テレーザ・シュトール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
獲得メダル
ドイツの旗 ドイツ
柔道
世界カデ
2011 キエフ 52kg級

テレーザ・シュトール(Theresa Stoll 1995年11月21日- )はドイツミュンヘン出身の柔道選手。階級は57kg級[1][2]。双子のアメリー・シュトールも同じ57kg級の選手[3]

人物[編集]

柔道は8歳の時にアメリーとともに始めた[4]。2011年の世界カデ52kg級では決勝で米澤夏帆に敗れて2位だった[1][2]。その後階級を57kg級に上げると、2015年の世界ジュニアでは個人戦で5位、団体戦では準決勝の日本戦で舟久保遥香舟久保固で敗れるも3位になった[1]。2016年のグランドスラム・アブダビで2位になると、U23ヨーロッパ選手権では優勝した[1]。2017年の グランプリ・デュッセルドルフでは決勝でドルジスレン・スミヤを技ありで破って優勝した[1][2]ヨーロッパ選手権では個人戦で2位、団体戦で3位となった[1]。2018年にはドイツ選手権の決勝で前年に続いて双子のアメリーを破って優勝した[3]。ヨーロッパ選手権では個人戦で2位だったものの、初開催となった男女混合による団体戦でアメリーとともに優勝した[1]世界選手権では準々決勝でイギリスのネコダ・スミス=デイビスに敗れると、その後の3位決定戦ではカナダの出口クリスタと対戦して技ありを先取するも、逆転負けを喫して5位にとどまった[1]グランドスラム・大阪では3回戦で舟久保に舟久保固で敗れた[1]

IJF世界ランキングは4391ポイント獲得で6位(18/12/10現在)[5]

主な戦績[編集]

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注[編集]