テレビ神奈川番組放送一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
テレビ神奈川 > テレビ神奈川番組放送一覧

テレビ神奈川番組放送一覧(テレビかながわばんぐみほうそういちらん)では、神奈川県の独立UHF放送局であるテレビ神奈川で放送中ないし放送された番組を列挙している(ただし、アニメ番組全般については独立局での放送の特殊性を考慮し、「テレビ神奈川アニメ番組放送一覧」を参照)。

放送時刻はJST(日本標準時)で表記している。

この記事は番組一覧であることに留意し、注釈の記載は必要最小限に留めること。 また、実際に放送していない番組は掲載しないこと

放送中のテレビ番組[編集]

2019年4月時点

番組分類は基本的にtvkタイムテーブルに準ずる。

放送曜日時間の前の★は祝日・ゴールデンウィーク・年末年始は番組休止。※は字幕放送。矢印の後ろはその場合の代替番組。

自社制作番組[編集]

tvkの局公式YouTubeチャンネルで、見逃し配信している番組は☆を表示。また、東名阪ネット6などの共同製作番組は「他局製作」に記載。

情報[編集]

音楽[編集]

  • PPV
    • 穴埋めで放送されることもある。
  • 音楽缶
    • 随時25分枠で放送。
    • この他イレギュラーで新番組までのつなぎ等で放送される事もある。
  • 関内デビル(月 - 金23:30 - 24:00。032ch、ワンセグ2のみで放送 月 - 金9:30 - 10:00(再))
  • 洋楽天国+(月24:00 - 24:30)
  • 青春音楽バラエティ「吉井さん〜オヤジの狩り〜」(火 - 木24:00 - 24:30)
  • SPEED MUSIC-ソクドノオンガク(水22:55 - 23:00)
  • 吉田山田のドレミファイル♪(土22:00 - 22:30)
  • ジロッケン 環七フィーバー(土22:30 - 23:00)
  • 伊藤政則のROCK CITY(土23:00 - 23:30)
  • billboard TOP40(土23:30 - 24:25[注釈 1]、水20:00 - 20:55(再)。三重テレビにネット)

スポーツ[編集]

バラエティ[編集]

  • キンシオ(月23:00 - 23:30、金13:00 - 13:30(再)。 ※字幕放送。群テレ、とちテレ、HBC、テレ玉、チバテレ、静岡第一テレビにもネット)
  • 部活応援プロジェクト しゃかりき(金23:00 - 23:30。日9:30 - 10:00(再))
  • 北原コレクション(月 - 木21:55 - 22:00他。仙台放送秋田放送山形テレビ〔番組名はKITAHARA Collection〕、KBS京都〔番組名はおもちゃ博物館〕にネット)

その他(番組表上色分けのない自社番組)[編集]

単発・季節番組(スポーツ)[編集]

単発・季節番組(その他)[編集]

  • 横浜みなとまつり国際仮装行列中継「ザ・よこはまパレード」 (毎年5月3日に生中継。ただし、土日にあたる場合は録画放送。後日再放送)[HV]
  • 神奈川県公立高等学校入試解答速報[HV]

他局制作[編集]

番組名の頭の◇は制作局では放送終了したもの

日本テレビ系列[編集]

テレビ朝日系列[編集]

TBS系列[編集]

※このほか、年末年始の高校ラグビーの中継と、そのハイライト番組(30分番組)を放送している。

テレビ東京系列[編集]

フジテレビ系列[編集]

独立局[編集]

東名阪ネット6や5いっしょ3ちゃんねるなどの多数局による独立局共同制作番組[編集]

  • 日本ふるさと百景(月・水・木5:30 - 5:55 東名阪ネット6
  • 中島卓偉のお城へ行こう!せーの、キャッスル!キャッスル!(東名阪ネット6共同製作)
  • 超特急と行く!食べ鉄の旅(東名阪ネット6共同製作)
  • 俺旅。(東名阪ネット6共同製作)
  • Bテレ

ドラマ・映画[編集]

  • 映画の時間
  • 名作ドラマ
  • 時代劇ドラマ
  • 韓国ドラマ
  • 海外ドラマ
  • 台湾ドラマ

その他の番組[編集]

※制作局の特記が無い番組は、制作プロダクション等放送局以外による制作番組

過去に放送した番組[編集]

情報・地域・教育・エンターテイメント[編集]

開局記念番組[編集]

平日昼帯情報ワイド[編集]

放送曜日時間の前の★は祝日・年末年始は番組休止。◆は、千葉テレビ(チバテレ)・テレビ埼玉(テレ玉)で同時ネットする首都圏ネット4→首都圏トライアングル枠(2006年3月までは、TOKYO MXでも同時ネット)。

  • 暮らしのワイド リビング・ポート→リビングポート90分(1972年4月3日 - )
    • 放送時間は、12:30 - 14:00。
    • 第1回の主な内容は「きょうの特集」「ジャーナリストの目」「相模人形芝居」「電話なんでも相談」「健康相談」「ワイド神奈川」「神奈川新聞ニュース」「音楽・情報コーナー」など。
    • 初代司会者は大野義和、大谷好美、花村えいじ。1978年時点では、月曜 - 金曜の司会が、根津裕忠、若松幸子。曜日別司会者が、月曜日:原知佐子、火曜日:服部克久、水曜日:山谷親平、木曜日:宮脇檀、金曜日:蟇目良
  • スタジオ・きょう(1980年 - )
  • カフェシティヨコハマ(1985年10月 - 1996年3月、横浜そごう4階にあった「キャプテン Lo-Coスタジオ」から生放送(同店定休日を除く)キャスターは多田友子他)
  • TVグラフィックおしゃべりトマト(1983年4月4日 - 1995年9月29日)
  • たてながHAMA大国(1995年10月2 - 1997年3月)
  • HAMA大国◆(1997年4月 - 2004年4月)
  • とっておき自遊食感ハマランチョ→1230アッと!!ハマランチョ★・◆(2004年5月10 - 2011年3月)
  • ありがとッ!★・◆(2011年4月 - 2016年3月、12:00 - 14:00)

金曜夜情報ワイド枠[編集]

その他[編集]

  • きょうの話題
  • ポート5:30(千葉テレビと共同制作)
  • プロムナード神奈川
  • 番組空ミレド(ベイブリッジカメラの映像に洋楽などの音楽を乗せて、このあとの番組をテロップで紹介する番組)
  • 情報複眼TV極楽トンボ
  • メディウム120 ぶっきらぼうな60分(ただPC-VANの書き込みの映像を流すのみ。提供:NEC
  • Oh!プラシーボ(放送終了時間未定のトーク番組。スポンサーは当時の日産プリンス神奈川
  • スイングポテト03
  • 神奈川再発見
  • ふるさと探訪
  • ふるさと再発見(「もっとぶらり!風気分」の前身番組)
  • YOKOHAMAベイサイドスタジオ→ヒューマンTV・ベイサイドスタジオ
  • モーニングブレイク(1986年10月 - 1990年、TVK本社2Fのマスター室に隣接したアナブースから生放送のVJ番組。VJ:有田真子、斉藤リカ 他)
  • 朝からいいじゃん!(1990年。月 - 金 朝7:00 - の帯番組。ザ・ニュースペーパーのメンバーを動員し神奈川県内の商店街から生放送をした「地域密着生放送番組」)
  • ベイサイドナウ
  • 北原照久のTin Toy BOX
  • 新車情報新車ファイル クルマのツボ
  • 満点テレビ塾(提供:湘南プレパラートリースクール。1988年4月4日放送開始。毎週月 - 金曜日 24:10 - 25:10放送)
  • 横浜ウォーカーTV
    角川書店刊行の横浜ウォーカーとの連携番組、『みんテレ』の前身、電通枠)
  • 横濱TV
  • JoHo!横濱亭
  • 横浜情報パラダイス
  • 横浜シティマガジン(『Hi!横濱編集局』の前身)
  • 横浜市だより
  • 横浜情報スクエア
  • かながわトーク&トーク(放送第4週のみ手話通訳つき放送)
  • こんにちは神奈川(神奈川県提供)
  • YOKOHAMAちけってぃ
  • 最強漬
  • about30/50
  • ご意見有用(1972年4月2日 放送開始。21:30 - 22:00 放送第1回のテーマは「横浜、きのう、きょう、あす」ゲスト:飛鳥田一雄、町田善太郎、赤塚行雄
  • かながわの顔 この人と10分(1972年4月3日放送開始。23:30 - 23:40 放送第1回のテーマは「横浜ロータリークラブ プレジデントに聞く」ゲスト:中村洋六。聞き手:田辺よしのぶ)
  • 討論番組 トーク'72(1972年4月7日放送開始 22:00 - 23:26)
  • かもめのたより(1972年4月2日放送開始)
  • 青い目のニッポン談義(1972年4月2日放送開始。 22:00 - 22:30 外国人ゲストと日本人とのトーク番組)
  • TVKメイトボウル(1972年4月2日放送開始。19:30 - 20:00 横浜ハマボウルから中継録画放送)
  • TVKお天気情報(出演:中川公子アナウンサー)
  • 花モクはリクエスト天気
  • お天気テレビーニョ
  • TVKホームビデオニュース(キャスター:有田真子)
  • 水曜特集'XXかながわ
  • 霞ヶ関レポート
  • 明日への選択 → コンパスU(TVS、CTC、GTV他8局ネット。キャスター:平田由美、制作協力:JIC、制作:TVK)
  • ○知ストリート情報交差点
  • ZONE
  • アクセスNOW(TVS・CTC・MXTV・KBSなど他数局がネット)
  • ニッポン早わかり
  • 情報ステーション
  • 日本大通り情報
  • ウイークエンド情報かながわ
  • 700万人のひろば
  • かながわTODAY
  • 神奈川県からのお知らせ
  • かながわ交遊録
  • 岸惠子の時代気分
  • りゅうじんの就職V2
  • THE 鈴木タイムラー
  • イグザンプラーテレビ
  • イグザンプラードラマ
  • キャナガワ[HV]
  • The world today(英語ニュース。1985年から二ヶ国語放送を実施。制作協力:JCTV
  • BBC World News
  • 直言苦言
  • Yo!キッズ
  • クーパカポカポ
  • 野鳥百科(16ミリフィルム製作による野鳥ウォッチングの5分番組)
  • 川崎市提供番組
    • 川崎市だより
    • 情報宝島かわさき
    • かわさきビジュアル辞典
    • かわさきほっとナビ
    • かわさきすまいる
  • 相模原るっく(相模原市提供)
  • 横須賀市特別番組(月1回)
  • 湘南
  • 源泉探検隊が見つけた5ツ星源泉の宿
  • しゃこいれ娘。
  • にっぽんお元気カンパニー
  • 深海魚
  • マラソン
  • パブやっちゃいなよ!
  • 緑への歩み
  • 電車にのって〜かながわフォト日記〜[HV]
  • 神奈川県学校教育番組(小学生・理科、小学生・社会など。朝10:00 - 。制作は毎日映画社TBS映画社、神奈川フィルムなど数社)
  • 神奈川県 ア・テスト解答速報(開局本放送前の「サービス放送」時から放送で初放送は1972年3月15・16日。以降「ア・テスト」廃止まで毎年放送された)
  • のびる子きょうしつ (パンダ君とお姉さんが進行する神奈川県教育委員会制作の学校放送番組。近年は水金10:00 - 10:15放送)
  • ぶらり!風気分→もっとぶらり!風気分
  • パペットマペットのサイエンスでしょ!?
  • みんなが出るテレビ〜ヨコハマ開放区〜(電通枠)
  • 横浜Bookmark TV
  • ハマネーゼセレクション(DSN(Daily Shopping Network)との共同制作)
  • Bloomberg News・BLOOMBERG INTERNATIONAL
    tvkでは、6:59.30からは15秒間の「Bloomberg」と表記がされるOP/ED共通映像、その後世界の各セクションの映像、かつてスポンサーがついていた頃は提供クレジットをセクション中に放送していた。7:00になると黒画面からのフェードインで本編。7:18.30には先程とは逆に各セクション映像、その後共通映像の流れ。番組内での「7:18以降の番組予告」があるが放送されない。ただし、ここで「テレビ神奈川を通じてご覧の皆さんとはまた明日お目に掛かります」と降りコメントをする場合が多い。CM中に番組が終了することがある。ブルームバーグの日本語放送事業撤退に伴い、2009年3月27日で終了。
  • Short Shorts TV
  • アイドル@deep
  • Style/Style電通枠)
  • Hi!横濱編集局
  • シネマ@7
  • E!TV〜実力派芸人トーク&バラエティゾーン〜
  • TAKARAZUKA 旅美写美テレビ埼玉三重テレビKBS京都サンテレビ、タカラヅカ・スカイステージの各局ネット)[HV]
  • TKOの黒船☆ジャパン (土 22:00 - 22:30。テレビ埼玉、千葉テレビ、三重テレビ、KBS京都、サンテレビの各局ネット)[HV]
  • カナガワニ海
  • いんぷろ…。
  • イッテ恋48
  • ウルトラゾーン
  • TVK開局10周年記念番組「文明の遥かな十字路」(1982年4月 - 1983年3月)
  • TVKテレビ開局20周年記念番組「父と母の時代」(1992年4月、出演:赤塚行雄 他、ナレーション:原良枝)
  • 横浜相鉄ジョイナス開業20周年記念特別番組「光・風・緑の街」(1993年)
  • サンデー邦画劇場(1972年4月2日 - 、日曜12:00 - 13:26)
    • 第1回は『吹けば飛ぶような男だが』(昭和43年松竹)。
  • 月曜ゴールデンムービー(1972年4月3日 - 、金曜19:30 - 20:56
    • 第1回は『復讐の脱獄 ガンマン無情』。
  • 金曜ゴールデンムービー(1972年4月7日 - 、金曜20:00 - 21:26)
    • 第1回は『女王陛下の極秘作戦』。
  • 週末映画館(1972年4月1日 - 。土曜23:00 - 24:45)
    • 第1回は『黄金の伏魔殿』(昭和32年東映)。
  • 横浜みなと祭り国際仮装行列〜マーチ・イン・ヨコハマ(1972年5月3日放送。この第20回からTVK独占カラー生中継放送を開始)
    • ※現在も毎年5月に放送される「ザ・ヨコハマパレード」の前身番組。
  • NEWS FRIDAY ★(金 21:15〔後に21:30〕 - 22:00、双方向対応番組連動データ放送を実施)[HV]
  • 猫ひたプラス★
  • NEWS930α
  • tvk開局40周年記念 40時間特別番組「あすの地球と子どもたち〜PRAY FOR HAPPINESS」 (2012年9月8日 - 9日)
  • サタミンエイト
  • カナガワニエン
  • 佐藤しのぶ 出逢いのハーモニー
  • Ride&Life
  • 神奈川ビジネスUp To Date

音楽[編集]

開局当初からオリジナル音楽番組にも力を入れており、NHKをはじめ他のテレビ局で放送される音楽番組にも番組素材を貸し出すことがある。また、過去のライブ番組の素材を再編集した「ライブ帝国」というDVDが発売されている(「ライブ帝国」は2002年にTVK開局30周年記念番組として2クール放送された他、それ以前にも元日特番として赤坂泰彦平山雄一の司会により数度放送されている)。

  • SONY MUSIC TV
  • SONY Music Disc
  • SONY Music Access
  • ファイティング80's
  • ハロー・ジャガー
  • ミュージックトマト
  • ミュージックトマトJAPAN
  • Music Tomato World
  • 別冊ミュージックトマトジャパン(毎週日曜日15:00 - 15:55放送。1988年4月3日放送スタート VJ:マイキー富岡
  • ファンキートマト電リクワイド90分!→ファンキートマト(金→月に移動)
  • ファントマ2 MC:井手功二加藤貴子(音楽をメインとしたカルチャー的要素(毎回ヒップホップダンスチーム2組によるダンス対決)を取り入れた生番組。
  • Music Clique
  • Music Chat
  • 音楽自由港
  • 夕焼けトマト
  • 音楽的予約Di:GA
  • Mutoma Di:GA
  • ヤング・インパルス(1972年4月9日(日)放送開始。20:00 - 21:26 生放送番組 民放連最優秀娯楽番組賞受賞。初代司会者は神太郎、奥島啓子、仲純子 放送第1回の出演者は、モップス遠藤賢司南高節かぐや姫小野和子[要曖昧さ回避]、高岡ゑみ子)
  • ミュージックホール アメリカ(米国のフィルムPVを放送した番組)
  • サウンドテラス(毎日深夜、放送終了前にアーティストのPVを放送していた番組。モノラル放送)
  • サウンドスケープ(毎日深夜、放送終了前に「環境ビデオ」やアーティストのPVを放送していた番組。上記「サウンドテラス」の後番組/ステレオ放送)
  • 海賊船P
  • SPOPS(スポップス、月曜日 - 金曜日の帯番組。音声多重放送試験番組→音声多重放送第1号番組。5分枠、制作:TVK 提供:丸井
  • かながわの景勝50選(月曜日 - 金曜日の帯番組。音声多重放送試験番組→音声多重放送第2号番組。制作協力:プロダクションモスラ、制作:TVK)
  • Live TOMATO
  • クラブCHR(1993年4月5日 - 1994年)MC:木崎英夫光岡ディオン
  • メガPOPキッス(月19:00 - 20:45) MC:ピストン西沢栗原治久 視聴者参加のクイズを取り入れた洋楽専門の電リク生番組。
  • 16ersTV(月 - 金16:55 - 17:50)横浜そごう地下1階にあった「みなとみらい21(MM21)スタジオ」からの公開生番組。
  • ガールポップ
  • One → 学生OneOne
  • Ryujiの夜カラTV
  • シャッフル55(16ersTV火曜日)
  • ミュージックテラス
    • 上記は5分番組だが、10 - 15分番組として「ミュージックテラス10」、「ミュージックテラス・ジャパン」、「Music Terrace WORLD」という番組も存在した。
  • Quarter Pop(クォーターPOP)
  • Bay Side Pop(ベイサイドPOP/上記「クォーターPOP」の姉妹番組、10分番組)
  • ミューコム5、ミューコム15
  • 新春電リク生生大放送「白熱!!激突!!邦楽・洋楽電リクチャート」(1986年1月1日放送)
  • Rock Page 〜FM Mix〜(FM大阪と共同制作、FM大阪経由で「Rock Page'9x」というタイトルでJFN系全国ネット)
  • S・プレッソ
  • サラダ・ボウル(毎週土曜日08:00から放送していた「日本初のBGV(環境ビデオ)」番組。制作:TVK、制作協力:PLAY BILL、日本電子専門学校 他)
  • ブレイン・パッケージ(上記「サラダ・ボウル」の姉妹番組。1986年4月12日 - 1986年7月26日 毎週土曜日24:00から24:30に放送。環境ビデオ(BGV)とPSY・Sなどのポップス、オリジナルインストゥルメンタル音楽を放送していた)
  • トマト・パーティー(月 - 金/TVグラフィック おしゃべりトマトの放送終了後、ステブレレスで14:01から放送。モノラル放送)
  • Urban Contemporary
  • Siesta
  • saku saku morning call
  • LIVE Y
  • CYBER MEME
  • ハマトラ深夜族
  • LOVE CHR
  • かわさき音楽人
  • RHYTHMIC
  • RAYSTYLE
  • ジャンプ!ジャンプ!ジャンプ!
  • SAKI
  • Yokohama Music Explorer→YME Flog
  • 横浜音楽祭アール・エフ・ラジオ日本と共催)
  • Channel a
  • SONICMANIA(金23:00 - 23:30)
  • オンガクのDNA
  • 音楽缶#(木24:00 - 24:30)
  • 洋楽天国(月24:00 - 24:30)
  • 洋楽天国 Premium R45(火24:00 - 24:30。日13:30 - 14:00、日13:30 - 14:00(再)。
  • MUTOMA(水24:00 - 24:30)
  • オンガク開放区(土22:00 - 22:30)
  • POP PARADE
  • ミュートマ2

U局には珍しく基本的に演歌は扱わないが、カラオケ系であれば以下のような番組も存在はした。これらの番組はtvkの局カラーに合わないためか、一様に短命で終わっているようである。

  • ここで一番!歌合戦
  • スーパー激カラTV
  • スーパーカラオケ2200
  • かっぱちゃんのカラオケコンパ歌謡スタジオ101

スポーツ[編集]

クイズ[編集]

ドラマ[編集]

tvk開局40周年記念 40時間特別番組「あすの地球と子どもたち〜PRAY FOR HAPPINESS」[編集]

2012年(平成24年)開局40周年を記念して、tvk開局40周年記念 40時間特別番組「あすの地球と子どもたち〜PRAY FOR HAPPINESS」と題した延べ40時間にも及ぶ生放送長時間特別番組の放送を正式に発表した。同局としては1976年(昭和51年)6月4日 (金) - 6月5日 (土) 放送のチャリティー番組「ダークダックスの25時間テレソン〜生きる〜花子の車いす募金」以来36年ぶりとなり[1]、1992年(平成4年)12月30日 (水) 18:30 - 1993年(平成5年)1月1日 (金) 9:30まで、TBSJNN系列で放送された『元旦まで感動生放送!史上最大39時間テレビ「ずっとあなたに見てほしい 年末年始は眠らない」』を抜き、日本の全地上波テレビ放送における歴代史上最大規模の生放送最長時間特別番組として放送された。2007年(平成19年)開局35周年を機に策定した放送ビジョン「あすの地球と子どもたち」を番組テーマに、環境・エネルギー問題・食に纏わる取り組み・新しい町作りの仕組みなど、次世代に豊かな社会をどの様にして残していくのかを考えていく。さらに開局40年の節目の年に新たにスタートさせる『どんぐりドリーム大作戦』〜地元のどんぐりから緑を育てる活動〜を番組を通じて広くアピールしていく。また、番組内で自ら実践している身近な取り組み・活動などもメール・ツイッターなどで募集し、小さいことから社会を変えていく輪を広げていく。番組は全3部構成となりメインパーソナリティーは、第1部・中西哲生(8日7:00 - 23:00)、第2部・山本シュウ(8日23:00 - 9日7:00)、第3部・別所哲也(9日7:00 - 23:00)、番組テーマ曲:光芽吹くとき、番組イメージソング:暁への祈り(歌:saigenji)、スペシャル・ライブゲスト:押尾コータロースターダストレビュー。本社1階『ヨコハマNEWSハーバー』をメインスタジオとして、9月8日 (土) 7:00 - 9月9日 (日) 23:00に放送された[2][3][4][5]

  • 総合MC・アシスタント
    • アシスタント(第2部を除く)は、tvkの女子アナウンサーが持回りで担当した。
    • 第1部:中西哲生
    • アシスタント:三浦綾子>>佐藤亜樹>>三浦綾子>>小林咲夏>>トーマスサリー
    • 第2部:山本シュウ
    • 第3部:別所哲也
    • アシスタント:佐藤亜樹>>小林咲夏>>佐藤亜樹>>細木美知代>>翁長舞
  • 主な番組内容
    • (1):『ACTION! 「グリーンエネルギーの時代」』:未来に残す豊かな社会のための提言。
      • 〔1〕 環境先進国ドイツに学ぶ
      • 環境先進国と呼ばれるドイツの「環境首都」フライブルク、「扇都市」カールスルーエなどを取材&日本の行方は?:9月8日(土)14:03頃
      • ゲスト:佐藤しのぶ(ソプラノ歌手)、田坂広志多摩大学大学院教授 前内閣官房参与)、早瀬勇(横浜日独協会 会長)[6]大石久和(国土アナリスト 元国土交通省技監
      • ヨーロッパの中で、自然エネルギーの開発に積極的に取り組んでいるドイツに当番組が長期取材を行い、これからの日本のエネルギー政策について、専門家を交えて討論を行った。
      • 〔2〕 エネルギー革命と参加型民主主義:9月9日(日)15:39頃
      • “自然エネルギーに関する総理・有識者オープン座談会”から1年3ヶ月 出席者からの今伝えたいメッセージ&エネルギー地産地消の取り組み。
      • ゲスト:田坂広志
      • 2011年6月に行われた有識者オープン座談会に出席した人たちからのメッセージがVTRで紹介された。また震災以降これから日本が直面するエネルギー問題、それに伴う日本の民主主義のあり方について、田坂が詳しく解説を行った。
      • VTR出演:枝廣淳子岡田武史小林武史坂本龍一孫正義、田坂広志
      • 〔3〕 映画『第4の革命-エネルギー・デモクラシー』:9月9日(日)夕方頃[7]
      • カール・A・フェヒナー監督単独インタビューとあわせて地上波初放送された。
    • (2):『MESSAGE OF THE SOUL』
      • 各界のトップランナーによる、魂のメッセージ!
      • 出演:新井満五木寛之渡辺貞夫
      • 〔1〕 渡辺貞夫 シェア・ザ・ワールド 音楽は国境を超え、子どもたちの未来に幸せを!:9月8日(土)12:20頃
      • 渡辺のライフワークとなった、子どもたちのための音楽ワークショップ"Share The World"を紹介した。
      • 〔2〕 新井満 朗読「希望の木」:9月8日(土)16:41頃
      • 岩手県陸前高田市の「奇跡の一本松」に寄せた詩「希望の木」を朗読パフォーマンスした。
      • 〔3〕 五木寛之 語り下し30分! 新・幸福論 下山の時代を生きるとは:9月9日(日)14:40頃
      • ポスト3.11の時代に、これからの日本人としての“生きるヒント”をテーマに、五木の「新・幸福論」・「下山の思想」両著書をもとに、当番組の為に特別に書き下ろしたトークドキュメントを30分間に渡ってノーカットで放送した。
    • (3):『「あっぱれ!KANAGAWA大行進」生放送&撮って出しスペシャル』
      • 今春、県内市町村10周を達成。放送開始から11年目に突入したtvkの地域密着人気番組が、県内各地から生中継を敢行!、番組内で生中継8回、及び8日(土)20:32頃と9日(日)20:12頃に2夜連続の撮って出しバージョンを放送した。
      • 中継予定
      • 8日(土):出雲大社相模分祠(秦野市)>> 柏ふれあい釣り堀(海老名市)>> さむかわ中央公園(寒川町)>> 桜木町駅前(横浜市西区)
      • 9日(日):岩海岸(真鶴町)>> JA田奈(横浜市青葉区)>> 六角橋商店街(横浜市神奈川区)>> 野生動物ボランティアセンター(川崎市中原区)
      • MC:デビット伊東三崎幸恵アナウンサー
    • (4):『スタジオ・プレミアム・ライブ』
      • 出演:押尾コータロー:9月8日(土)22:21頃、saigenji:9月9日(日)20:02頃、スターダストレビュー:9月9日(日)21:23頃
    • (5):『山本シュウのミッドナイト・トークライブ!「ヨリドコロ」』「若者の明日がここにある!?」:9月9日(日)1:00-5:55
      • DJ山本シュウが、現役大学生を集めて、就職難や人間関係など、若者たちの悩みをもとに徹底的に議論を行う、ツィッター完全連動の生トークライブを行った。
      • MC:山本シュウ
      • ゲスト:荻上チキ津田大介松本哉安田菜津紀(フォト・ジャーナリスト)[8]
      • サプライズ・ゲストとして、写真素材サイト「僕の見た秩序。」のヨシナガが登場し、急遽コメンテーターとして参加した。また石井正宏(株式会社シェアするココロ 代表取締役)[9]岡本真 (アカデミック・リソース・ガイド株式会社代表取締役)(元ヤフー社員、「ヤフー知恵袋」考案者)が電話で出演した[10]
    • (6):『キン・シオタニのかながわ40景!
    • (7):『「岡崎五朗のクルマでいこう!」SP』「EVステラから見えるクルマの未来とは」:9月9日(日)19:11頃
      • 「これからのクルマ」と題し、EV車の開発状況や、自動車会社が行っている環境への取り組みについて、詳しく紹介した。
    • (8):『アグネス・チャンの女子の命を守る! 子宮頚がんの予防』「独占インタビュー 原千晶 ガンとの闘い」:9月8日(土)11:06頃
      • 女子大生・高校生らで構成され、女性特有の病気に対する啓発活動を行っている「女子大生リボンムーブメント」による活動報告や、2度に渡る子宮ガンを克服し、タレント活動の傍ら、ガン啓発活動を行っている(NPO法人:よつばの会代表)原千晶が、自らのガンとの闘病生活の体験を、ありのままに語った[11][12][13]
      • 聞き手:三浦綾子アナウンサー
    • (9):『カナフルTV2時間拡大生放送SP』「カナフルTVなりに考える! 子どもたちの未来」:9月9日(日)9:30頃
    • コーナーMC:田崎日加理
    • アシスタント:宇井愛美和田奈美佳ランチランチ
    • ゲスト:黒岩祐治(神奈川県知事)
    • (10):『森と水』:9月8日(土)9:36頃 ゲスト:涌井雅之(東京都市大学 環境情報学科 教授)
      • あらゆる生命の源となる「水」について、これまで神奈川県、各市町村・企業・団体が行ってきた水資源の保全活動について、涌井が詳しく紹介した。
    • (11): 『いのちの森 どんぐりドリーム大作戦』:9月8日(土)19:19頃 ゲスト:宮脇昭横浜国立大学名誉教授、(財)国際生態学センター長)
      • 宮脇が提唱する「潜在自然植生理論」のもと、これまで国内・海外で行ってきた植樹活動と、その後の成果・結果及び今後の活動状況などについてVTRなどを交えて詳しく紹介された。
    • (12):『ラグビーSP トップリーグ中継「NECグリーンロケッツ×トヨタ自動車ヴェルブリッツ」(録画)&特集タグラグビー』:9月8日(土)23:00頃
      • トップリーグ中継の他、ラグビーの国内普及を目的として、子供達にラグビーを教える「ラグビ・パーク・ジャパン」の活動などを紹介した。
    • (13):『ディズニー・スピリッツを子どもたちへ』:9月9日(日)7:49頃 ゲスト:石井裕美株式会社オリエンタルランド教育営業担当
      • 東京ディズニーリゾートで働く現役キャストが、「ホスピタリティ」(おもてなし)を目的として「魔法の教室」題し、幼稚園などに出張しあいさつなどの教育プログラムを行う活動を紹介した。
    • (14):『仕事と社会貢献&これからの都市型農業と食育』:9月9日(日)13:40頃 ゲスト:柿沢安那(かながわ食の大使 野菜スイーツパティシエ)、志村善一(JA神奈川県中央会 会長)
      • アシスタント:山崎彩(フリーアナウンサー)
      • 神奈川の農業について、都市型農業・後継者問題・食の安全について、活動状況や取り組みについて詳しく紹介した。
    • (15):映画『思い出を運ぶ手紙』(2004年 ブータン):9月9日(日)5:55頃
  • レギュラー番組
    • (1):『LOVEかわさき45分拡大生放送SP』:9月8日(土)8:38頃 ゲスト:阿部孝夫川崎市長)
      • 川崎市や、同市内に拠点を置く各種企業・団体が行っている「自然環境」に関する各種活動が紹介された。
    • (2):『ずばり!横濱60分拡大生放送SP 未来へつなぐハマの絆』:9月8日(土)18:06頃 ゲスト:林文子(横浜市長)
      • 横浜市の水道水の源のひとつ道志川の水質保全のため、市・企業団体が共同で森林保全を行うプロジェクト「W-eco・p(ウィコップ)」が紹介された。
    • (3):『オンガク開放区 松本素生アコースティックライブSP』:9月8日(土)21:35頃 ゲスト:Aqua Timez
      • ゲストの「Aqua Times」は、通常パート(収録)の形で、また松本が「My Treasure」をアコースティック・バージョンでそれぞれ放送された。
    • (4):『かながわ旬菜ナビSP 40th記念旬ナビ流びっくりスイーツ』:9月9日(日)9:00頃 ナビゲータ:山崎彩
      • 山崎が県内の農家を回って地元の食材を集めて、オリジナル・スイーツを作る。まず藤沢市で幻のサツマイモ(クリマサリ)、さがみの地粉「ユメシホウ」(小麦粉)、横浜市戸塚区の「ユアーズガーデン」内で栽培されているイチジク(品種:バナーネ)を集めスイーツ作りに挑戦。影山のぞみ(リポーター)のアドバイスのもとオリジナル・スイーツ「秋の旬ナビ びっくり箱」を完成させた(なお、レシピについては、かながわ旬菜ナビの公式ウェブサイトにて紹介されている[15])。
    • (5):『キッズ劇場SP』:9月8日(土)7:51頃
  • ぶっ通し企画
    • (1):『根岸佑輔の40時間丹沢登山生中継』
      • 神奈川の自然の象徴ともいう県内最高峰・丹沢。登頂への道のり、大自然の魅力や丹沢が抱える問題点を、根岸佑輔アナウンサーと、タレントの石原あつ美、登山アドバイザーとして、橋本裕基(L-Breath新宿店)が自ら登山しながら生中継でリポートした[16]
      • :登山ルート 大蔵 >> 二股 >> 鍋割山 >> 塔ノ岳 >> 丹沢山 >> 鬼ヶ岩 >> 蛭ヶ岳
    • (2): 『40周年フォトモザイク企画 7,000人の笑顔で作る カナガワニ』[17]
      • 視聴者からお気に入りの笑顔が写った写真とメッセージを番組に送り、それをもとに1枚のフォト・モザイクアート(「どんぐりドリーム大作戦」のオリジナル・シンボルマーク)を制作した。なお制作方法は、送られてきた写真を、スタジオ等で手作業で一枚ずつ貼り合わせて制作するのではなく、「ピットメディア・マーケティングス社」製の最新のデジタル加工技術を使用して行う。また制作状況は、特設サイトにてリアルタイムで進捗状況を確認することができた(募集期間:8月27日 (月) - 9月9日 (日) モチーフは番組放送当日に発表された)。
      • ナビゲーター:新垣里沙モーニング娘。OG)
      • また、新垣が神奈川県内の美味しいものなども合わせて紹介した。
  • 連動企画
    • (1):『「どんぐりドリーム大作戦」〜地元のどんぐりから緑を育てる活動〜』
      • 宮脇が提唱する「潜在自然植性理論」に基づく森作りを目的として、県内で「どんぐり」(ブナカシシイクスクヌギナラカシワタブノキの実など)を拾い約3年間をかけて苗を育てた後、植樹を行い緑を増やしていく大型プロジェクト。番組内で宮脇のインタビューの他、どんぐり拾いの参加呼びかけ、植樹記念式典の模様を生中継した[18][19]
    • (2):『「I LOVE mama」presents HAPPY MEETS in トレッサ横浜
    • その他
      • tvkハウジングプラザ横浜で行われた、「ECOイベント」には松本梨香が、桜木町駅前で行われた「横浜アラメヤ音頭」のイベントと同時に行われていた某飲料メーカーの新製品PRのイベントを、松本とウッズ一郎が飛び入りでそれぞれ中継リポートを担当した。またtvk本社玄関前では第1部MCの中西が、地元の小学生を集めて、紙で作った柄杓を使用して「打ち水」を行った。さらに、番組エンディングで、キン・シオタニが、「人から くだらないと言われようとも 自分の好奇心を追求せよ」という未来を担う子供達へのメッセージが読み上げられた。
      • 『カナフルTV』SP終了後、『フォトモザイクアート』担当の新垣が、黒岩知事に「かながわ観光親善大使になりたい!」と生放送中に直談判。局マスコットの「カナガワニ」とのコンビでの就任を快諾。その後、2012年(平成24年)11月20日(火)神奈川県庁にて任命式が行われ、正式に就任した[21]

他局制作[編集]

tvkの場合、キー局を除けば日本一の自社制作率を誇っているだけあって、他県の独立U局とは対照的に他局制作番組が少なかった。制作局で放送期間中であっても、短期間で終了するケースが多々あった。

(◆のものは番組自体は現在も放送中)

日本テレビ系[編集]

※TBS (JNN) 系の番組はJNN排他協定にはニュース以外の系列外販売制限は規定されていないが、元々系列局が多かった事や、スポンサー料等の関係上、基本的には他系列(TBS系列局のない地域・ローカルセールス番組・TBSサービスが制作会社から権利業務を受諾している再放送番組を除く)への番組ネットは少ない。

TBS系[編集]

テレビ朝日系[編集]

テレビ東京系[編集]

フジテレビ系[編集]

  • フジテレビ
    • ベイサイドナイタースペシャル(1993年)

CXのナイターが19:30スタートになったことに伴うトップナイター(18:15 - 19:30)。映像のみ供給を受け、TVKの実況+解説陣とスペシャルゲストを迎えて放送したが、諸処の問題で1年で打ち切り。

東名阪ネット6や5いっしょ3ちゃんねるなどの多数局による共同製作[編集]

独立局[編集]

その他[編集]

独立局共同制作番組[編集]

情報・地域・エンターテイメント[編集]

かつて「ネット・フォー」という関東U局の番組相互供給組織があった(「首都圏ネット4」とは別物。加盟社は上記4局)

歴史バラエティ[編集]

すべてtvk〔幹事〕・チバテレ・テレ玉・サンテレビの共同制作。

ドラマ[編集]

番組制作会社制作[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2019年3月までは木22:00 - 22:55に放送

出典[編集]

  1. ^ 1976年(社)日本民間放送連盟(JBA)「連盟賞(JBA Award 1976)放送活動部門 テレビ放送活動」 入選作品。なお、ダークダックスはこの番組でギャラクシー賞を受賞した。
  2. ^ NPO法人 放送批評懇談会 第14回ギャラクシー賞 受賞作品
  3. ^ 2012年6月19日(火)「ありがとッ!」内で正式に発表。
  4. ^ ニュースリリース 40時間特別番組概要(PDF)
  5. ^ ヨコハマ経済新聞 2012年9月7日(火)記事
  6. ^ 横浜日独協会 ホームページ
  7. ^ 映画『第4の革命-エネルギー・デモクラシー』オフィシャル・サイト
  8. ^ 安田菜津紀 オフィシャル・ホームページ
  9. ^ 株式会社シェアするココロ ホームページ
  10. ^ アカデミック・リソース・ガイド株式会社 ホームページ
  11. ^ NPO法人 原千晶 よつばの会 オフィシャル・ホームページ
  12. ^ アナウンサーズ・マガジン 三浦綾子ブログより 2012年8月24日(金)記事
  13. ^ 女子大生リボンムーブメント オフィシャル・ホームページ
  14. ^ 黒岩祐治 オフィシャル・ブログ 今日のひとこと 2012年7月22日(水)記事
  15. ^ ユアーズガーデン ホームページ
  16. ^ アナウンサーズ・マガジン 根岸佑輔ブログより 2012年8月28日(火)記事
  17. ^ ピットメディア・マーケティングス社 オフィシャル・ホームページ
  18. ^ (財)国際生態学センター ホームページ
  19. ^ どんぐりドリーム大作戦 オフィシャル・ホームページ
  20. ^ ママモ・エンターテインメント オフィシャル・ホームページ
  21. ^ tvkの局キャラクター「カナガワニ」と新垣里沙 かながわ観光親善大使に任命!! 2012年11月21日 tvkニュースリリース(PDF)

関連項目[編集]