テレンス・ジョン・ドヘニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
テレンス・ジョン・ドヘニー
基本情報
本名 Terrence John Doheny
国籍 アイルランドの旗 アイルランド
誕生日 (1986-11-02) 1986年11月2日(32歳)
出身地 アイルランドポート・レーイシュ
プロボクシング戦績
総試合数 23
勝ち 22
KO勝ち 16
敗け 1
引き分け 0
テンプレートを表示

テレンス・ジョン・ドヘニーTerrence John Doheny1986年11月2日 - )は、アイルランド出身のプロボクサーオーストラリアに在住している。エディー・ハーンのマッチルーム・スポーツ所属。

人物[編集]

アイルランドポート・レーイシュ出身。7歳でボクシングを始め、アマチュアボクサーとして200戦のキャリアを積んだ[1]

21歳の時にアイルランドからオーストラリアに渡り、彼の地でプロに転向[2]。2012年4月にハーストヴィル英語版にてデビュー戦を戦った。

2013年8月にパンアジアボクシング協会(PABA)スーパーバンタム級王座を獲得。以後同王座を6度防衛を果たすが、その中には元世界二階級王者のデンカオセーン・カオウィチット(タイ)にTKOで勝利した試合もある[3]

2018年8月16日、日本へ来襲して後楽園ホールにて、国際ボクシング連盟(IBF)世界スーパーバンタム級王者・岩佐亮佑セレス)に指名挑戦者として対戦、試合は持ち味の接近戦を封印しアウトボクシングを展開、自身と同じサウスポーの岩佐の動きを封じる作戦が功を奏して3-0(116-112., 117,-112, 115-113)の判定勝ちを収めて世界王座を獲得した[2][4]

2019年1月7日、エディー・ハーンのマッチルーム・ボクシング・USAと契約を交わして[5]、同月18日にアメリカ合衆国ニューヨーク マディソン・スクエア・ガーデン・シアターでIBF世界スーパーバンタム級10位の高橋竜平とIBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチを行い、11回2分18秒TKO勝ちで世界王座初防衛に成功した[6]

2019年4月26日、カリフォルニア州イングルウッドザ・フォーラムにてファン・フランシスコ・エストラーダVSシーサケット・ソー・ルンヴィサイ第2戦の前座で、、WBA世界スーパーバンタム級チャンピオン:ダニエル・ローマン(アメリカ合衆国)とWBA/IBFの王座統一戦を行い、0-2(113-113, 110-116〈2名〉)の判定負けを喫してIBF王座から陥落した[7]。この試合でドヘニーは23万ドル(約2500万円)、ローマンは20万ドル(約2100万円)のファイトマネーを稼いだ[8]

脚注[編集]