中断
テレビ朝日
金曜7時30分枠の連続ドラマ
(1982.3.5 - 1985.12.27)
宇宙船サジタリウス
※再びアニメ