テレンス・ブランチャード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
テレンス・ブランチャード
Terence Blanchard performing.jpg
テレンス・ブランチャード(2008年)
基本情報
生誕 (1962-03-13) 1962年3月13日(57歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ルイジアナ州ニューオーリンズ
ジャンル ジャズ映画音楽
職業 トランペット奏者、作曲家、バンドリーダー
担当楽器 トランペット
活動期間 1980年 -
レーベル コンコード・レコード
コロムビア・レコード
ソニー・クラシカル
ブルーノート・レコード
共同作業者 アート・ブレイキー、ドナルド・ハリソン、スパイク・リー、E-コレクティヴ他
公式サイト terenceblanchard.com

テレンス・ブランチャード(Terence Blanchard、1962年3月13日[1] - )はアメリカ合衆国ジャズトランペット奏者、バンドリーダー、作曲家。奏者としての活動に加えて、映画音楽の作曲も多く、特にスパイク・リーの監督作品のサウンドトラックを多数制作してきた[1]

来歴[編集]

誕生〜1990年代[編集]

ルイジアナ州ニューオーリンズで生まれ育ち、同郷のウィントン・マルサリスとは幼なじみだった[1]ラトガース大学で学ぶかたわら、ライオネル・ハンプトンのツアー・バンドに参加し、1982年にはマルサリスの推薦で、アート・ブレイキー率いるジャズ・メッセンジャーズに加入[1]。1983年には、ジャズ・メッセンジャーズで活動を共にしていたサックス奏者のドナルド・ハリソンと連名のリーダー・アルバム『New York Second Line』を制作し[2]、ブランチャードは1986年にジャズ・メッセンジャーズを脱退してからも、ハリソンとのコンビで活動を続ける[1]

その後スパイク・リーと出会い、映画『モ'・ベター・ブルース』(1990年公開)のサウンドトラックの作曲を依頼されるが、「自分にはまだ映画音楽のスコアを作るなんて無理だ」と考えて辞退した[3]。ただし、クレジットには記載されていないが、実際にはブランチャードも「シング・ソウェト」という自作曲を提供しており[3][4]、この曲は後にブランチャードのリーダー・アルバムでも再録音されている[3]。ブランチャードは『モ'・ベター・ブルース』において、主演俳優デンゼル・ワシントンの演奏シーンの吹き替えを行うだけでなく、ワシントンにトランペット演奏の運指練習なども指導した[4]

そして、1991年に公開されたリーの監督映画『ジャングル・フィーバー』ではスティーヴィー・ワンダーと共に音楽監督を務め[5]、以後ブランチャードは、自分でも数を忘れてしまうほど多数の映画のサウンドトラックを作曲していく[3]。また、ドナルド・ハリソンと別れて単独名義のリーダー・アルバム『シング・ソウェト』(1991年/原題:Terence Blanchard)をリリースし、『ビルボード』のジャズ・アルバム・チャートで5位を記録した[6]。 1992年、ブランチャードは再びリーの監督映画『マルコムX』の音楽監督を務め、劇中でもトランペット奏者の役を演じて、映画初出演を果たす[7]。11月にはブランフォード・マルサリスやジェローム・リチャードソンらと共に録音したサウンドトラック・アルバムも発売された[8]。また、同年12月には『マルコムX』で使用された楽曲を自分のクインテットで再録音し、1993年にアルバム『マルコムXに捧ぐ』としてリリースしている[9]。なお、ブランチャードは映画音楽の分野で有名になってからも、ジャズ・ミュージシャンの本分はクラブやコンサートでの演奏だという姿勢を崩さず、後年のインタビューでも「ライヴ・パフォーマンスこそが、常に自分の居場所であり続けてきた」と語っている[10]

1996年のアルバム『ハート・スピーク〜プレイズ・イヴァン・リンス〜』は、ブラジルのミュージシャン、イヴァン・リンスの作品集となり、大部分の曲でリンス本人がゲスト・ボーカリストとして参加した[11]

2000年代[編集]

2000年、南カリフォルニア大学の学内機関「セロニアス・モンク・インスティテュート・オブ・ジャズ」のアーティスティック・ディレクターに就任した[1]

2002年に公開されたスパイク・リー監督映画『25時』のサウンドトラックは高く評価され、第1回セントラル・オハイオ映画批評家協会賞で作曲賞の受賞を果たした[12]。また、第60回ゴールデングローブ賞作曲賞にノミネートされた[13]

2003年にブルーノート・レコード移籍第1弾として発売されたアルバム『バウンス』には、ロバート・グラスパー等の若手ジャズ・ミュージシャンが参加した[14]。続く『フロー』(2005年)には、ハービー・ハンコックがプロデュースとピアノ演奏で参加した[15]

2007年にはハリケーン・カトリーナのもたらした悲劇を題材としたアルバム『A Tale of God's Will (A Requiem for Katrina)』を発表し[16]第50回グラミー賞では最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム賞を受賞して、個人名義では初のグラミー受賞を果たした[6]。また、2007年のモンタレー・ジャズ・フェスティバルでニーナ・フリーロンと共演した時のライヴ録音は、2008年にアルバム『Monterey Jazz Festival: 50th Anniversary All-Stars』としてリリースされ、同アルバムに収録された「ビ・バップ」(ディジー・ガレスピーのカヴァー)によってグラミー賞最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・ソロ賞を受賞した[17]。2008年7月にはジェフ・テイン・ワッツのアルバム『Watts』(発売は2009年)の録音に参加し[18]、同作に収録された「Dancin' 4 Chicken」におけるトランペット・ソロが高く評価されて、第52回グラミー賞で最優秀インプロヴァイズド・ジャズ・ソロ章を受賞した[6]

2009年、一度ブルーノートを離れ、デビュー当時の所属レーベルだったコンコードに復帰してアルバム『チョイセズ』を発表[19]

2010年代[編集]

『チョイセズ』以後4年にわたりリーダー・アルバムのリリースは途絶えるが、2011年にはスティーヴン・アドリー・ギアギス英語版脚本の舞台劇『The Motherfucker with the Hat』の劇伴音楽を書き下ろした[20]。また、2012年公開の映画『レッド・テイルズ』のサウンドトラックも作曲しており、Thom Jurekはオールミュージックにおいて「熱心なブランチャードのファンでさえ、オープニング・タイトルのテーマを聴けば衝撃をもって迎えるしかない。燃えるようなヘヴィメタルのギター、波打つシンセサイザーシーケンサー、殆ど爆弾のような金管楽器、それにエレクトロニック・パーカッションが爆発して突き進んでいく。その後も多くの楽節で、こうした意匠が引き続き発展していくのだ」と評している[21]

2013年、再びブルーノートに戻ってアルバム『マグネティック』を発表し[22]、同アルバムは『ビルボード』のジャズ・アルバム・チャートで9位を記録したのみならず、自身初のトップ・ヒートシーカーズ入りも果たして、最高35位を記録した[6]。同年6月には、ブランチャード作のオペラ作品「チャンピオン」がセントルイス・オペラ劇場で初演された[23]。また、2013年12月8日のケネディ・センター名誉賞授賞式では、ハービー・ハンコックの受賞を祝して、ウェイン・ショーターチック・コリアデイヴ・ホランドジャック・ディジョネット(4人とも1960年代末期のマイルス・デイヴィス・クインテットのメンバーであった)とブランチャードのクインテットが演奏を披露した[24]

2015年の『Breathless』は、E-コレクティヴと名付けられた新バンドと共に録音された作品で、ブランチャードとはハイ・スクール時代から知り合いだったドナルド・ラムゼイ(ベース)[25]ライオネル・リッチーのライヴやリー・リトナーのレコーディング等を支えてきたオスカー・シートン(ドラムス)[26]らが名を連ねた。また、マルーン5のメンバーのPJ・モートンや、社会活動家のコーネル・ウェストもゲスト参加している[25]

家族[編集]

2013年、ロビン・バージェス(左)とテレンス・ブランチャード(右)

妻のロビン・バージェスは、『マルコムX』のサウンドトラック・アルバム(1992年)よりブランチャードの作品のアシスタント・プロデューサーを務め[27]、1990年代後半にブランチャードと結婚し、更にブランチャードのビジネス・マネージャーも務めている[23]。また、バージェスはブランチャード以外にもケニー・ギャレット英語版の『追求 コルトレーンに捧ぐ』(1996年)[28]、『ソングブック』(1997年)[29]といったアルバムに共同プロデューサーとして関与し、2000年代にはロバート・グラスパーのマネージメントを担当していたこともある[27]

ディスコグラフィ[編集]

リーダー・アルバム[編集]

  • 『ニューヨーク・セカンド・ライン』 - New York Second Line(1984年、コンコード) - with ドナルド・ハリソン英語版
  • 『ディスサーンメント〜聖者の行進〜』 - Discernment(1986年、コンコード) - with ドナルド・ハリソン
  • Nascence(1986年、コロムビア) - with ドナルド・ハリソン
  • 『クリスタル・ステア』 - Crystal Stair(1987年、コロムビア) - with ドナルド・ハリソン
  • 『ブラック・パール』 - Black Pearl(1988年、コロムビア) - with ドナルド・ハリソン
  • 『シング・ソウェト』 - Terence Blanchard(1991年、コロムビア)
  • 『シンプリー・スティテッド』 - Simply Stated(1992年、コロムビア)
  • 『マルコムXに捧ぐ』 - The Malcolm X Jazz Suite(1993年、コロムビア)
  • 『ビリー・ホリデイに捧ぐ』 - In My Solitude: The Billie Holiday Songbook(1994年、コロムビア)
  • 『ロマンティック・ディファイアンス』 - Romantic Defiance(1995年、コロムビア)
  • ハート・スピーク〜プレイズ・イヴァン・リンス〜』 - The Heart Speaks(1996年、コロムビア)
  • 『ジャズ・イン・フィルム』 - Jazz in Film(1999年)
  • 『ワンダリング・ムーン』 - Wandering Moon(2000年、ソニー・クラシカル)
  • 『レッツ・ゲット・ロスト〜ジミー・マクヒュー作品集』 - Let's Get Lost(2001年、ソニー・クラシカル)
  • バウンス』 - Bounce(2003年、ブルーノート
  • 『フロー』 - Flow(2005年、ブルーノート)
  • A Tale of God's Will (A Requiem for Katrina)(2007年、ブルーノート)
  • 『チョイセズ』 - Choices(2009年、コンコード)
  • マグネティック』 - Magnetic(2013年、ブルーノート)
  • Breathless(2015年、ブルーノート)
  • Live(2018年、ブルーノート)

オールスター・アルバム[編集]

  • 『モンタレー・ジャズ・フェスティヴァル 50周年記念オールスターズ』 - Monterey Jazz Festival: 50th Anniversary All-Stars(2008年、Monterey Jazz Festival Records)

サイドマンとしての参加作品[編集]

アート・ブレイキー[編集]

  • 『オー・バイ・ザ・ウェイ』 - Oh-By the Way(1982年、タイムレス)
  • 『ニューヨーク・シーン』 - New York Scene(1984年、コンコード)
  • 『ブルー・ナイト』 - Blue Night(1985年、タイムレス)
  • 『ライヴ・アット・キンボールズ』 - Live at Kimball's(1985年、コンコード)
  • 『ニュー・イヤーズ・イヴ・アット・スイート・ベイジル』 - New Year's Eve at Sweet Basil(1986年、Paddle Wheel)
  • 『ハード・チャンピオン』 - Hard Champion(1987年、Paddle Wheel) - 1985年3月24日録音の3曲のみ参加[30]
  • 『ドクター・ジキル』 - Dr. Jeckyle(1987年) - 録音は1985年12月30-31日[30]
  • 『オーレックス・ジャズ・フェスティバル'83ライヴ』 - Aurex Jazz Festival '83(1988年、イーストワールド) - 録音は1983年9月2日[30]

その他[編集]

バンド名またはアーティストの姓の五十音順に記載。

サウンドトラック[編集]

※はスパイク・リー監督作品。

劇場公開映画[編集]

テレビ映画[編集]

  • Assault at West Point: The Court-Martial of Johnson Whittaker(1994年)
  • 4 Little Girls(1997年)※
  • ジーア/悲劇のスーパーモデル - Gia(1998年)
  • 勇気への道 - The Color of Courage(1998年)
  • フリー・オブ・エデン - Free of Eden(1998年)
  • The Tempest(1998年)
  • デレイニー姉妹の100年 - Having Our Say: The Delany Sisters' First 100 Years(1999年)
  • パパがママでママがパパ!? - A Saintly Switch(1999年)
  • Navigating the Heart(2000年)
  • The Truth About Jane(2000年)
  • A Girl Thing(2001年)
  • キング・オブ・タップ - Bojangles(2001年)
  • Sucker Free City(2004年)※
  • 彼らの目は神を見ていた - Their Eyes Were Watching God(2005年)
  • Heartless(2005年)
  • When the Levees Broke(2006年)※
  • Gun Hill(2011年)
  • Abducted: The Carlina White Story(2012年)
  • Katrina: 10 Years After the Storm with Robin Roberts(2015年)

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f Nastos, Michael G.. “Terence Blanchard - Biography & History”. AllMusic. 2015年12月6日閲覧。
  2. ^ Yanow, Scott. “New York Second Line - Terence Blanchard”. AllMusic. 2015年12月6日閲覧。
  3. ^ a b c d Milkowski, Bill (2007年9月). “Jazz Articles: Terence Blanchard: Tragic Symphony”. JazzTimes. 2015年12月6日閲覧。
  4. ^ a b Feather, Leonard (1990年8月17日). “The Man Behind the Horn : Terence Blanchard Turned Denzel Washington Into a Trumpeter”. Los Angeles Times. 2015年12月6日閲覧。
  5. ^ Jungle Fever (1991) - Spike Lee | Cast and Crew | AllMovie
  6. ^ a b c d Terence Blanchard - Awards”. AllMusic. 2016年1月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月10日閲覧。
  7. ^ Gettelman, Parry (1992年8月23日). “Blanchard: At 30, A Jazz Triple Threat”. Orlando Sentinel. 2015年12月6日閲覧。
  8. ^ Malcolm X (Original Score) - Terence Blanchard”. AllMusic. 2015年12月6日閲覧。
  9. ^ Yanow, Scott. “The Malcolm X Jazz Suite - Terence Blanchard”. AllMusic. 2015年12月6日閲覧。
  10. ^ Terence Blanchard on Scoring Spike Lee Joints”. NPR. 2015年12月6日閲覧。
  11. ^ Yanow, Scott. “The Heart Speaks - Terence Blanchard”. AllMusic. 2015年12月6日閲覧。
  12. ^ Central Ohio Film Critisc Association (COFCA) - Awards: 2002
  13. ^ Terence Blanchard | Golden Globe
  14. ^ Jurek, Thom. “Bounce - Terence Blanchard”. AllMusic. 2015年12月6日閲覧。
  15. ^ テレンス・ブランチャード/フロー”. CDJournal. 音楽出版社. 2015年12月6日閲覧。
  16. ^ Edelstein, Paula. “A Tale of God's Will (A Requiem for Katrina) - Terence Blanchard”. AllMusic. 2015年12月6日閲覧。
  17. ^ Monterey Jazz Festival: 50th Anniversary All-Stars - Terence Blanchard, Nnenna Freelon | Awards | AllMusic
  18. ^ Nastos, Michael G.. “Watts - Jeff "Tain" Watts”. AllMusic. 2015年12月6日閲覧。
  19. ^ 現代新主流派を牽引するトランペッター、テレンス・ブランチャードが古巣に復帰!”. CDJournal.com. 音楽出版社 (2009年7月23日). 2015年12月6日閲覧。
  20. ^ Stasio, Marilyn (2011年4月11日). “The Motherfucker with the Hat”. Variety. 2015年12月6日閲覧。
  21. ^ Jurek, Thom. “Red Tails (Original Motion Picture Soundtrack) - Terence Blanchard”. AllMusic. 2015年12月6日閲覧。
  22. ^ テレンス・ブランチャード、6年振りブルーノート復帰作『マグネティック』リリース”. CDJournal.com. 音楽出版社 (2013年7月31日). 2015年12月6日閲覧。
  23. ^ a b Langenhennig, Susan (2014年4月29日). “Grammy-winning jazz trumpeter Terence Blanchard finds peace and inspiration at home in English Turn”. NOLA Media Group. 2015年12月6日閲覧。
  24. ^ Varga, George (2013年12月8日). “Santana feted at Kennedy Center Honors”. The San Diego Union-Tribune. 2015年12月6日閲覧。
  25. ^ a b Beuttler, Bill (2015年7月12日). “Jazz Reviews: Breathless Terence Blanchard”. JazzTimes. 2015年12月6日閲覧。
  26. ^ Oscar Seaton | Credits | AllMusic
  27. ^ a b Robin Burgess | Credits | AllMusic
  28. ^ Kenny Garrett - Pursuance - The Music Of John Coltrane (CD, Album) at Discogs
  29. ^ Kenny Garrett - Songbook (CD, Album) at Discogs
  30. ^ a b c 「アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ アルバム100選」『ジャズ批評』第162号、ジャズ批評社 (株) 松坂、2011年7月20日、 87-90頁。