テレンス・ボイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
テレンス・ボイド Football pictogram.svg
Terrence Boyd - Aufstiegsfeier RB Leipzig 2016.JPG
2016年のボイド
名前
本名 テレンス・アントニー・ボイド
Terrence Anthony Boyd
ラテン文字 Terrence Boyd
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1991-02-16) 1991年2月16日(28歳)
出身地 ドイツの旗 ドイツ ブレーメン
身長 188cm
体重 89kg
選手情報
在籍チーム カナダの旗 トロントFC
ポジション FW
背番号 91
利き足 右足
ユース
0000-2009 ドイツの旗 ヘルタ・ベルリン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009-2011 ドイツの旗 ヘルタ・ベルリン II 44 (15)
2011-2012 ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント II 32 (20)
2012-2014 オーストリアの旗 ラピード・ウィーン 59 (28)
2014-2017 ドイツの旗 ライプツィヒ 7 (2)
2016-2017 ドイツの旗 ライプツィヒ II 9 (5)
2017-2019 ドイツの旗 ダルムシュタット 42 (5)
2019- カナダの旗 トロント
代表歴2
2011 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 U-20 2 (1)
2012 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 U-23 2 (2)
2012- アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 14 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年2月5日現在。
2. 2016年10月11日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

テレンス・ボイド(Terrence Boyd, 1991年2月16日 - )は、ドイツブレーメン出身のサッカー選手MLSトロントFC所属。ポジションはフォワード

経歴[編集]

クラブ[編集]

ヘルタ・ベルリンの下部組織でキャリアをスタートさせ、2009年ドイツ4部に所属するセカンドチームでプロデビュー。2011年に同じくドイツ4部ボルシア・ドルトムントのセカンドチームへ自由移籍で加入し、2011-12シーズンには20得点を記録。2011年10月22日に行われたブンデスリーガ1.FCケルン戦で初めてトップチームに招集されベンチ入りを果たしたが出場機会は訪れなかった。

2012年6月、オーストリアSKラピード・ウィーンと3年契約を締結[1]2012年7月21日ヴァッカー・インスブルック戦でデビューを果たしデビュー戦で2得点を記録。ラピード・ウィーンではリーグ戦59試合で28得点を挙げた。

2014年ドイツ2部RBライプツィヒへ移籍。10月17日ニュルンベルク戦でデビューを果たしたが、12月7日インゴルシュタット戦で右膝前十字靭帯断裂と半月板損傷の重症を負った[2]。その後3度の手術を経て、2016年9月11日にセカンドチームの試合であるロコモティーヴェ・ライプツィヒ戦で643日ぶりに公式戦へ復帰した[3]

2017年1月、SVダルムシュタットへ2018年6月までの1年半契約で移籍[4]

2019年2月5日、トロントFCへ完全移籍[5]

代表[編集]

アメリカ代表として世代別代表でプレー。2012年5月20日に行われたスコットランド戦でA代表デビューを果たした。

所属クラブ[編集]

脚注[編集]