テレビ東京の深夜アニメ枠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

本項ではテレビ東京において未明(深夜)帯に放送されている深夜アニメ枠に関して解説する。

概要[編集]

テレビ東京が初めて深夜アニメを放送したのは1996年の『エルフを狩るモノたち』で、その成功以後爆発的に作品が急増したが、翌1997年に発生した『ポケモンショック』が原因で同局のテレビアニメ全般に対する表現規制が先鋭化した影響や、各独立局での放送を主としたアニメ(UHFアニメ)の台頭により、現在は全盛期と比べると数は控えめである。ただし、2010年代頃からほぼ全ての番組で局自身が製作参加している。

時期によって枠の増減が見られる傾向があり、2015年4月期は再放送の2枠のみで新作が一時的に全く放送されなかった。

また、本枠で放送された作品の中にはTXNの系列外のローカル局や、中京地区関西地区の独立局などに対し、スポンサーのない番組販売による遅れネットで放送される作品も若干存在する。

BS局でのネット状況[編集]

テレビ東京の子会社BS局であるBSテレ東(旧・BSジャパン)でのテレビ東京製作深夜アニメは、通算するとごく少数の放送に留まっているが、2010年代後半から次第に放送本数が増えている。

ほかには全日枠アニメ『ブラッククローバー』および『BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-』をそれぞれ遅れネットのほか、準新作(『しろくまカフェ』および『夏目友人帳』シリーズ傑作選)を2枠放送に留まる。

ごく一部には『牙狼〈GARO〉シリーズ』がスター・チャンネルで放送されたり、BS11で遅れネットされるものもある。

作品一覧[編集]

放送日時はテレビ東京を基準とする。1985年以降に開局したテレビ北海道(TVh)・テレビせとうち(TSC)・TVQ九州放送(TVQ)のいずれかで未放送の事例は多数あるので、この3局に関する詳細は特記事項がない限り省略している(各作品の記事を参照)。

また、原則として特記事項のない再放送に関しても省略している。

○印はBSテレ東(旧・BSジャパンを含む)でも遅れネットで放送された(される)ものを指す。

アニメ専門チャンネルに関してはAT-X以外のチャンネルで放送されたケースについても記述している。

放送中[編集]

作品名 放送時間 放送期間 備考
月曜未明(日曜深夜)
BEM 1:35 - 2:05 2019年7月15日 - 9月30日
闇芝居(第7期) 3:05 - 3:10 2019年7月8日 -
土曜未明(金曜深夜)
フルーツバスケット(2019年版) 1:23 - 1:53 2019年4月6日 - 9月21日 BSテレ東では1クール遅れネット
けものフレンズ2 0:52 - 1:23 2019年10月5日(予定) - 再放送
ワンパンマン(第2期) 1:23 - 1:53 2019年10月5日(予定)- 再放送

備考・関連番組[編集]

作品名 放送時間 放送期間 備考
火曜未明(月曜深夜)
あにレコTV 2:50 - 3:20 2017年10月10日 - 番組公式サイトなどで1週間見逃し配信実施
金曜未明(木曜深夜)
A応Pのあにむす!! 3:05 - 3:35 2013年10月11日 -


放送予定[編集]

放送終了[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ TXNにおける深夜アニメの夕方再放送としては初のケースとなる。
  2. ^ BS11でもこのタイトルで放送され、BD-BOXも同題で発売。
  3. ^ TVh・TSC・TVQの3局ではこの再放送が本放送となっている。
  4. ^ 本放送前週の1月10日に直前特番『「斉木楠雄のΨ難」第2期放送直前 アニメΨ始動!おかえりなΨスペシャル!』が放送。
  5. ^ テレビ東京が制作に関わっていない深夜アニメがBSジャパンに遅れネットされた初のケースとなる。
  6. ^ フジテレビ739日本レジャーチャンネルでも放送。
  7. ^ 2010年代におけるKBSではテレビ東京系アニメの遅れネットが全日枠を含めて極めて少なく、テレビ東京と同時期に深夜アニメがネットされたのは極めて異例となる。
  8. ^ 系列5局ではこの再放送がBパートの実質的な本放送となった。

出典[編集]

関連項目[編集]